HOME > PC向け製品サポート

このページを友達に教える  | 

サポートカテゴリ一覧Q&A詳細

<< 戻る

アラート・エラー
タイトルマカフィー旧製品を利用されている場合、Windowsのモジュール「Msiexec.exe」が不審なプログラムとして検出されます。
OSWindows XP 
問題番号AR-00007作成日2010/06/16更新日2010/06/16

ページの最下部に当Q&Aに関する簡単なアンケートがございます。ご協力をお願いいたします。

このQ&Aでは、マカフィー・個人向け製品の旧バージョンである2006年度版製品をインストールされている場合に、Windowsモジュール「Msiexec.exe」が「不審なプログラム」として検出される現象について解説しています。

現象

2006年度版のウイルススキャン(VirusScan)の保護機能であるスクリプトストッパーがWindowsのインストーラーモジュールである「Msiexec.exe」を不審なプログラムとして認識し、以下のようなメッセージを表示します。

不審なスクリプトが検出されました!
ファイル C:\WINDOWS\system32\MsiExec.exeには不審なスクリプトアクティビティが含まれています。このスクリプトは停止されました。

原因

マカフィーの最新のウイルススキャンでは本現象は発生しません。

2006年度版製品は既にサポートを終了しています。
2006年度版のウイルススキャン(VirusScan)がWindowsインストーラーモジュールである「MsIexec.exe」を不審なスクリプトとして検出しています。これは2006年度版のウイルススキャンが古い状態のまま更新されないことが原因です。

2006年度版製品のタスクトレイアイコンは赤に白のMマークです。保護されていない場合は、黒に白のMマークになっています。

回避策

  1. Msiexec.exeがスクリプトストッパーにより検出された場合、[今回スクリプト全体を許可する]をクリックしてください。
  2. 次にサポート対象外となっている2006年度版製品をアンインストールしてください。
    マカフィー・個人向け製品専用削除ツール(MCPR.exe)の使用方法

    アンインストール後、Windowsの再起動を求められますので、このページを印刷、またはお気に入りに登録されることをお勧めします。

  3. 万が一、Msiexec.exeがスクリプトストッパーにより検出されたときに「ブロック」をしてしまった場合は、下記のQ&Aを参考に[UnregMcvsscrpdll.bat]を実行してください。
    Windows Updateが途中で停止してWindowsが自動的にシャットダウンされない現象について

マカフィー製品を継続してご利用される場合は、下記URLより新たにマカフィー製品の購入をご検討ください。

http://home.mcafee.com/Default.aspx?culture=JA-JP

参考情報

マカフィー個人向け製品におけるWindows(R) 98、98SE、Meのサポートについて
※2006年度版に関するサポート情報が掲載されています。

ページTopに戻る


このQ&Aは役に立ちましたか?

Q&Aの改善のため、アンケートのご協力をお願いします。

    

お探しの回答が見つからない場合は、サポートページのTopページに戻り、
再度検索を行っていただく事をお勧めいたします。

<< 戻る