McAfee MOVE AntiVirus

仮想環境用に最適化されたセキュリティ

無料トライアル

仮想環境のデスクトップとサーバーに最適なセキュリティ

McAfee Management for Optimized Virtual Environments (MOVE) AntiVirus は、仮想環境にあるデスクトップとサーバーを高度なウイルス対策で保護します。

シームレスな管理

主要なハイパーバイザーに対応している仮想サーバー/デスクトップ向けのソリューションを選択することも、VMware NSX と VMware vCloud Networking and Security 用に調整されたエージェントレス オプションを選択することもできます。統一されたポリシーを使用し、脆弱な仮想マシンに自動的にタグを付け、環境を管理します。

ゼロデイ攻撃を阻止

ゼロデイ脅威を迅速に検出して封じ込めます。ローカルのレピュテーション情報を使用して、境界のセキュリティと仮想マシンのセキュリティを統合します (別売の追加モジュール)。

完全な可視化

Cloud Workload Discovery により、VMware や OpenStack などのプライベート クラウドのすべてのワークロードとプラットフォームの可視化を実現できます。

効率的な管理

一元管理プラットフォームの McAfee ePolicy Orchestrator から物理環境、仮想環境、クラウド環境にセキュリティ ソリューションを実装できます。

パフォーマンスへの影響を最小限に抑えたウイルス対策

ウイルス スキャンのオフロード

メモリーや処理速度の影響を最小限に抑えながら、仮想環境のサーバーとデスクトップを保護します。

柔軟なスキャン オプション

システム パフォーマンスを低下させないように、ピーク時のウイルス スキャン要求を管理できます。オンアクセス スキャンとオンデマンド スキャンにより、ボトルネックを解消します。

オフロード スキャンによる柔軟なプロビジョニング

必要に応じて処理能力を調整できるので、リソースを効率的に利用できます。

ハイブリッド クラウドを保護するための 5 つの注意事項

ハイブリッド クラウド セキュリティのベストプラクティスに従うことで、クラウドに迅速に移行し、環境を保護することができます。

システム要件

McAfee MOVE AntiVirus は、エージェントレス配備またはマルチプラットフォーム配備で使用できます。それぞれの配備オプションの技術仕様については、システム要件の詳細をご覧ください。

他のテクニカル リソースが必要ですか?McAfee Expert Center をご覧ください >

クラウドの普及は進んでいますが、課題もあります。

クラウド セキュリティ ソリューションの現状と課題について、1,400 人の IT 担当者を対象に調査を実施しました。

52%
  • 52% の回答者が、パブリック クラウド アプリケーションからマルウェアに感染した可能性があると答えています。
  • 65% の IT 専門家が、クラウド セキュリティの問題点としてシャドウ IT の存在を挙げています。
  • 49% の企業で、サイバーセキュリティの人材不足のため、クラウド配備に遅れが生じています。

 

インフォグラフィックのダウンロード >

McAfee MOVE AntiVirus の詳細情報

レポート

クラウド環境の信頼性の向上

11 か国、1,400 人の IT 担当者を対象に、クラウド セキュリティに関する調査を毎年実施しています。このレポートでは、クラウドの利用状況とセキュリティに関する現状について報告します。

レポートを読む >
データシート

McAfee MOVE AntiVirus

McAfee MOVE AntiVirus は、仮想化環境に最適なマルウェア対策を提供します。ハイパーバイザーのリソースを消費せず、最新のセキュリティ スキャンをポリシーに従って実行します。

データシートを読む >
ホワイトペーパー

自動化された統合セキュリティによるプライベート クラウドの保護

プライベート クラウドを高度な攻撃から守るには、高度な分析能力が必要です。詳細をご覧ください。

ホワイトペーパーを読む >

おすすめ

詳細情報

お客様からのご質問にお答えします。実装方法、価格、技術仕様などについては、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ

無料トライアルにご登録ください。

今すぐ始めましょう。ご利用の環境で McAfee MOVE AntiVirus をお試しください。

無料トライアル
Back to top