McAfee DLP Monitor

重要なデータをリアルタイムで監視し、リスクを回避

重要なデータを保護

McAfee Data Loss Prevention (DLP) Monitor を使用すると、ネットワーク全体で送受信されているデータを常に監視し、状況を把握できます。

あらゆるデータを分類

McAfee Network DLP Monitor は、任意のポートやプロトコルで送信される 300 種類以上のコンテンツを検出し、未知の脅威をすばやく検出します。これにより、必要な対策を迅速に行い、データを保護できます。

リスクの迅速な識別と解決

ネットワークを移動するすべての機密情報を検出し、分析します。この結果から、将来のリスクを回避するルールを簡単に作成できます。

データの制御

データの送信者、保存場所、送信方法などが記載された包括的なレポートを表示します。

コンプライアンス用の組み込みポリシー

情報の漏えいを監視し、PCI、GLBA、HIPAA、SOX などの法的要件を満たすことができます。

データの監視、追跡、レポート

詳細なフォレンジックを実行

システムとユーザーが実行したアクティビティに関する詳細なデータを収集します。データの使用状況がオンラインで記録されるので、システムとユーザーによるデータの処理状況を包括的に把握できます。

簡単な修復作業

送信者、受信者、コンテンツ所有者、システム管理者に通知を送信し、修復作業を簡素化します。

様々な機密データを管理

組み込みのポリシーにより、ソース コード、内部メモ、製品マニュアル、特許申請、特許申請、価格情報などの知的財産も管理できます。

データを保護するための 5 つのヒント

これまでの配備実績と経験から、DLP を強化するための 5 つの方法を紹介します。

システム要件

McAfee Data Loss Prevention は、McAfee DLP 6600 アプライアンスで使用できます。 詳細については、アプライアンスの仕様をご覧ください。また、最近販売が終了した DLP アプライアンスについては、システム要件でご確認ください。

McAfee DLP Monitor の詳細情報

ホワイトペーパー
ホワイト ペーパー

データ損失防止ソリューションの実装と管理

この Securosis のホワイトペーパーでは、データ損失防止 (DLP) システムの実装方法、設定、管理方法について説明します。

ホワイトペーパーを読む >
データシート

McAfee DLP Monitor

McAfee DLP Monitor を使用すると、ネットワーク全体で送受信されているデータを常に監視し、状況を把握できます。これにより、継続的なデータ保護が可能になります。

データシートを読む >
ソリューション概要

Office 365 のデータを保護

McAfee Data Loss Prevention では、柔軟なポリシーとテンプレートを使用して従業員の危険な動作を防止し、ユーザーの日々の操作から重要なデータを保護できます。

ソリューション概要を読む >

おすすめ

詳細情報

お客様からのご質問にお答えします。実装方法、価格、技術仕様などについては、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ
Back to top