McAfee GTI for Enterprise Security Manager

McAfee Labs の情報をエンタープライズ セキュリティのモニタリングで活用

脅威情報データで状況認識を強化

McAfee Global Threat Intelligence (McAfee GTI) for Enterprise Security Manager は、最新の脅威情報を常時提供し、イベント (不審または不正な IP アドレスとの通信など) の迅速な検出を支援します。

ネットワーク全体で保護を強化

ネットワーク内のノードが不審な相手や既知の攻撃者と接続すると、すぐにその接続を検出し、脅威の経路を特定できます。

高度な脅威検出

McAfee GTI と McAfee Enterprise Security Manager を利用すると、数年分のデータを評価し、攻撃者との過去の通信を分析できます。これは、高度な脅威の検出に重要なステップとなります。

ビッグデータを利用するセキュリティ

パフォーマンスに影響を及ぼさずに McAfee GTI からの大量の脅威情報を利用できます。

イベントのリスクを把握

ボットネット、分散型サービス拒否 (DDoS)、メール/スパムを送信するマルウェアに関連する通信を識別します。

脅威情報を利用した状況認識

不正なアクティビティをリアルタイムで特定

サーバーとシステムに常に正確なレピュテーション スコアが割り当てられます。これにより、インシデント対応の時間を短縮し、より正確なリスク分析を行うことができます。

脅威を常時監視

McAfee Labs が世界の脅威状況について正確かつ最新の情報を提供します。感染したシステムや不正なシステムを新たに検出すると、最新の脅威情報が配信されます。

対応時間の短縮

McAfee Enterprise Security Manager のアラーム/アラート機能とシームレスに統合されています。既知の不正なシステムと接続すると、すぐに通知されます。

McAfee GTI for Enterprise Security Manager の詳細

レポート

Gartner: Critical Capabilities for Security Information and Event Management

『Gartner Magic Quadrant for SIEM』とともに、『Gartner Critical Capabilities for SIEM』レポートは、IT セキュリティ部門に自社の要件を満たす SIEM の選択に役立つ情報を提供します。Gartner が重要な機能として McAfee SIEM を評価しています。詳細をご覧ください。

レポートを読む >
データシート

McAfee GTI for Enterprise Security Manager

McAfee Global Threat Intelligence を使用すると、脅威情報が継続的に更新され、より正確な状況判断が可能になります。これにより SIEM を強化できます。

データシートを読む >
ホワイトペーパー

持続可能なセキュリティ オペレーション

プロセスとツールを最適化することで、意思決定から検出、封じ込め、修復までを迅速に行うことができます。これにより、持続可能なセキュリティ オペレーションを実現できます。

ホワイトペーパーを読む >
これまでのソリューションの中で、おそらく最も包括的で強力な SIEM。
製品レビューを見る > SC Magazine

McAfee の統合アプローチは、どの経路から侵入する脅威も正確に検出し、効率的に分析を行いました。

製品レビューを見る > ESG

詳細情報

お客様からのご質問にお答えします。実装方法、価格、技術仕様などについては、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ
Back to top