製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
パートナー
会社案内
 
- 沿革
- プレスリリース
- 採用情報
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
大企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → 会社案内 → プレスリリース

※当資料は、2012年9月4日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。

マカフィー、2012年第2四半期の脅威レポートを発表
Android向けのマルウェアが引き続き増加、Twitterを使用したボットネットのコントロールなど新しい脅威を確認
2012年9月5日

セキュリティ・テクノロジ専業のリーディングカンパニー、McAfee, Inc.(以下、マカフィー)は、2012年第2四半期の脅威レポートを発表しました。レポートでは、マルウェア検出件数の増加が過去4年間で最高になったことが明らかになりました。McAfee Labsでは2012年第1四半期と比較して150万件のマルウェア増加を検出しており、さらにモバイル版「ドライブ・バイ・ダウンロード」、Twitterの使用によるモバイルボットネットのコントロール、モバイル版「ランサムウェア」などの新しい脅威を確認しています。

McAfee Labsでは、独自の調査研究を通して1日あたり10万件近くに上るマルウェアサンプルの急速な増加を確認しています。マカフィーでは世界中のユーザーに幅広く影響を与える主要なマルウェアの亜種を特定しています。

McAfee Labs のシニアバイスプレジデント、ビンセント・ウィーファー(Vincent Weafer)は次のように述べています。
「2012年第2四半期では、消費者、企業、重要なインフラ施設に影響を与えたマルウェアの重要なサンプルを確認しています。従来PCでみられた攻撃が、最近では他のデバイスでも起こっています。たとえばMacデバイスをターゲットにしたFlashbackやモバイルをターゲットにしたランサムウェアやドライブ・バイ・ダウンロードです。このレポートでは、インターネットに接続して使用されるデバイスのすべてに保護が必要であることを明らかにしています」

様々なプラットフォームで増加するマルウェア

Windows PCを対象としたマルウェアの作成者は、その技術を応用してGoogleのAndroid OSといった、人気の高い他のコンシューマー、企業向けプラットフォームに対象を広げます。2012年第1四半期にモバイルマルウェアが爆発的に増加して以来、Androidをターゲットにしたマルウェアの勢いが衰える気配はありません。2012年第2四半期に検出された新種のマルウェアは、ほとんどすべてがAndroidプラットフォームをターゲットにしたものであり、その内訳はSMSを不正に送信するマルウェア、モバイルボットネット、スパイウェア、破壊的なトロイの木馬でした。ユーザーはモバイルでも厳重な警戒が必要です。

モバイル版のランサムウェアとボットネット:サイバー犯罪の最新の流行

ランサムウェアはこの四半期で確実に増加しており、サイバー犯罪者によく使用される手段となっています。その被害は、一般ユーザーでは写真や個人的なファイルの喪失、また大企業ユーザーではデータを暗号化され、元に戻す代わりに金銭を要求されるなど、多岐にわたります。ランサムウェアは、コンピューターやデータを人質に取り、即座にデバイスへ障害を与える可能性があるため特に深刻な問題です。

ボットネットは、マルウェア感染によって乗っ取られたコンピューターのネットワークであり、スパムの生成、ウイルスの送信、Webサーバーを機能停止に追い込むといった目的で使用されます。第2四半期にはボットネットが再び注目を集めており、感染件数は過去12か月で最高となっています。ボットネットコントロールサーバーの一大拠点は米国であり、Twitterを使ってボットネットのコマンド・アンド・コントロールの送信をするなど、新たなコントロール手段も明らかになっています。Twitterを使用することによって、攻撃者はある程度の匿名性を保ったままコマンドをツイートし、感染したすべての機器を自分の意のままに操ることができます。

リムーバブルメディアへの感染、パスワード盗難、Webの脅威

リムーバブルメディア(USBドライブ)に感染するマルウェアやパスワードを盗むマルウェアは、第2四半期に大幅に増加しました。AutoRunワームは、120万件近い新規サンプルが検出されています。このワームは、AutoRunファイルに埋め込まれたコードを実行することによってリムーバブルメディアから広まり、ドライブが発見されるたびにこのプロセスが繰り返されます。パスワードを盗むマルウェアは、アカウント名とパスワードを収集するため攻撃者が被害者を装うことができるもので、約160万件新規サンプルが検出されています。

マカフィーでは、マルウェア、不審なプログラム(PUP)、フィッシングサイトをホスティングしているWebサイトを不正なサイトとして確認しています。2012年第2四半期、McAfee Labsは1か月当たり平均270万件の不正なURLを新たに記録しました。こういった新しいURLは6月度には30万件の不正なドメインに関連しており、これは毎日1万件の不正なドメインが記録されていることを意味します。新たに検出された不正なURLの94.2%では、コンピューターの乗っ取りを目的としたマルウェア、エクスプロイト、またはコードがホスティングされています。

各四半期、さまざまな専門知識を持つMcAfee Labsチームの30か国500人の研究者が、あらゆる種類の脅威をリアルタイムに追跡し、アプリケーションの脆弱性の特定、リスクの解析と相関付け、企業や個人を保護する緊急対策の提供をしています。

マルウェア増加の詳細は、2012年第2四半期マカフィー脅威レポートをご覧ください
http://www.mcafee.com/japan/security/threatreport12q2.asp

■マカフィーについて
マカフィーは、インテル・コーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、セキュリティ・テクノロジ専業のリーディングカンパニーです。世界中で使用されているシステム、ネットワーク、モバイルデバイスの安全を実現する革新的なソリューションとサービスを提供し、ユーザーのインターネットへの安全な接続、webの閲覧およびオンライン取引の安全を確実に支えています。マカフィーは、他の追随を許さないクラウドベースのセキュリティ技術基盤Global Threat Intelligence™(グローバル スレット インテリジェンス)を活用して、革新的な製品を送り出しています。個人ユーザーをはじめ、企業、官公庁・自治体、ISPなど様々なユーザーは、コンプライアンスの確保、データの保全、破壊活動の阻止、脆弱性の把握を実現し、またセキュリティレベルを絶えず管理し、改善することができます。詳しくは、http://www.mcafee.com/jp/をご覧ください。

マカフィーでは、セキュリティに関するさまざまな研究成果や調査結果をweb上で公開しています。詳しくは下記ページをご覧ください。
http://www.mcafee.com/japan/security/publication.asp

McAfee、マカフィーは、米国法人McAfee, Inc.またはその関係会社の米国またはその他の国における登録商標または商標です。本書中のその他の登録商標及び商標はそれぞれその所有者に帰属します。
(C) 2012 McAfee, Inc. All Rights Reserved.