製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
パートナー
会社案内
 
- 沿革
- プレスリリース
- 採用情報
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
大企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → 会社案内 → プレスリリース
マカフィー、「インターネット検索で最もリスクの高い有名人2013」を発表
1位はリリー・コリンズ

〜男性よりも女性の方が危険、ミュージシャンのリスクが高いことが明らかに〜
2013年9月18日

セキュリティ・テクノロジ専業のリーディングカンパニー、McAfee, Inc.(以下、マカフィー)は、本日「インターネット検索で最もリスクの高い有名人2013」を発表しました。『The Mortal Instruments: City of Bone』や『白雪姫と鏡の女王』に出演した女優リリー・コリンズ(図1)が、エマ・ワトソンに代わって、第1位にランキングされました。

マカフィーは、7年間に渡って、ポップカルチャーで最も有名な人々を調査し、Web上で最もリスクの高いハリウッドの俳優、ミュージシャン、コメディアン、パーソナリティを発表してきました。McAfee Most Dangerous Celebrities™(マカフィー モスト デンジャラス セレブリティズ)調査では、上位10名中9名が女性であることから、2年連続で女性が男性よりも危険であることが明らかとなっています。リリー・コリンズに続いて、アヴリル・ラヴィーン(第2位)、サンドラ・ブロック(第3位)がランクインしています。ジョン・ハムは、今年10位以内に入った唯一の男性です。また、最も危険度の高い有名人上位20名中9名がミュージシャンです。今年の調査でリスクの割合が高かった有名人上位10名は以下の通りです。

2013年調査 ランキング上位10名

順位 有名人 割合
1 リリー・コリンズ 14.5%
2 アヴリル・ラヴィーン 12.7%
3 サンドラ・ブロック 10.8%
4 キャシー・グリフィン 10.6%
5 ゾーイ・サルダナ 10.5%
6 ケイティ・ペリー 10.4%
7 ブリトニー・スピアーズ 10.1%
8 ジョン・ハム 10.0%
9 アドリアナ・リマ 9.9%
10 エマ・ロバーツ 9.8%

サイバー犯罪者は、最新のカルチャートレンド、授賞式、新作映画、TV番組を利用して、より多くの情報を求めている消費者をターゲットにしています。こうした犯罪者は、パスワードやマルウェアを沢山組み込み、個人情報を盗むことができるWebサイトを構築し、不用心な消費者を誘い込みます。今年は、検索用語に「free app download(無料アプリダウンロード)」や「nude pictures(ヌード写真)」と入力して有名人の名前を検索すると、最もリスクが高いと評価されるWebサイトに接続されることがわかりました。

リリー・コリンズを検索すると、約1/7の確率で悪意のあるWebサイトにたどり着く結果に
「Lily Collins and free downloads」、「Lily Collins and nude pictures」、「Lily Collins and fakes(偽物)」、「Lily Collins and free app downloads」について検索すると、個人情報を盗むように設計されたオンライン脅威に遭遇する危険性が高まります。リリー・コリンズの最新の写真やダウンロードを検索すると、14.5%以上の確率でスパイウェア、アドウェア、スパム、フィッシング詐欺、ウイルス、その他のマルウェアなどのオンライン脅威が存在すると評価されるWebサイトにたどり着きます。こうしたリスクの高いWebサイトをクリックし、写真や動画などのファイルをダウンロードすると、ウイルスやマルウェアも一緒にダウンロードするリスクにさらされます。本調査では、McAfee® SiteAdvisor® (マカフィー サイトアドバイザー)のサイト評価を使用しています。それによって、どのWebサイトが危険なのかを示し、Web上で有名人の名前を検索して総合的なリスクの割合を計算しています。

男性よりも女性の方が危険
ジョン・ハム(第8位)は、上位10名の中で唯一の男性でした。20位以内にはジャスティン・ティンバーレイク(第12位)、パトリック・デンプシー(第13位)が入っていました。

上位にはミュージシャンが多数ランクイン
ミュージシャン、なかでも若い女性ポップスターの名前は、マルウェアやリスクの高いWebサイトへ引き込みます。50位以内に17名のミュージシャンが名前を連ねており、アヴリル・ラヴィーン(第2位)、ケイティ・ペリー(第6位)、ブリトニー・スピアーズ(第7位)の3名は10位以内に入っています。この3名以外にランクインしたミュージシャンは、シャキーラ(第11位)、ジャスティン・ティンバーレイク(第12位)、セレーナ・ゴメス(第14位)、デミ・ロヴァート(第16位)、マイリー・サイラス(第20位)、リアーナ(第28位)、レディ・ガガ(第30位)、ビヨンセ(第34位)、ピットブル(第50位)です。

面白いほど危険!?
サンドラ・ブロック(第3位)、キャシー・グリフィン(第4位)、エイミー・ポーラー(第17位)、エレン・デジェネレス(第23位)、ジミー・ファロン(第24位)、ジミー・キンメル(第39位)らコメディ系の有名人が50位以内に多く入っています。

ラテン系の女性が上位に
今年は、シャキーラ(第11位)、セレーナ・ゴメス(第14位)、デミ・ロヴァート(第16位)、エヴァ・メンデス(第19位)の4名のラテン系の女性が20位以内に入りました。他にラテン系の女性で50位以内にランクインしたのは、ソフィア・ベルガラ(第26位)、ジェシカ・アルバ(第31位)、サルマ・ハエック(第43位)でした。

1年前と様変わり
2012年には、第1位、第2位、第6位にランクインしていた、エマ・ワトソン、ジェシカ・ビール、ミーガン・フォックスは全員今年のリストから姿を消しました。

安全を保つためのアドバイス

  • コンテンツの提供前にダウンロードが必要なコンテンツに注意してください。公式なコンテンツ・プロバイダーのWebサイトからストリーミング動画を視聴したりコンテンツをダウンロードしたりすることをお勧めします。
  • 無料ダウンロードは、最もウイルスに感染しやすい検索用語です。動画やファイルを検索してダウンロードする場合は、マルウェアに注意が必要です。
  • 電話やモバイル機器は必ずパスワードで保護をしてください。電話を紛失したり盗まれたりした場合、電話を拾った人物が持ち主の情報をオンラインで公開する危険性があります。
  • ニュース速報を見るときは信頼できるニュースサイトを閲覧してください。ただし、信頼できるサイトも、ハッカーの被害を受ける可能性があります。表示する前にリスクの高いWebサイトやリンクについて通知する安全な検索ツールを使用するようにしてください。サイトアドバイザーの無料版は、www.siteadvisor.comからダウンロードできます。
  • 疑わしいWebサイトから動画をダウンロードしないでください。信頼できないWebサイトからのダウンロード、特に動画のダウンロードは避けてください。見たいと思うニュースクリップの大半は、公式な動画サイトで簡単に見つけることができます。
  • 「ログイン」したり個人情報を提供しないでください。記事にアクセスするために、クレジットカード、電子メール、自宅の住所、Facebookのログインといった個人情報の入力が必要だと表示されても、こうした情報を提供しないでください。こうした要求は、なりすまし犯罪を招く可能性のあるフィッシング詐欺の一般的な手口です。
  • 話題となっている主要なイベントや有名人の情報を検索する場合は、PC、Mac、タブレットからスマートフォンまでデバイスすべてを保護する、McAfee LiveSafe™(マカフィー リブセーフ)サービスなどによって、家中のすべてのデバイスが保護されていることを確認してください。マカフィー リブセーフは、データ、ID、あらゆるデバイスを包括的に保護することで、家族が安心して接続できるようにします。また、マルウェア検出ソフトウェア、McAfee® Mobile Security(マカフィー モバイルセキュリティ)も搭載されているため、あらゆる種類のマルウェアからスマートフォンやタブレットを保護することができます。このアプリは、最新のモバイル脅威やリスクの高いアプリから保護し、強化されたプライバシーとバックアップ機能、位置追跡、マカフィー サイトアドバイザーを提供して、モバイルでの検索時に危険を避けられるようサポートします。

マカフィーのWebセキュリティ調査担当ディレクター、ポーラ・グレーブス(Paula Greves)は、次のように述べています。
「今日の消費者は、有名人とエンターテインメントニュース、画像、動画をオンラインで検索する際に、多くの場合、セキュリティリスクを気にすることなく、すぐにクリックして、安全を犠牲にしてしまいます。サイバー犯罪者は、消費者のニュースに対するニーズにつけ込み、こうした行動を悪用します。彼らは、コンピューターやデバイスに侵入し、個人データを盗むことが可能な、安全でないWebサイトに消費者を誘導します。」
この調査に関する詳細については、www.mcafee.com/JP/Dangerous-Celebsをご覧ください。

マカフィー サイトアドバイザー テクノロジーについて

マカフィー サイトアドバイザーのテクノロジーは、悪意なWebサイトやブラウザエクスプロイトからユーザーを保護します。サイトアドバイザーテクノロジーは、インターネット上に存在するほぼすべてのWebサイトをテストして危険度を判定し、赤、黄、緑のアイコンによってWebサイトのリスクレベルを示します。サイトアドバイザーのサイト評価は、特許を有する高度な技術によって構築されており、サイトアドバイザーのソフトウェアがInternet ExplorerやFirefoxと連携して自動的にWebサイトテストを実施します。

※当資料は、2013年9月17日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。

■マカフィーについて
マカフィーは、インテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、企業、官公庁・自治体、個人ユーザーが安全にインターネットの恩恵を享受できるよう、世界中のシステム、ネットワーク、モバイルデバイスを守るプロアクティブで定評あるセキュリティソリューションやサービスを提供しています。マカフィーは、Security Connected戦略、セキュリティにハードウェアを活用した革新的なアプロ―チ、また独自のGlobal Threat Intelligenceにより、常に全力でお客様の安全を守ります。詳しくは、http://www.mcafee.com/jp/ をご覧ください。
マカフィーでは、セキュリティに関するさまざまな研究成果や調査結果をweb上で公開しています。詳しくは下記ページをご覧ください。
http://www.mcafee.com/japan/security/report/default.asp

McAfee、マカフィーは、米国法人McAfee, Inc.またはその関係会社の米国またはその他の国における登録商標または商標です。本書中のその他の登録商標及び商標はそれぞれその所有者に帰属します。
(C) 2013 McAfee, Inc. All Rights Reserved.