形勢の逆転:
サイバーセキュリティのギャップを埋める方法

 

サイバー犯罪者は、データの窃盗、サービスの悪用、情報フローの破壊を行うため、常に新たな手法を考え、優位な立場を維持しています。攻撃者の技能が勝っていることだけが原因とも言えません。攻撃者と防御者の状況の違いも考慮する必要があります。

この状況を把握するため、戦略国際問題研究所が主要な 5 業種のサイバーセキュリティ担当者 800 人を対象に調査を行いました。

この調査で次の 3 つの重要なギャップが明らかになりました。

  • 会社の組織と犯罪者の特性
  • 戦略と実装
  • 上級管理者と現場スタッフ
新しい脅威をより迅速に提供しているサイバー犯罪者はより多くの報酬を手にしています。速度の向上と集中が利益に直接反映されます。セキュリティ担当者にとって、速度の向上と集中がメリットになることはありません。しかし、インセンティブは変えることができます。競争によってビジネス モデルが変わっていくように、攻撃者からのヒントがセキュリティの強化に役立つこともあります。

レポートを読む エグゼクティブ サマリーを読む