open

McAfee Total Protection for Data Loss Prevention

データ漏えいを阻止し、被害を未然に防ぐ

概要

2017年3月開催セミナー
東京・大阪・名古屋の3都市開催
脅威の巧妙化に伴い注目される
”サイバーレジリエンス”とは

セミナー情報を見る

包括的なデータ損失防止を行うスイート

McAfee Total Protection for Data Loss Prevention (DLP) は、オンプレミス、クラウド、エンドポイントなど、データの場所に関わらず知的財産を保護し、法令を遵守します。McAfee Total Protection for DLP は、物理アプライアンスまたは仮想アプライアンスで動作します。McAfee ePolicy Orchestrator プラットフォームで配備、管理、更新、レポートを簡単に行うことができます。

ソリューション概要をダウンロード

可視性とデータ管理の向上

プロアクティブなデータ損失防止

ネットワークから外部に送信されるデータを監視します。重要なデータの使用状況をすぐに確認できます。脆弱なビジネス プロセスを識別して問題を修復し、データ漏えいのリスクを回避します。

ポリシーの迅速な配備

勘や経験に頼らず、適切な McAfee DLP ポリシーを迅速に配備できます。試行錯誤も必要ありません。独自の非侵入型のキャプチャ技術により、データの使用状況や組織の外部に送信されるデータをすぐに確認できます。

簡単なポリシー管理

ファイルにタグ付けを行うことで、場所やアプリケーションの種類に応じてデータ セキュリティ ポリシーを短時間で設定できます。データ分類技術により、大量のデータをカテゴリに分類できるので、関連するファイルだけを検査し、修復できます。

「点で守る」から、「面で守る」へ McAfee Security Connected

詳細はこちら

動画と Web キャスト

McAfee DLP アプライアンスの設定方法

DLP の簡素化

カスタマー サクセス

GÖRG

Orange Lake Resorts


ケーススタディ

コンサルティング サービス

金融サービス

リソース ライブラリ

インフォグラフィック

システム要件

対応オペレーティング システムの詳細と技術的な仕様については、システム要件の詳細をご覧ください。
他のテクニカル リソースが必要ですか?McAfee Expert Center をご覧ください