データの保護

最先端のソリューションで不正アクセスとデータ窃盗を阻止しましょう

詳細を見る

困難さを増すデータ保護の課題

データ侵害がニュースになっています。有名な企業がサイバー攻撃を受け、重要な顧客データが流出しています。データ侵害の余波は報道に留まりません。顧客の信頼を失い、罰金が科せられ、会社の評判は地に落ちてしまいます。

侵害の脅威だけであれば 1 日で対策を講じることができるかもしれません。しかし、ハッカーの攻撃を阻止するだけで、データを保護できるわけではありません。効果的なデータ保護を行うには、次の問題を解決する必要があります。

  • マルウェアの巧妙化 - 現在のマルウェアは、データ侵害に成功するため、巧妙な手口を駆使しています。ハッカーの侵入を許してしまった場合には、外部の人間がデータを使用できないように、新たな保護層を追加する必要があります。
  • モバイル デバイスとクラウド サービス - 会社のデータは従業員のスマートフォンやクラウドにも存在します。データがどこに存在し、アクセスが誰に許可されているのかを把握するのは簡単ではありません。
  • コンプライアンス要件 - 業界の規制やプライバシー保護法は厳しさを増しています。また、国によっても内容が異なります。常に注意する必要があります。サプライヤー、販売店、他のパートナーとビジネスを行うには、監査に通過するだけでなく、データ プライバシー規制に対するコンプライアンスを証明する必要があります。

データ保護・管理の新しいアプローチ

ネットワークの内外でデータを制御し、管理する

モバイル デバイスとクラウド サービスの普及で、ネットワークの境界がなくなりました。オンプレミスのアプリケーション、ファイル サーバー、クラウド アプリケーション、すべてのエンドポイントでデータのフローと使用を制御する効果的なポリシーを実施する必要があります。

強固なデータ保護技術を実装する

データ漏えいの経路を監視し、エンタープライズ クラスの暗号化で重要なデータを保護してハッカーによる悪用を防ぐ必要があります。

コンプライアンスの証明

データ プライバシーに関する法規制は継続的に改定されています。これらの法規制に対応するには、適切なフレームワークを導入して監査に合格し、第三者に対応状況を証明する必要があります。

データ保護のビジネス問題を解決する

技術だけではデータを保護することはできません。データを保護するには、会社でのデータの扱い方を定義し、成功の指標を導入する必要があります。

データ保護ソリューション

データの可視化と制御

データの存在場所を特定し、制御します。1 つの管理コンソールから共通のデータ保護ポリシーを配備し、管理します。

データ侵害の阻止

Intel Security は、強力な暗号化技術とデータ損失防止技術により、データ セキュリティの新たな保護層を提供しています。移動中のデータも保護し、ハッカーが使用できないようにします。

データ保護の詳細情報

ホワイトペーパー: 重要なデータの保護に成功する方法

広範囲に広がる脅威に対する対応を計画し、実施しましょう。

ブログ: データ侵害について知っておくべきこと

この 7 回にわたるブログでは、データ侵害を詳しく分析します。データを狙う攻撃者、攻撃者が狙う情報、基本的な手口について詳しく説明します。

レポート: データの窃盗

500 名を超える IT 担当者とセキュリティ専門家にインタビューを行い、データ侵害の状況について調査しました。この脅威の実態、拡散状況、対策について報告します。

インフォグラフィック: 時計からデータが流出する?

このインフォグラフィックでは、『データの窃盗』レポートで報告された調査結果の概要をまとめています。

ウェビナー: データ漏えいの分析

外部または内部の脅威でよく利用されるデータ侵害の手口について詳しく解説します。また、データ損失防止のプロセスとツールについても説明します。

ホワイトペーパー: データを保護するための 5 つのヒント

受け身の監視からプロアクティブな保護対策に切り替えることで DLP を強化できます。詳細をご覧ください。

ソリューション概要: データ侵害の阻止

データを盗み出す重要なプロセスの一つが外部へのデータ送信です。このプロセスの詳細を分析することで、所有者のネットワークからデータをコピーし、攻撃者のネットワークに送信する方法を理解できます。

動画: データ侵害を未然に防ぐ

データ保護ソリューションを使用すると、データの漏えいを防ぎ、コンプライアンスを維持できます。また、最も重要な情報の可視性を改善できます。詳細をご覧ください。

導入事例

Kleberg Bank
Sicredi
UAES