open

インシデント対応

精度を高め、対応までの時間を短縮

インシデント対応ソリューション

攻撃チェーンに合わせたインシデント対応を行い、情報をフィードバックすることで、セキュリティ対策を常に強化できます。これにより、高度な標的型攻撃に対しても、継続的な対策が可能になります。マカフィーのインシデント対応ソリューションでは、継続的なインシデント対応により状況をリアルタイムに把握し、セキュリティ統制、分析、情報収集を行うことができます。これにより、データ漏えいと攻撃によるリスクと影響を最小限に抑えることができます。

攻撃の痕跡データの利用

高度な標的型攻撃を阻止するには、攻撃チェーン全体から情報を収集して分析し、適切な対策を講じる必要があります。組織や状況を表すコンテキスト情報を使用すると、攻撃の痕跡データを作成できます。このような警告を利用することで、不審なイベントを検出できます。

継続したインシデント対応

検出能力の向上でイベント、ノイズ、誤検知が減少するので、攻撃の兆候を的確に識別し、データ漏えいを未然に防ぐことができます。コンテキスト データを利用してアクションを行い、情報、分析、統制を最適化することで、保護対策を継続的に強化できます。

包括的な脅威対策

統合されたアプローチにより、エンドポイント、Web、メール、ネットワークに対する攻撃を阻止し、感染ホストからの脅威の拡散を防ぎます。複数のエンジンを使用したコンテキスト対応の保護対策を統合し、組織全体のセキュリティをリアルタイムで管理します。不審なファイルや動作を無力化し、攻撃を未然に防ぎます。