Intel Security

統合脅威対策

高度な攻撃から継続的に保護するために

関連ソリューション: 動的エンドポイント脅威対策

高度な標的型脅威の阻止

問題を特定するだけではエンドポイントを保護できません。脅威に迅速に対応し、完全に修復する必要があります。

詳細を見る

ファイルレスの攻撃。ランサムウェア。メモリー ベースの攻撃。巧妙なサイバー犯罪を阻止するには、処理を自動化し、柔軟な対応が可能な対策を講じる必要があります。しかし、情報を共有せず、個別に機能する単体製品を組み合わせても、このような対策を行うことができません。適切な対策を効果的に実施するには、高度な検出対応能力を備え、脅威情報を共有し、真の統合と自動化を実現する新しいアプローチが必要です。

最新のマルウェアを追いかけるのではなく、エンドポイント戦略で脅威に対する露出を制限する必要があります。マカフィーでは、適応型の継続保護を可能にするインテリジェントな統合セキュリティ プラットフォームを提供し、潜在的な脅威から企業を保護しています。また、複雑なセキュリティ問題を解決し、攻撃を阻止しています。

進化する脅威には統合脅威対策で対抗

新たに発生する脅威の検出と修復

新たに発生する高度な脅威からエンドポイントを保護します。エンドポイント検出対応技術により、検出までの時間を短縮し、攻撃が発生した場合でも修復を迅速に実行できます。

脅威の可視化を強化

インフラ全体のエンドポイントのアクティビティを可視化します。従来のエンドポイント セキュリティでは検知できなかった高度な脅威を迅速に識別できます。知的財産とデータの保護を強化します。

IT セキュリティ コストを削減

個別のソリューションを追加するたびに、セキュリティは複雑化し、コストが増加します。重複する技術や孤立した技術を排除し、相互に連携する技術を採用することで、自動化と脅威情報の共有が可能になります。これにより、保護対策を強化し、運用コストを削減できます。

製品

インテリジェントなエンドポイント セキュリティ

McAfee Endpoint Security 10 は、エンドポイント セキュリティ環境の複雑さを解消し、パフォーマンスを改善します。また、高度な脅威に対する可視化が強化されています。弊社のすべてのエンドポイント保護スイートの基盤となる McAfee Endpoint Security 10 は、脅威対策モジュール間でリアルタイムの通信を行い、イベントを共有します。これにより、不審な挙動を監視し、危険性のあるアプリケーション、ダウンロード、Web サイト、ファイルに迅速に対応することができます。
McAfee Endpoint Security 10

脅威情報

エンドポイント、ゲートウェイ、ネットワーク、データセンターのセキュリティ ソリューション間で脅威情報をリアルタイムで共有できます。ローカルで収集された情報とグローバルの脅威情報が統合され、McAfee Data Exchange Layer (DXL) で迅速に共有されるので、複数のセキュリティ対策が 1 つのソリューションのように機能します。
McAfee Threat Intelligence Exchange

Advanced Threat Defense

ゼロデイ脅威や高度な持続型脅威などの高度なマルウェアを阻止します。McAfee Advanced Threat Defense は、既存のセキュリティ対策と連動し、すぐに役立つ脅威情報を提供します。
McAfee Advanced Threat Defense

エンドポイント検出対応 (EDR)

弊社の EDR ソリューションを使用すると、エンドポイントの脅威を迅速に検出し、訂正処理を行うことができます。エンドポイントを常時監視し、有益な情報を提供します。これにより、攻撃を迅速に認識し、脅威対策をきめ細かく制御できます。
McAfee Endpoint Threat Defense and Response

Web Protection

エンドポイントと Web のセキュリティを統合しています。マカフィーでは、インターネットの脅威を阻止するため、オンプレミスとクラウドの Web ゲートウェイ技術を統合しています。効果的な Web セキュリティが既知のマルウェアの大半とゼロデイ マルウェアを阻止するので、修復が必要なエンドポイント システムの数を抑えることができます。
McAfee Web Gateway

セキュリティ管理

弊社の集中管理プラットフォームは、ご使用のすべてのセキュリティ ソリューションを管理できます。1 つのウィンドウからエンドポイント セキュリティ ソリューションをきめ細かく制御し、管理作業を自動的に行うことができます。
McAfee ePolicy Orchestrator

統合脅威対策の詳細情報

Web キャスト: 現在のエンドポイント セキュリティ戦略の再考

弊社の専門家と Forrester Research が、成功するエンドポイント セキュリティ戦略の 6 つの要件について解説します。

ホワイトペーパー: セキュリティ ファブリックの連携による脅威の無効化

弊社のインテリジェントな脅威対策は、集中管理されたフレームワークを提供します。拡張性に優れたこのフレームワークにより、脅威対策のライフサイクル全体でエンドポイントを保護できます。

ホワイトペーパー: 脅威対策は検出だけではない - 対応が重要

問題を特定するだけではエンドポイントを保護できません。脅威に迅速に対応し、完全に修復する必要があります。インテリジェントなエンドポイントで統合が重要な理由をご覧ください。

ソリューション概要: 脅威情報の利用

新たな脅威の出現で脅威情報に対するアプローチが変わりました。脅威情報の収集、分析、要約、管理を自動的に行う必要があります。

ESG レポート: 攻撃検出とインシデント対応の課題

迅速な対応を行うには、有効なフォレンジックと直感的な洞察力が欠かせません。リサーチ会社の ESG がまとめた報告書をご覧ください。

ソリューション ガイド: 標的型攻撃の阻止

適応型のセキュリティ モデルは、インシデント対応の時間を短縮し、標的型攻撃を効果的に阻止します。詳細をご覧ください。

動画: ESG — 刷新された次世代のエンドポイント セキュリティ

適応型のセキュリティ モデルは、インシデント対応の時間を短縮し、標的型攻撃を効果的に阻止します。詳細をご覧ください。

導入事例

様々なエンドポイント保護ソリューションを検討した結果、Computer Sciences Corporation は、使いやすく、集中管理が可能なマカフィーの統合セキュリティ プラットフォームに切り替えました。

詳細を見る