open

McAfee Host Intrusion Prevention for Desktop

ゼロデイ脅威を阻止する業界最高のプロアクティブなセキュリティ対策

概要

2017年3月開催セミナー
東京・大阪・名古屋の3都市開催
脅威の巧妙化に伴い注目される
”サイバーレジリエンス”とは

セミナー情報を見る

コンピューターに必要な侵入検知

McAfee Host Intrusion Prevention for Desktop は、デスクトップやラップトップから侵入を試みる複合型の脅威を阻止し、ビジネスを保護します。

  • 3 つの保護層で資産を保護し、既知のエクスプロイトだけでなく、ゼロデイ攻撃などの未知の脅威も阻止します。
  • 高度な脆弱性保護により、新しい脆弱性を狙うエクスプロイトを阻止します。IT スタッフはパッチの計画、テスト、配備により多くの時間を費やすことができます。
  • 特定の脆弱性を解決するセキュリティ更新を自動的に配布し、新たに発生する脅威を阻止します。
  • 弊社のクラウドベースの脅威インテリジェンス サービスである McAfee Global Threat Intelligence が常時稼動し、リアルタイムで脅威情報を提供します。これにより、様々な経路から侵入するサイバー脅威をブロックします。
データシートのダウンロード 無料トライアル

組織のデスクトップを保護

ビジネスの持続性を維持

侵入防止システム (IPS) とゼロデイ対策により、ネットワーク、エンドポイント、アプリケーションのすべてのレベルで侵入を防止し、資産を保護します。

幅広い範囲で侵入を防止

既知の攻撃を識別し、ブロックします。ステートフルなファイアウォールによってポリシーを適用し、未請求の受信トラフィックをブロックしたり、送信トラフィックを制御します。

時間の節約とコストの削減

McAfee ePolicy Orchestrator で組織全体のデスクトップを管理できます。この拡張性に優れた管理プラットフォームにより、配備、レポート、監査を一元的に行います。

場所に応じたカスタム ポリシーの作成

エンドポイントの接続に応じたルールで異なるレベルのセキュリティを適用できます。たとえば、社内ネットワーク、VPN、公衆ネットワークなど、接続状況に応じて保護レベルを適用できます。

新しい脆弱性の検出とブロック

特定の脆弱性を対象とするセキュリティ更新を自動的に配布して、未知のエクスプロイトを検出し、攻撃を未然に防ぎます。更新時にシステムの再起動は不要です。.DAT ファイルと同様にシグネチャも更新されます。

コンプライアンス対応の負荷を軽減

分かりやすいビュー、ワークフロー、イベント監視、レポート機能により、脅威を迅速に排除して修復し、コンプライアンスを維持できます。

カスタマー サクセス

ウェアハウス リテイラー: 製品

ウェアハウス リテイラー: Persona

 

 

 

ケーススタディ

金融サービス

政府機関

小売業界

システム要件

以下の情報は、システムの最小要件です。実際の要件は、ご使用の環境によって異なります。

Operating Systems

  • Windows 10
  • Windows 8.1
  • Windows 8
  • Windows 7 Service Pack 1 (SP1), 32 or 64-bit: Business, Enterprise, Ultimate
  • Windows Embedded Standard 7 SP1, 32 or 64-bit
  • Windows Vista 32 or 64-bit: Business, Enterprise, Ultimate
  • Windows XP Professional 32-bit
  • Windows XP Professional for Embedded Systems 32-bit
  • Windows XP Embedded 32-bit

We will continue to support current versions of enterprise endpoint products on Windows XP SP3 beyond April 8, 2014, for a limited time, as long as it is technically and commercially reasonable to do so, and there is no external dependency. For example, if a McAfee product requires a Microsoft fix that is not provided, then we can no longer support the product. Future releases of enterprise products that are released after April 8, 2014 may not support Windows XP SP3.