McAfee Server Security Suite Advanced

ホワイトリスト機能を搭載した総合的なサーバー セキュリティ

物理環境、仮想環境、クラウド環境の継続保護

McAfee Server Security Suite Advanced は、包括的なサーバー保護機能とクラウド ワークロード保護機能で、物理環境、仮想環境、クラウド環境のサーバーを保護します。

ワークロードを完全に可視化

ハイブリッド クラウド向けの Cloud Workload Discovery は、VMware、OpenStack、Amazon Web Services (AWS)、Microsoft Azure に対応し、すべてのワークロードとそのプラットフォームの完全な可視化を実現します。

仮想環境のウイルス対策を最適化

複数のハイパーバイザーに対応したソリューションを使用できます。また、VMware vCloud Networking vCNS や VMware NSX でエージェントレスのオプションを選択することもできます。

サーバーに対する影響を最小化

McAfee Server Security Suite Advanced は、ワークロードの変化に合わせて仮想マシンのスキャンとパブリック クラウド セキュリティを自動的にスケーリングします。

脅威に迅速に対応

McAfee ePolicy Orchestrator 管理コンソールや Puppet、Chef、OpsWorks などの DevOps ツールにより、脅威に迅速に対応し、問題を修復できます。

総合的なサーバー セキュリティ

詳しい分析で脅威を迅速に検出

脆弱なセキュリティ統制、安全でないファイアウォールや暗号化の設定、脅威の兆候 (不審なトラフィックなど) を識別します。ローカルのレピュテーション情報とサンドボックス分析により、ゼロデイ脅威を秒単位で阻止します。

必要な保護とコンプライアンスを実現

ポリシーによる高度な診断により、クラウド ワークロードが必要とするセキュリティ統制と実際のギャップを識別します。重要なシステム ファイル、ディレクトリ、設定情報に対する未承認の変更を阻止します。

ホワイトリストの自動管理

時間と手間のかかるホワイトリストの管理作業から IT スタッフを解放できます。

システム要件

対応オペレーティング システムの詳細と技術的な仕様については、システム要件の詳細をご覧ください。

McAfee Server Security Suite Advanced の詳細情報

ホワイトペーパー

自動化された統合セキュリティによるプライベート クラウドの保護

大企業の多くがプライベート クラウドを導入し、データセンターを進化させています。このような環境を保護するため、新たな課題に直面しています。プライベート クラウドを高度な攻撃から守るには、高度な分析能力を実装する必要があります。詳細をご覧ください。

ホワイトペーパーを読む >
データシート

McAfee Server Security Suite Advanced

McAfee Server Security Suite Advanced は、ウイルス対策、侵入防止、ホワイトリスト、変更管理により、物理環境、仮想環境、パブリック クラウドで脅威を迅速に検出し、保護します。

データシートを読む >
ホワイトペーパー

ハイブリッド クラウドを保護するための 5 つの注意事項

複雑化が進むハイブリッド クラウドを保護するには、この環境の特性を理解し、最適なソリューションを選択する必要があります。

ホワイトペーパーを読む >

詳細情報

お客様からのご質問にお答えします。実装方法、価格、技術仕様などについては、弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ
Back to top