コールドブート攻撃対策

Windows Connected Standby モードで暗号化キーを保護

ソリューション概要を読む

Gartner Magic Quadrant のエンタープライズ DLP 部門で 6 年連続リーダーに選出

レポートを読む

概要

Drive Encryption には、Windows Connected Standby モードのシステムを保護する機能が搭載されています。Windows 8 で導入された Connected Standby モードでは、PC とタブレットで iPad に類似した動作を実行できます。電源ボタンを押すと、デバイスがすぐに反応し、スタンバイ モードに入るか、実行状態を再開します。

Connected Standby モードの場合、暗号化キーは常にメモリー内にあるため、コールドブート攻撃を受けやすくなります。メモリー内の暗号化キーが盗まれると、デバイス上のデータが不正にアクセスされる可能性があります。この攻撃を阻止するため、Connected Standby モードに入るときに、McAfee のソフトウェアがメモリーからキーを削除し、Intel ハードウェアの安全な領域に保管します。Connected Standby モードが解除されるときは、これとは逆の処理が実行されます。

主な利点

  • Microsoft Windows 8 搭載のノート PC、タブレット、デスクトップを保護します。
  • 自動的に実行されるので、エンドユーザーの操作は必要ありません。
  • McAfee の他の暗号化製品と同様に、McAfee ePolicy Orchestrator (McAfee ePO) コンソールから配備し、管理できます。
関連製品とソリューション

関連製品

トライアル版を今すぐダウンロードしてください。コールドブート攻撃対策は、次のデータ/エンドポイント保護スイートで重要なコンポーネントとして使用されています。