HOME > PC向け製品サポート

このページを友達に教える  | 

サポートカテゴリ一覧Q&A詳細

<< 戻る

製品仕様・操作方法
タイトルセーフモードでの手動スキャンを実行する方法
OSWindows 2000 Windows XP Windows Vista Windows 7 
問題番号SP-00022作成日2010/04/19更新日2010/04/19

ページの最下部に当Q&Aに関する簡単なアンケートがございます。ご協力をお願いいたします。

このQ&Aでは、Windowsセーフモードで手動スキャンを実施する手順を解説しています。

Windowsをセーフモードで起動すると起動方法によってはインターネットの接続ができなくなるので当ページが閲覧できなくなります。そのため、本ページを予め印刷されることをお勧めいたします。

Step1 Windowsをセーフモードで起動する

下記のURLをクリックして、Windowsのセーフモード起動方法を確認していただきます。
Windowsをセーフモードで起動する方法

各OSでの手順を参考にセーフモードで起動します。起動しましたらStep2に進みます。

Step2 手動スキャンを実行する

以下の手順に従って手動スキャンを実行します。
タスクトレイのアイコンがマカフィーMマーク の場合はこちら
  1. タスクトレイの アイコンを右クリックし、[スキャンを実行] → [フル]をクリックします。

    注意 セーフモードでWindowsを起動するとリアルタイムスキャンが有効ではないため、保護状態が赤になり、タスクトレイアイコンも保護されていない状態を示す になっています。これは仕様です。そのまま以下の手順を実施してください。


  2. スキャンが開始します。スキャンが終了するまでしばらくお待ちください。
  3. スキャンが完了したら[終了]をクリックします。スキャン結果の詳細をご覧になるには[詳細表示]をクリックします。
  4. Windowsを通常モードで再起動します。
タスクトレイのアイコンがマカフィーMマーク の場合はこちら
  1. タスクトレイの アイコンを右クリックし、[スキャン]をクリックします。
  2. セキュリティセンターが起動し、[スキャンオプション]画面が表示されます。[フルスキャン]から[開始]ボタンをクリックします。
  3. スキャンが実行されます。スキャン画面からスキャンの一時停止やキャンセルを行うことも出来ます。
    スキャン完了までのお時間はお客様の環境によって異なります。スキャンの進行状況はスキャン画面の[完了]項目のパーセンテージにて確認できます。
  4. スキャンレポートが表示されます。メッセージに従って操作してください。詳細レポートを確認するにはプルダウンメニューから[スキャンの詳細を表示]を選択して[OK]ボタンをクリックします。
  5. スキャンが完了したら[OK]ボタンをクリックして終了します。
  6. Windowsを通常モードで再起動させます。

Step3 問題が改善しない(駆除できない)場合

セーフモードによる手動スキャンでも問題が改善されない(駆除できない)場合はDOSモードによるコマンドラインスキャンをお試しください。
DOSモードでのコマンドラインスキャナの実行手順

セーフモードによるスキャン及びコマンドラインスキャンを実行しても問題が改善されない(駆除できない)場合は弊社テクニカルサポートまでお問い合わせください。

お問合せはこちら

お問合せ参考例

お問合せの際は下記の問い合わせテンプレートをコピーペーストし、必要項目を記入してください。

XXXXという不正なプログラムが(削除・駆除)出来ない。
検出されたプログラム名:
<アラートに表示された検出名(W32/Generic.XXX等)を記入します>
現在発生している現象:
<例: PC起動後に怪しいXXXという請求書画面が表示され、閉じることが出来ません>
実行された対処方法:
<上記のどの手順を実行されたかを記載します>

参考情報

マカフィーでは、ウイルスに感染したお客様のパソコンにリモートで接続し、直接ウイルス感染の診断・駆除・予防の作業を行うサービス「マカフィー・ウイルス駆除サービス」を販売しています。詳しくは以下のリンク先のページをご覧下さい。

マカフィー・ウイルス駆除サービス

マカフィー・ウイルス駆除サービス

ページTopに戻る


このQ&Aは役に立ちましたか?

Q&Aの改善のため、アンケートのご協力をお願いします。

    

お探しの回答が見つからない場合は、サポートページのTopページに戻り、
再度検索を行っていただく事をお勧めいたします。

<< 戻る