製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
パートナー
会社案内
 
- 沿革
- プレスリリース
- 採用情報
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
大企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → 会社案内 → プレスリリース
マカフィー、2011年第4四半期の脅威レポートを発表
悪質なサイトの倍増、モバイルマルウェアの増加により、2011年のマルウェアの累計サンプル数が7,500万を上回る
2012年3月1日

セキュリティ・テクノロジ専業のリーディングカンパニー、McAfee, Inc.(以下、マカフィー)は、本日、2011年第4四半期の脅威レポートを発表しました。今回のレポートでは、2011年のマルウェアの固有サンプル数が、マカフィーが予想していた7,500万を上回ったことが明らかになりました。新たなマルウェアの増加は鈍化しましたが、従来から見られたモバイルマルウェアは引き続き増加し、最も活動が活発な年になりました。

McAfee Labs(マカフィー ラボ)のシニアバイスプレジデント、ビンセント・ウィーファー(Vincent Weafer)は次のように述べています。
「2011年も脅威は進化を続け、特にサイバー攻撃では大きな変化が見られました。どの企業、組織、プラットフォームやデバイスも、より高度でターゲットが絞られた攻撃を受けています。個人、また企業でもモバイルデバイスの利用が世界的に増えており、その結果、新たなセキュリティリスクへの対策、ならびに企業や個人データの保護という課題が生まれています」

・マルウェア

2011年第4四半期には、PCに感染するマルウェアの増加が鈍化し、2010年第4四半期を大きく下回りました。しかし、マルウェアの固有サンプル数の累計は依然として7,500万を超えています。2011年全体と、その第4四半期は、マカフィーがこれまで見た中で最もマルウェアが活発な期間となり、Androidは、モバイルマルウェア作者の最大のターゲットとして定着しました。

マルウェアの増加に貢献したのは、ルートキットと呼ばれるステルス型のマルウェアでした。ルートキットは、長期間、検出を回避し、システムで「生き続ける」最も高度なマルウェアの一種ですが、第4四半期はわずかに減少しました。偽のウイルス対策ソフトウェアは第3四半期から大きく減少する一方、自動実行およびパスワードを盗み出すトロイの木馬は緩やかな減少を示しました。2011年第2四半期とは対照的に、Mac OSをターゲットにしたマルウェアは第3四半期に引き続いて非常に低い水準で推移しました。

・Webの脅威

第3四半期、McAfee Labsでは1日平均6,500件の新たな不正サイトが記録されましたが、第4四半期には9,300件に急増しました。悪質なURLの割合は、平均すると約400件に1件で、最も多いときには、約200件に1件の割合でした。現在でもアクセスできる悪質なURLの総数は70万件を超えています。

新たな不正サイトの大半は米国にあり、オランダ、カナダ、韓国、ドイツが後に続きました。全体として、悪質なコンテンツをホストしているサーバーの数が最も多いのは北米で73%以上を占め、欧州・中東が17%強、アジア太平洋地域が7%で後に続きました。

・スパムメール

2011年末は、特に、イギリス、ブラジル、アルゼンチン、韓国などの地域のスパム件数がここ数年間で最低でした。世界全体では減少しているものの、スピアフィッシング、スパムのよりいっそうの高度化が確認されました。

ボットネットは、8月以来、減少していましたが、11月から12月にかけて、再び増加しました。ブラジル、コロンビア、インド、スペイン、米国で急増した一方、ドイツ、インドネシア、ロシアでは減少しました。ボットネットのうち、Cutwailが依然としてトップを占める一方、Lethicは第3四半期から着実に減少しています。Grumは長い間減少していましたが、復活し、第4四半期末にはBobaxとLethicを上回りました。

・データ漏えい

privacyrights.orgによると、ハッキング、マルウェア、詐欺、内部関係者によるデータ漏えいの報告件数は、2009年から倍以上に増加しており、第4四半期だけで40件を超える漏えいが報告されています。第4四半期の主要なネットワーク脅威は、Microsoft WindowsのRPC(リモートプロシージャコール)の脆弱性を利用しており、僅差でSQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング攻撃が続きました。これらのリモート攻撃は、世界中のターゲットに仕掛けることができます。

マカフィーの2011年第4四半期脅威レポートは、こちらからダウンロードできます
http://www.mcafee.com/japan/security/threatreport11q4.asp

■マカフィーについて
マカフィーは、インテル・コーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、セキュリティ・テクノロジ専業のリーディングカンパニーです。世界中で使用されているシステム、ネットワーク、モバイルデバイスの安全を実現する革新的なソリューションとサービスを提供し、ユーザーのインターネットへの安全な接続、webの閲覧およびオンライン取引の安全を確実に支えています。マカフィーは、他の追随を許さないクラウドベースのセキュリティ技術基盤Global Threat Intelligence™(グローバル スレット インテリジェンス)を活用して、革新的な製品を送り出しています。個人ユーザーをはじめ、企業、官公庁・自治体、ISPなど様々なユーザーは、コンプライアンスの確保、データの保全、破壊活動の阻止、脆弱性の把握を実現し、またセキュリティレベルを絶えず管理し、改善することができます。詳しくは、http://www.mcafee.com/jp/をご覧ください。
マカフィーでは、セキュリティに関するさまざまな研究成果や調査結果をweb上で公開しています。詳しくは下記ページをご覧ください。
http://www.mcafee.com/japan/security/publication.asp

McAfee、マカフィーは、米国法人McAfee, Inc.またはその関係会社の米国またはその他の国における登録商標または商標です。本書中のその他の登録商標及び商標はそれぞれその所有者に帰属します。
(C) 2012 McAfee, Inc. All Rights Reserved.