セキュリティ管理

セキュリティ管理

社内のセキュリティ管理ソリューションを統合し、エコシステム全体の可視化を実現

最も総合的なアプローチで企業のセキュリティを管理

IT 環境全体のセキュリティ管理機能を統合し、組織のセキュリティを効率的に処理します。McAfee のエンタープライズ セキュリティ管理プラットフォームにより、全体の状況を簡単に把握し、変更イベントを管理できます。また、セキュリティ製品を一元的に管理できます。Global Threat Intelligence に自動的に接続して情報を収集し、企業のリスクとシステムのセキュリティ状況をリアルタイムに分析します。脅威情報とリスク管理の統合により、危険な攻撃を迅速に阻止し、リスクの変化に合わせてセキュリティ対策を調整できます。

ホワイトペーパー

持続可能なセキュリティ オペレーション

セキュリティ管理プロセスとツールを最適化し、セキュリティ チームの力を最大限に活用しましょう。

ホワイトペーパーを読む >
ホワイトペーパー

連携するセキュリティ

隔離されたセキュリティ統制では効果がありません。OpenDXL を利用したオープンな統合アーキテクチャを利用することで、従来の単体製品を連携して使用することができます。詳細をご覧ください。

ホワイトペーパーを読む >
レポート

連携によるセキュリティ オペレーションの最適化

セキュリティ担当者が不足している状況で、高度な脅威に対して万全な対策を行わなければなりません。この問題を解決するヒントは、身近にあるかもしれません。セキュリティ対策を強化するため、現在の人材、プロセス、技術を見直し、人材不足を克服する方策を探しましょう。

レポートを読む >

セキュリティ管理製品

弊社のセキュリティ管理ソリューションは、SecurityConnected フレームワークのコア部分として、McAfee ePolicy Orchestrator (McAfee ePO) や他の McAfee 製品を完全に統合しています。

この緊密な統合により、オンプレミスまたはホスティング環境にあるデスクトップ、サーバー、ネットワークのセキュリティ状況を完全に把握することができます。セキュリティ管理プラットフォームはオープンで拡張性に優れたアーキテクチャを採用しています。組織で必要な機能を選択し、最適なセキュリティ管理を行うことができます。作業効率が向上し、運用コストを削減できます。

McAfee ePolicy Orchestrator

エンドポイント、ネットワーク、データのセキュリティをオンプレミスまたはクラウド上のセキュリティ管理システムで管理します。強力な可視化機能により、インシデント対応の時間が大幅に短縮されます。セキュリティ管理の煩雑さを解消し、管理コストを削減できます。

McAfee Threat Intelligence Exchange

高度な標的型脅威の検出から封じ込めまでにかかる時間を大幅に短縮し (数日~数か月から数ミリ秒)、脅威対策を最適化します。McAfee Threat Intelligence Exchange には、McAfee Data Exchange Layer (DXL) との統合機能が含まれています。

OpenDXL

Open Data Exchange Layer (OpenDXL) は、弊社のミッションの中核となるものです。これにより、セキュリティ デバイス間で脅威情報をリアルタイムで共有し、セキュリティ オペレーションを調整することができます。すでに多くのベンダーや企業のセキュリティ管理チームで採用されている McAfee Data Exchange Layer (DXL) を利用し、異なるベンダーのセキュリティ技術を簡単に統合するためのオープン標準を構築します。

詳細情報

お客様からのご質問にお答えします。実装方法、価格、技術仕様などについては、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ
Back to top