Intel Security
open

概要

2017年3月開催セミナー
東京・大阪・名古屋の3都市開催
脅威の巧妙化に伴い注目される
”サイバーレジリエンス”とは

セミナー情報を見る

オンプレミスとクラウドで重要なデータを検出し、保護する

McAfee Data Loss Prevention (DLP) Discover を使用すると、サーバー、ネットワーク共有、データベース、クラウドにある重要なデータを識別し、修復できます。統合環境でポリシーの作成、レポート、管理を行うことができるので、オンプレミスでもクラウドでも、重要なデータに対する可視化と統制を強化できます。McAfee DLP Discover では、違反を簡単に確認し、修復できます。セキュリティ環境から外部への機密データの拡散を防ぎます。

データシートのダウンロード

機密データの損失回避

簡単なデータ保護

企業情報の保護にかかる時間と労力を軽減できます。McAfee DLP Discover は、アクセス可能なリソースを自動的にスキャンし、重要なデータを特定します。さらに、データの危険度を評価し、コンテンツの所有者を識別します。

新しいデータの識別

標準のファイル カテゴリに分類されないデータを識別します。ファイル内の重要なデータを検索できるので、特定の項目の識別、分類、検索を実行できます。

違反の確認と修復

コンテンツ違反の発生場所を特定し、シグネチャの登録と生成を行います。文書を保護できるように、アラート通知を送信します。 ケース管理が統合されているので、設定可能なメッセージを使用してコンテンツ所有者やシステム管理者に通知を送信できます。

強力なレポート機能

インシデント ログのサマリーと詳細ビューをカスタマイズしたり、結果を検索できます。オンデマンドでレポートを作成できます。スケジュールを設定して定期的に配信することもできます。また、カスタマイズ可能なレポートが 20 以上用意されています。

より簡単な配備

アプライアンスとソフトウェアの両方で使用できます。McAfee ePolicy Orchestrator でポリシーを一元管理し、複数のサーバーに配備できます。必要に応じて拡張を行い、フットプリントを最小限に抑えることができます。

「点で守る」から、「面で守る」へ McAfee Security Connected

詳細はこちら

リソース

システム要件

McAfee Data Loss Prevention は、McAfee DLP 5500 アプライアンスで使用できます。 詳細については、アプライアンスの仕様をご覧ください。また、最近販売が終了した DLP アプライアンスについては、システム要件でご確認ください。システム要件を見る