製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
パートナー
会社案内
 
- 沿革
- プレスリリース
- 採用情報
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
大企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → 会社案内 → プレスリリース
マカフィー、年末年始を迎えるにあたり「2012年、12のオンライン詐欺」を発表
ホリデーシーズンは、携帯、電子メール、Webを標的とした新たな脅威が出現
2012年12月13日

セキュリティ・テクノロジ専業のリーディングカンパニー、McAfee, Inc.(以下、マカフィー)は本日、「2012年、12のオンライン詐欺」を発表し、今年のホリデーシーズンに向けて消費者に注意を喚起しました。クリスマスから年末年始にかけて、消費者はネットショップでプレゼントを購入するため、年間で最も長時間インターネットを利用しています。ここに挙げられた12種類の最も危険なオンライン詐欺は、ホリデーシーズン中にインターネットや携帯デバイスでショッピングを楽しむユーザーをターゲットとしています。

オンライン詐欺1:ソーシャルメディア詐欺

詐欺師は、ホリデーシーズンにEメールやウェブサイトによって消費者を騙す手口と同様に、FacebookやTwitterを悪用します。「友人」から送付されてくる懸賞、広告、特別価格を利用する際、リンクや「いいね!」をクリックする前に、新しいiPad miniのような人気ギフトの広告、地元店舗での特別ディスカウント、ホリデー求人広告、また友人のアカウントが乗っ取られ、すべての「友人」に偽のアラートを送りつけていないかなどに注意してください。

Twitter広告や人気ギフトの特別な値引きはショッピングシーズンに増え、その多くは無効な短縮URLが貼付されていますが、その多くは不正なものです。詐欺師は、ソーシャル広告や取引に精通してきており、まるで正規のサイトに見えるWebサイトにユーザーを誘導します。特別価格や懸賞を利用するために、クレジットカード情報、Eメールアドレス、電話番号、住所といった個人情報を要求してきます。

オンライン詐欺2:不正なモバイルアプリ

スマートフォンのユーザーはアプリに夢中で、現在Android向けだけでも250億件以上のアプリ がダウンロードされています(※1)。しかし、アプリが普及するにつれて、個人情報を盗み出し、さらには本人の知らないうちにプレミアムレートのテキストメッセージを送信するように設計された悪意あるアプリケーションをダウンロードしてしまう危険も高まっています。

オンライン詐欺3:旅行詐欺

里帰りの飛行機やホテルの予約をする際に、詐欺師たちは綺麗な写真や、非常に安い料金を掲げた偽の旅行代理店のWebページを用意して、金融機関の情報を引き出そうとしています。あなたが使う代理店を騙ることもあります。

オンライン詐欺4:ホリデーシーズンのスパム/フィッシング

多くの迷惑メールのタイトルがホリデーシーズンに関連したものになるでしょう。特別な人への「最適な贈り物」として安いロレックスの腕時計や医薬品を宣伝するメールが出回る可能性があります。

オンライン詐欺5:iPhone 5、iPadMiniなど人気商品のギフト詐欺

Appleの新しいiPhone5をめぐる興奮や喧噪は、詐欺の筋書を練るサイバー詐欺師たちにとってとても好都合です。彼らは、危険なリンク、「iPad無料プレゼント」といった偽のコンテンツ、フィッシングメールでクリスマスギフトの必須アイテムについて語り、個人情報を提供させたり、マルウェアをマシンにダウンロードする危険なリンクをクリックさせたりします。

オンライン詐欺6:Skypeメッセージの恐怖

ホリデーシーズンには、世界中の人々がSkypeを使って大切な人と連絡を取り合うことでしょう。しかし、マシンを感染させ、さらにはファイルを人質に取ろうとする新手のSkypeメッセージ詐欺に注意する必要があります。

オンライン詐欺7:偽のオンラインギフトカード

サイバー犯罪者は、オンラインで偽のギフトカードを売りつけて利益を得ようとします。カード発行者以外の販売業者からギフトカードを購入する場合には注意が必要です。義理の母親に贈ったギフトカードが偽物だったら、どんなに気まずい思いをするか想像してみてください。

オンライン詐欺8:ホリデースミッシング

「スミッシング(SMiSishing)」とは、SMSテキストによるフィッシング詐欺です。電子メールによるフィッシングと同様に、実在する企業を語って個人情報を提供させたり、通常なら行わないような行動を実行させたりしようとします。

オンライン詐欺9:偽のネット通販業者

本物のネット通販サイトに見せかけてユーザーを誘い込み、クレジットカードの番号やその他の個人情報を入力させようとします。多くの場合、お買い得商品でユーザーを勧誘します。お金と情報を送付しても商品を受け取ることはなく、ユーザーの個人情報が危険にさらされるだけです。

オンライン詐欺10:チャリティフィッシング詐欺

これは、毎年ホリデーシーズンに現れるもっとも大きな詐欺です。私たちが心とお財布を開くこの季節、詐欺師たちは寛大な心につけ込み、偽のチャリティを広告する迷惑メールを送りつけてきます。

オンライン詐欺11:危険な電子グリーティングカード

電子グリーティングカードは、お礼状やクリスマスカードを手軽に送れるので人気がありますが、一部の不正なカードにはスパイウェアやウイルスが仕込まれており、文面を見ようとリンクをクリックしたときにコンピューターにダウンロードされてしまう場合があります。

オンライン詐欺12:偽の三行広告

オンライン三行広告サイトは、クリスマスプレゼントやアルバイトを見つけるのに役立つこともありますが、個人情報を過度に要求したり、送金サービス経由で送金を求めたりしてくる偽の広告に注意してください。これらの大半は詐欺である可能性が高いです。

MSI Internationalとマカフィーによるグローバル調査によると、一般ユーザーは複数のデジタルデバイスに平均37,438ドル相当の「デジタル資産」を保管していますが、3分の1以上の人はいずれのデバイスにも全く保護を導入していないことが明らかになっています。

マカフィーのセキュリティ研究機関McAfee Labsのディレクター、ポーラ・グレーブ(Paula Greve)は、次のように述べています。
「複数のデバイスを使用している場合、特にデバイスの保護が不十分な場合は、個人情報やファイルなどユーザーの貴重な『デジタル資産』にサイバー詐欺師がアクセスできる手段がそれだけ多くなります。一般ユーザーにとって最善の自衛手段は、犯罪者が仕掛ける罠を回避できるように、その手口について学ぶことです。商戦が活発化するホリデーシーズンには、サイバー詐欺師に対してドアを開け放したままにしておいてはいけません」

(※1)http://www.engadget.com/2012/09/26/google-play-hits-25-billion-app-downloads/

■マカフィーについて
マカフィーは、インテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、企業、官公庁・自治体、個人ユーザーが安全にインターネットの恩恵を享受できるよう、世界中のシステム、ネットワーク、モバイルデバイスを守るプロアクティブで定評あるセキュリティソリューションやサービスを提供しています。マカフィーは、Security Connected戦略、セキュリティにハードウェアを活用した革新的なアプロ―チ、また独自のGlobal Threat Intelligenceにより、常に全力でお客様の安全を守ります。詳しくは、http://www.mcafee.com/jp/ をご覧ください。

マカフィーでは、セキュリティに関するさまざまな研究成果や調査結果をweb上で公開しています。詳しくは下記ページをご覧ください。
http://www.mcafee.com/japan/security/publication.asp

McAfee、マカフィーは、米国法人McAfee, Inc.またはその関係会社の米国またはその他の国における登録商標または商標です。本書中のその他の登録商標及び商標はそれぞれその所有者に帰属します。
(C) 2012 McAfee, Inc. All Rights Reserved.