Intel Security

脅威の無効化

脅威対策は検出だけではない

詳細を見る

高度な標的型攻撃の阻止

問題を特定するだけではエンドポイントを保護できません。脅威に迅速に対応し、完全に修復する必要があります。

詳細を見る

知的財産、顧客情報、従業員のデータは、サイバー犯罪者にとって価値の高い重要な情報です。残念ながら、規模の大小に関係なく、どの企業もこのようなデータを狙う攻撃を受ける可能性があります。標的型攻撃の手口は巧妙さを増し、検出が難しくなっています。従来のウイルス対策やファイアウォールで阻止することはできません。

このような新しい脅威に対して、特定の領域に強い個別の製品を組み合わせて対応しようとしていませんか。しかし、この方法では、製品ごとにユーザー インターフェースが異なり、メンテナンスも個別に行わなければなりません。相互に連携することもないため、運用コストは増える一方です。さらに悪いことに、特定の組織を狙う最新のマルウェアには、ほとんど効果はありません。状況は大きく変わりました。このような高度な脅威から継続的に保護できる新しいアプローチをエンドポイント セキュリティに導入する必要があります。

現在の脅威を阻止するエンドポイント セキュリティ

単体のソリューションから統合ソリューションへの移行

高度な脅威を阻止するには、アプローチを変えなければなりません。脅威対策のライフサイクル全体を網羅し、相互に連携する製品群を利用する必要があります。

ウイルス対策だけでは不十分

特定の組織を狙うマルウェアが増えています。シグネチャ ベースの保護対策だけでは効果がありません。標的型攻撃を識別し、被害を未然に防ぐには、EDR (エンドポイントでの検出/対応)などの高度なエンドポイント セキュリティ技術を導入する必要があります。

迅速な脅威検出と対応

100% 完全なセキュリティ ソリューションはありません。侵害が発生しても、適切なツールを配備していれば、脅威を迅速に識別し、脆弱性を修復してクリーンアップ プロセスを開始することができます。

新たに発生する脅威にも対処

最も巧妙で高度な攻撃を受けても、ビジネスへの影響を最小限に抑え、被害から迅速に復旧できるようにする必要があります。

ソリューション

ダイナミックエンドポイント脅威対策

弊社のダイナミックエンドポイント脅威対策ソリューションを使用すると、セキュリティを進化させ、保護、検出、修復を簡単に行うことができます。

統合脅威対策

高度な脅威対策、エンドポイントでの検出/対応を網羅した、インテリジェントな統合フレームワークを構築します。重複する技術や孤立した技術を排除し、相互に連携する技術を採用することで、保護対策を強化し、運用コストを削減します。

脅威の無効化に関する詳細情報

動画: ESG — 刷新された次世代のエンドポイント セキュリティ

次世代のエンドポイント セキュリティ ソリューションが脅威を阻止、検出し、対応する方法をご覧ください。

動画: 動的なエンドポイント保護

データの保護を強化するには、データが存在するエンドポイントの保護を強化する必要があります。McAfee Endpoint Security では、1 つのビューで配備、監視、調査、脅威対応を実行できるので、エンドポイントの管理を簡単に行うことができます。

Web キャスト: 現在のエンドポイント セキュリティ戦略の再考

弊社の専門家と Forrester Research が、成功するエンドポイント セキュリティ戦略の 6 つの要件について解説します。

ホワイトペーパー: 脅威対策は検出だけではない - 対応が重要

問題を特定するだけではエンドポイントを保護できません。脅威に迅速に対応し、完全に修復する必要があります。インテリジェントなエンドポイントで統合が重要な理由をご覧ください。

ソリューション概要: 脅威情報の利用

新たな脅威の出現で脅威情報に対するアプローチが変わりました。脅威情報の収集、分析、要約、管理を自動的に行う必要があります。

ESG レポート: 攻撃検出とインシデント対応の課題

迅速な対応を行うには、有効なフォレンジックと直感的な洞察力が欠かせません。リサーチ会社の ESG がまとめた報告書をご覧ください。

ソリューション ガイド: 標的型攻撃の阻止

適応型のセキュリティ モデルは、インシデント対応の時間を短縮し、標的型攻撃を効果的に阻止します。詳細をご覧ください。

導入事例

様々なエンドポイント保護ソリューションを検討した結果、Computer Sciences Corporation は、使いやすく、集中管理が可能なマカフィーの統合セキュリティ プラットフォームに切り替えました。

詳細を見る