HOME > PC向け製品サポート

このページを友達に教える  | 

サポートカテゴリ一覧Q&A詳細

<< 戻る

アラート・エラー
タイトルVAIO SonicStage オーディオフィルタ機能とウイルススキャンの一部の機能が競合する問題について
OSWindows 2000 Windows XP 
問題番号AR-00010作成日2006/12/25更新日2008/02/25

ページの最下部に当Q&Aに関する簡単なアンケートがございます。ご協力をお願いいたします。

このページでは、SONY製コンピューター VAIOシリーズに搭載されている「オーディオフィルタ機能」の一部のバージョンとウイルススキャンの一部の機能との競合について説明しています。

現象

SONY製コンピューター VAIOシリーズに搭載されている「SonicStage Mastering Studio オーディオフィルタ機能」は初期設定ではWindowsのスタートアップ起動する状態となっております。この状態でウイルススキャンをインストール後、Internet Explorer、Office製品(Word、Excel等)、Windows Media Playerを起動するとエラーが発生し、プログラムが強制終了します。

【エラー例】
--explorer.exe - アプリケーション エラー--
"0x6600310a"の命令が"0x6600310a"のメモリを参照しました。メモリが"read"になることはできませんでした。

プログラムを終了するには[OK]をクリックしてください
プログラムをデバッグするには、[キャンセル]をクリックしてください

発生条件

この現象は以下の3つの条件にすべて該当する場合に発生することが確認されております。

SonicStage Mastering Studio オーディオフィルタ機能 Ver. 1.1.* 〜 1.4.* がインストールされている

※ご利用のSonicStage Mastering Studio オーディオフィルタ機能のバージョンを確認するには、プログラムのヘルプをご覧いただくか、VAIO SonicStageのページをご参照ください。
※Ver 2.x以降のバージョンとの問題は確認されておりません。

[オーディオフィルタ機能] がスタートアップに登録されている

※Windowsの[スタート]ボタン - [すべてのプログラム] - [スタートアップ] 内をご確認ください。

マカフィー・ウイルススキャンをご利用されている

※インストールされているマカフィー製品のバージョンを確認する方法は こちら をご参照ください。

原因

該当するバージョンのオーディオフィルタ機能と弊社ウイルスキャンのバッファオーバーフロー保護機能との間での互換性の問題について検証した結果、弊社ウイルススキャン側の問題は確認できず、オーディオフィルタ機能の動作がウイルススキャンのセキュリティを確保する機能によって検知され、他のアプリケーション(Internet Explorer、Office製品、Windows Media Player等)が正常に動作しない状態となっております。

従いまして、該当するバージョンのオーディオフィルタ機能は競合ソフトウェアの一つとなるため、弊社ウイルススキャンへの修正等を行う予定はございませんので予めご了承ください。

回避方法

本現象の回避方法は2通りございます。

  1. ウイルススキャンの機能[バッファオーバーフロー保護を有効にする]を無効にし、コンピューターを再起動する方法

    ※バッファオーバーフロー保護を無効にしても、ウイルス検出・駆除機能に影響はございません。
    ※バッファオーバーフロー保護を無効にすると、ステータスが黄色に変わります。ステータスを緑(=保護されています)状態に戻す場合は こちら をご参照ください。
  2. [オーディオフィルタ機能] のスタートアップから起動する設定を解除する方法

    ※[バッファオーバーフロー保護を有効にする]を無効にしても改善されない場合に実施してください。
    ※この設定を行う場合は[バッファオーバーフロー保護を有効にする]設定を有効に戻します。
    ※スタートアップから[オーディオフィルタ機能]の登録を解除すると、Windows起動時に自動的にオーディオフィルタが起動しなくなります。これにより、機能の一部がご利用いただけなくなる場合がございます。
1.[バッファオーバーフロー保護を有効にする]を無効にする方法
  1. デスクトップ上のタスクトレイからマカフィーアイコン を右クリックして[SecurityCenter を開く]をクリックします。
  2. [コンピューターとファイル]をクリックし、詳細メニュー内の[設定]ボタンをクリックします。

  3. [ウイルス対策は有効です]の[詳細設定]ボタンをクリックします。

  4. [リアルタイムスキャン]の[バッファオーバーフロー保護を有効化]のチェックをオフにし、[適用]ボタンをクリックします。[OK]ボタンをクリックし、画面を閉じます。

  5. チェックをオフにすると[セキュリティセンター]の保護状態が黄色(保護されていますか?=いいえ)に変化します。[バッファオーバーフローの保護を有効化]をオフにした状態で保護状態を緑色(保護されていますか?=はい)に戻すには[無視]をクリックします。

    【チェックをオフにして保護状態が黄色になります】


    【[無視]をクリックして保護状態を緑色に戻します】

  6. コンピューターを再起動します。
    ※必ず設定後に再起動を行ってください。
  7. 問題が改善されているかを確認します。
2.スタートアップから[オーディオフィルタ機能]の登録を解除する方法
Windows XPの場合
  1. Windowsの[スタート]ボタン - [ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前]欄に[msconfig] と入力し、[OK]ボタンをクリックします。
  3. [システム構成ユーティリティ] が起動したら、 [スタートアップ] タブをクリックします。[スタートアップ項目] のリスト内から [オーディオフィルタ機能] を探し、チェックをオフにします。
  4. [適用] ボタン - [OK] ボタンの順でクリックし、設定を保存します。
    ※「サービスの変更中にアクセス拒否のエラーが発生しました〜」のメッセージが出ましたら[OK] ボタンをクリックしてアラートを閉じます。このアラートについての詳細はこちらをご参照ください。
  5. コンピューターを再起動します。
    ※必ず設定後に再起動を行ってください。
  6. 問題が改善されていることを確認します。
Windows 2000の場合
  1. マイコンピューターから、以下のフォルダパスを開きます。

    ・ すべてのWindowsアカウントにこの設定を有効にする場合
      C:\Documents and Settings\All Users\スタートメニュー\プログラム\スタートアップ

    ・ 特定のWindowsアカウントに設定を行う場合
      C:\Documents and Settings\[設定を行うユーザー名]\スタートメニュー\プログラム\スタートアップ
  2.  
  3. [スタートアップ]フォルダ内にある[オーディオフィルタ機能]のショートカットアイコンを右クリックし、[切り取り]を選択します。
    ※[削除]しないようにご注意ください。
  4.  
  5. 切り取ったショートカットアイコンをデスクトップに貼り付けます。
    ※任意のフォルダを作成し、切り取った[オーディオフィルタ機能]ショートカットアイコンを保管されることをお勧めいたします。
    ※設定を元に戻す場合は、移動した[オーディオフィルタ機能]ショートカットアイコンを、切り取り元の[スタートアップ]フォルダに戻します。
  6. Windowsの[スタート]ボタン - [すべてのプログラム] - [スタートアップ] 内に[オーディオフィルタ機能]が存在しないことを確認します。
  7. コンピューターを再起動します。
    ※必ず設定後に再起動を行ってください。
  8. 問題が改善されていることを確認します。

参考情報

問題番号:SP-00001 「インストールされているマカフィー製品のバージョンを確認する方法
問題番号:SP-00009 「セキュリティセンターの警告表示を無効(無視)にする方法
問題番号:AR-00003 「システム構成ユーティリティ」の設定変更時にアラートが表示されるようになりました。

ページTopに戻る

<< 戻る