open

脅威対策のライフサイクルを効率化しましょう

保護、検出、修復。

概要

エンドポイント、クラウド、ハイブリッド データセンター、脅威管理の 4 つのセキュリティ システムを保護するプラットフォーム ベースのアーキテクチャの構築方法を解説します。

ホワイトペーパーを読む

複雑な脅威が増加し、脅威に対応する時間もリソースも不足しています。より洗練したセキュリティ対策が求められています。しかし、組織の内外に存在する脅威を阻止し、重要なサービスと情報を窃盗や漏えいから保護することに変わりはありません。しかし、その方法は見直す必要があります。セキュリティの断片化を解消し、作業を自動化して保護能力を強化しなければなりません。

弊社では、脅威の阻止、識別、修復を効率よく行うにはオープンで統合されたシステムが最適だと考えています。弊社は、安全に接続された世界の維持に積極的に取り組んでいます。最先端のエンドポイント保護ソリューション、多様な技術、広範囲で採用されているオープンな集中管理プラットフォームを提供し、脅威対策のライフサイクル全体を向上させています。

また、有益な脅威情報をリアルタイムに提供しています。弊社のソリューションにより、動的なエンドポイント、情報分析、クラウド ベースのセキュリティ、集中管理機能から適応型のシステムを構築し、現在の脅威を阻止、検出、修復できます。より少ないリソースで脅威を迅速に識別できるので、組織に対する脅威を減らすことができます。

脅威対策のライフサイクル

保護

ユーザーの生産性を維持しながら、多くの攻撃をブロックし、新たな手口や脅威を阻止します。弊社のハイブリッドな統合システムはエンドポイントとクラウドを統合し、1 つの集中管理プラットフォームでマルウェア対策、データ保護、Web セキュリティを管理します。これにより、セキュリティ管理を自動化し、断片化を解消できます。より少ないリソースで攻撃を効率的に阻止できます。

検出

単純な分析や 1 つの情報源では洗練された攻撃を検出できません。検出を回避する目立たない攻撃を識別するには、多層的な分析が必要です。これにより、より多くの問題を検出し、脅威を封じ込め、被害を未然に防ぐことができます。弊社のソリューションは、ローカルとグローバルからセキュリティ情報を収集し、動作分析とコンテキスト分析を行います。これらの情報は一元管理されるため、全体の状況をすばやく把握し、脅威イベントを迅速に識別し、調査できます。

修復

トリアージ、調査、修復により、脅威対策のライフサイクルを効率化します。弊社のクラウド ベースの管理機能により、保護対策とポリシーを強化しながら、保守作業の負荷を軽減できます。セキュリティ情報と脅威情報により自動的にアクションを実行し、最新のセキュリティ ポリシーを迅速に適用できます。これは、セキュリティ インシデントから学習し、進化を続けるシステムです。常に最高の保護対策を利用できます。

関連製品と技術

関連製品と技術

弊社では、高度な脅威をより効率的に阻止するため、様々な技術を開発し、セキュリティを強化しています。脅威対策のライフサイクルを効率化するために、次のコア コンポーネントを提供しています。

  • McAfee Endpoint Threat Defense and Response: 機械学習、動作分析、エンドポイント検出対応機能を搭載しています。
  • McAfee Data Exchange Layer (DXL): マカフィー製品と他社製の製品で脅威情報を共有するためのソリューションです。
  • McAfee Endpoint Security: 脅威を迅速に検出し、修復します。最新の脅威情報を使用してスキャンを迅速に実行し、CPU の処理能力を最大限に利用します。
  • McAfee Enterprise Security Manager: 弊社の SIEM のコア部分として有益なセキュリティ情報をリアルタイムで提供し、迅速な状況認識を可能にします。ステルス性の脅威を迅速に識別し、対応できるだけでなく、組み込みのコンプライアンス フレームワークでコンプライアンス対応を簡単に行うことができます。
  • McAfee Threat Intelligence Exchange: 脅威検出と対応を最適化します。新たに発生する脅威から組織全体を保護します。