Intel Security
open

概要

2017年3月開催セミナー
東京・大阪・名古屋の3都市開催
脅威の巧妙化に伴い注目される
”サイバーレジリエンス”とは

セミナー情報を見る

脅威インテリジェンス データで状況認識を強化

McAfee Global Threat Intelligence (McAfee GTI) for Enterprise Security Manager は、最新の脅威情報を常時提供し、イベント (不審または不正な IP アドレスとの通信など) の迅速な検出を支援します。

  • 脅威検出の精度を高め、対応までの時間を短縮できます。
  • 攻撃経路や既知の攻撃者との通信を迅速に識別します。たとえば、ボットネット、分散型サービス拒否 (DDoS)、ネットワーク プローブを含む電子メール/スパムを配信するマルウェア、マルウェアの存在、DNS ホスティング、侵入攻撃が生成するアクティビティなどを識別します。
  • パフォーマンスに影響を及ぼさずに McAfee GTI からの大量の脅威情報を利用できます。
  • イベントのリスクを正確に把握できます。
データシートのダウンロード

脅威インテリジェンスによる状況認識

高度脅威の検出

McAfee GTI と McAfee Enterprise Security Manager を利用すると、数年分のデータを評価し、攻撃者との過去の通信を分析できます。これは、高度な脅威の検出に重要なステップとなります。

ネットワーク全体で保護を強化

ネットワーク内のノードが不審な相手や既知の攻撃者と接続すると、すぐにその接続を検出し、脅威の経路を特定できます。

脅威を常時監視

McAfee Labs が世界の脅威状況について正確かつ最新の情報を提供します。感染したシステムや不正なシステムを新たに検出すると、最新の脅威情報が配信されます。

不正なアクティビティをリアルタイムで特定

サーバーとシステムに常に正確なレピュテーション スコアが割り当てられます。これにより、インシデント対応の時間を短縮し、より正確なリスク分析を行うことができます。

対応時間の短縮

McAfee Enterprise Security Manager のアラーム/アラート機能とシームレスに統合されています。既知の不正なシステムと接続すると、すぐに通知されます。

マカフィー、Gartner Critical Capabilities の SIEM 部門で高評価

レポートを読む
ESG SC Magazine Gartner

製品レビュー

業界を代表するアナリストが McAfee SIEM ソリューションの機能とパフォーマンスを高く評価しています。

サイバー攻撃の動機を理解して防御策を強化する

サイバー攻撃の動機を理解して防御策を強化する

サイバー攻撃の動機や目的は一つではありません。サイバー脅威を未然に防ぐため、これらの動機をよく理解して、タイプに合わせて防御策を調整し、効率的な保護対策を実施しましょう。

インフォグラフィックをダウンロードする ホワイトペーパーを読む

リソース ライブラリ