製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
パートナー
会社案内
 
- 沿革
- プレスリリース
- 採用情報
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
大企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → 会社案内 → プレスリリース
マカフィー、NECの産業用および工場用オートメーションシステムにセキュリティソリューションを提供
McAfee Embedded ControlによりNECのソリューションの不正な変更を防止
2014年3月6日

セキュリティ・テクノロジ専業のリーディングカンパニー、McAfee, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、プレジデント:マイケル・デシーザー、以下マカフィー)は、日本電気株式会社(NEC)がMcAfee Embedded Control(マカフィー エンベデッド コントロール)により、同社の産業用および工場用オートメーション システムのセキュリティを強化することを発表しました。これにより、NECは産業用および工場用オートメーション システムを構成するデバイス上で、信頼できるアプリケーションのみを稼働させることができます。NECでは、サイバー攻撃から産業用システムを保護する必要性が高っていることを受け、マカフィーの組み込みデバイス向けセキュリティ技術を活用することで、産業用コンピューター製品の競争優位性を高めます。

インターネットに接続されたあらゆるデバイスがサイバー攻撃の標的となっており、産業用制御システムもIPアドレスを使用してインターネットに接続されることで、これまで以上にサイバー攻撃の標的となっています。米国の調査会社であるマーケッツ・アンド・マーケッツ社(MarketsandMarkets)のレポートによると、工場用オートメーション市場は2016年までに1,850億米ドルに成長し、2011年から2016年までの年平均成長率(CAGR)は7.58%に達すると予測されています 1。また、このレポートでは、同市場のアジア太平洋地域での成長率が最も高くなると予測されています。

マカフィーのワールドワイド エンベデッド セールス部門のバイスプレジデントであるトム・モーアは次のように述べています。
「世界市場では、高い経済力を維持するために産業の堅調な発展が不可欠です。当社はNECと連携して、世界中の工場がサイバー攻撃で停止することのないよう、そして企業が自社の知的財産を保護できるようサポートします」

産業用オートメーションシステムは、アプリケーション制御や変更管理技術が導入される以前は、シグネチャベースの検出技術に依存してきました。マカフィーのソリューションを活用することで、NECの顧客は従来のシグネチャベースの検出手法を、ホワイトリスティング、メモリー保護、変更管理機能など高度なセキュリティ技術で強化できます。

McAfee Embedded Controlにより、工場や遠隔地に配置されたデバイス上で、信頼できるアプリケーションのみを稼働させることが可能になり、デバイスが少しでも不正使用された場合でも、McAfee Embedded Controlが組織の運用マネージャーまたは施設マネージャーにアラートで知らせます。そして、McAfee Embedded Controlにより、ゼロデイ攻撃からのデバイスの保護、現場での故障や不具合の低減、その他のセキュリティソリューションで必要とされるパッチ適用サイクルの廃止、デバイスへの確実なセキュリティポリシーの適用を実現できます。

NECはこれまでも長期にわたって同社のPOS製品にMcAfee Embedded Controlを採用しています。今回、新たにNECが提供するすべての産業用コンピューターでMcAfee Embedded Controlをオプションとして利用できるようになり、またNECの複数の機器にMcAfee Embedded Controlが搭載される予定です。

NECのシステムデバイス事業部長、松本 康男氏は次のように述べています。
「McAfee Embedded Controlは当社のお客様を保護するための信頼性の高いソリューションです。今回McAfee Embedded Controlを利用できる範囲を拡大したことで、お客様に安心・安全なNECファクトリーコンピュータを、グローバルにご提供できると確信しております。」

NECのスマートデバイスビジネス本部シニアマネージャーである青柳 篤己氏は次のように述べています。
「NECではお客様に対して、産業用オートメーションシステム向けに、最高の処理能力を備え、信頼性とセキュリティに優れたコンピューティング プラットフォームを提供してきました。マカフィーと連携することにより、工場内のシステムを保護し、安全と確認されたアプリケーションのみが実行可能になります。セキュリティがますます必要不可欠なものになるなか、デバイス制御から広域ネットワークに至るまで、産業用システムを保護するためのセキュリティが必要条件になっています。」

McAfee Embedded Controlは、産業用および工場用オートメーションシステムだけでなく、小売業向けデバイス、医療用デバイス、オフィス機器、ゲーム機器、自動車、さまざまな軍事用/航空宇宙用のデバイスなど、特定業務用のデバイスやPOSインフラに対する不正なアプリケーションの実行や変更を防止します。

1: Industrial Controls (SCADA, PLC, DCS) & Factory Automation (Field Devices, MES, ERP) Market: Global Forecast & Analysis (2011-2016), MarketsandMarkets, March 2012
http://www.marketsandmarkets.com/Market-Reports/factory-industrial-automation-sme-smb-market-541.html

※当資料は、2014年3月5日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳です。

■マカフィーについて
マカフィーは、インテルコーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、企業、官公庁・自治体、個人ユーザーが安全にインターネットの恩恵を享受できるよう、世界中のシステム、ネットワーク、モバイルデバイスを守るプロアクティブで定評あるセキュリティソリューションやサービスを提供しています。マカフィーは、Security Connected戦略、セキュリティにハードウェアを活用した革新的なアプローチ、また独自のGlobal Threat Intelligenceにより、常に全力でお客様の安全を守ります。詳しくは、http://www.mcafee.com/jp/ をご覧ください。

マカフィーでは、セキュリティに関するさまざまな研究成果や調査結果をweb上で公開しています。詳しくは下記ページをご覧ください。
http://www.mcafee.com/japan/security/report/default.asp

McAfee、マカフィーは、米国法人McAfee, Inc.またはその関係会社の米国またはその他の国における登録商標または商標です。本書中のその他の登録商標及び商標はそれぞれその所有者に帰属します。(C) 2014 McAfee, Inc. All Rights Reserved.