Intel Security
open

概要

2017年3月開催セミナー
東京・大阪・名古屋の3都市開催
脅威の巧妙化に伴い注目される
”サイバーレジリエンス”とは

セミナー情報を見る

重要なデータを保護

McAfee Data Loss Prevention (DLP) Monitor を使用すると、ネットワーク全体で送受信されているデータを常に監視し、状況を把握できます。これにより、継続的なデータ保護を実現できます。 データの使用パターンについて詳細な情報を収集できるので、より適切な状況判断が可能になります。 Network DLP Monitor は、任意のポートやプロトコルで送信される 300 種類以上のコンテンツを検出し、未知の脅威をすばやく検出します。これにより、必要な対策を迅速に行い、データを保護できます。

データシートのダウンロード

データの監視、追跡、レポート

リスクの迅速な識別と解決

ネットワークを移動するすべての機密情報を検出し、分析します。この結果から、将来のリスクを回避するルールを簡単に作成できます。

データの制御

データの送信者、保存場所、送信方法などが記載された包括的なレポートを表示します。

簡単な修復作業

送信者、受信者、コンテンツ所有者、システム管理者に通知を送信し、修復作業を簡素化します。

詳細なフォレンジックを実行

システムとユーザーが実行したアクティビティに関する詳細なデータを収集します。 データの使用状況がオンラインで記録されるので、システムとユーザーによるデータの処理状況を包括的に把握できます。

コンプライアンス用の組み込みポリシー

データ漏えいの監視に関する法規制 (PCI、GLBA、HIPAA、SOX など) を遵守できます。 ポリシーは、ソース コード、内部メモ、製品マニュアル、特許申請、ビジネス戦略、価格情報などの知的財産も管理できます。

「点で守る」から、「面で守る」へ McAfee Security Connected

詳細はこちら

カスタマー サクセス

金融サービス

リソース ライブラリ

システム要件

McAfee Data Loss Prevention は、McAfee DLP 5500 アプライアンスで使用できます。 詳細については、アプライアンスの仕様をご覧ください。また、最近販売が終了した DLP アプライアンスについては、システム要件でご確認ください。すべてのシステム要件を表示する