Content

マカフィー、個人ユーザーのPCセキュリティ状況グローバル調査結果を発表

セキュリティ・テクノロジ専業のリーディングカンパニー、McAfee, Inc.(以下、マカフィー)は本日、基本的なセキュリティソフトウェアをPCにインストールしている個人ユーザー数を推計するため、2011年1月から11月にかけて24カ国実施した調査結果を発表しました。本調査では、毎月平均2,700万台から2,800万台のPCにおける任意のスキャンデータを分析しています。結果として、調査対象となった個人ユーザーの83%は基本的なセキュリティ対策を施していましたが、17%はウイルス対策ソフトをインストールしていないか、無効化されていたことが明らかになりました。また、基準については、有効なウイルス対策、スパイウェア対策、ファイアウォールテクノロジーを基本的なセキュリティ対策と定義しています。

主な調査結果は、以下の通りです

  • 調査対象となった個人ユーザーの83%は基本的なセキュリティ対策を施しています。
  • 調査対象PCの17%には、ウイルス対策ソフトウェアをインストールしていないか、期限が切れていました。
  • 基本的なセキュリティ対策を施しているPCの割合が最も高かった国はフィンランドで、90.3%が対策を施しており、未対策は9.67%でした。
  • 基本的なセキュリティ対策を施しているPCの割合が最も低かった国はシンガポールで、78.25%が対策を施しており、未対策は21.75%でした。
  • 対策を施していないユーザーは以下の2グループに分類されます。
    1. セキュリティソフトウェアをインストールしていないユーザー
      基本的なセキュリティソフトウェアがインストールされていないPCの割合が最も高かった国はスペインで、16.33%でした。
    2. インストールしたウイルス対策ソフトウェアが無効化しているユーザー
      セキュリティソフトウェアをインストールしてはいるものの、無効化しているユーザーの割合が最も高かった国はシンガポールで、11.75%でした。
  • 日本における対策状況
    1. 日本は、対策を施しているユーザー数でみると、下位にランクインしており、19.35%が未対策で、セキュリティ対策済みは80.65%でした。
    2. 13.2%のユーザーがセキュリティソフトウェアをインストールしておらず、6.15%のセキュリティソフトウェアは、無効化していました。

調査方法について

今回の調査では、マカフィーの無料PCセキュリティ診断ツールである「マカフィー セキュリティ スキャン プラス」の個人ユーザーから任意で提供されたセキュリティスキャン結果を分析しています。「マカフィー セキュリティ スキャン プラス」は、ほとんどのセキュリティソフトウェアプログラムと連携し、脅威、ウイルス対策ソフトウェア、ファイアウォールの状況についてユーザーのコンピューターを積極的にチェックします。対応OSはWindowsのみで、ひと月あたり全世界で2,700万から2,800万件のスキャンが行われました。なお今回の調査では、個人情報の収集は行っていません。
このような業界調査は今回が初めてであり、実際にユーザーのPCの保護状況を確認しての調査ということで、個人ユーザーPCの保護状況を最も正確に反映した調査であると考えられています。「マカフィー セキュリティ スキャン プラス」に関する詳細は以下のURLをご参照ください。( http://home.mcafee.com/downloads/free-virus-scan

調査を実施した国は以下の通りです
アジア:日本、オーストラリア、中国、インド、韓国、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール
ヨーロッパ:デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、オランダ、ノルウェー、スペイン、スウェーデン、イギリス
中南米:ブラジル、メキシコ
北米:カナダ、アメリカ

調査結果の詳細は、ページ末に掲載されたランキング表をご参照ください。

調査結果考察

高いデジタル資産価値と、データやデバイスを守らない傾向

世界全体でみると、PCのセキュリティ対策率は比較的高いことがわかりますが、2011年9月に発表されたマカフィーのデジタル資産価値に関する調査結果(http://www.mcafee.com/japan/about/prelease/pr_11b.asp?pr=11/09/27-1)では、3分の1以上である36%が、所有するすべてのデバイスにセキュリティ対策を施しておらず、7%は全くセキュリティ対策をしていないことが明らかになりました。

スマートフォンやタブレットがユーザーの日常生活に浸透し、Macをターゲットにするサイバー犯罪が増加し続ける中、デバイス保護はますます重要になっています。モバイルデバイスに保存された金融情報、クレジットカード情報などの個人データは、サイバー犯罪者やなりすましの犯人にとって価値が高く、写真などのデジタルデータも紛失・盗難後は取り返しがつきません。

まだ主流ではないものの、モバイルマルウェアの脅威は拡大しており、McAfee Labsでは、今後1〜2年以内に20台に1台以上の割合で感染するようになると予測しています。

マカフィーの共同社長、トッド・ゲブハートは次のように述べています。
「今日、スマートフォンやタブレット端末の数はPCを上回っています。マカフィーのデジタル資産価値に関する調査によると、個人が保有する複数のデバイスのデジタル資産価値は、平均37,438米ドルでした。うち、米国の資産評価額は、調査対象国で最高の約55,000米ドルでした。この結果からも、防御の対象をPCに限らず、すべてのデジタルデバイスとデバイスに保存されたデータまで広げるようお勧めしたいと思います」

また調査では、デジタルファイルを紛失した場合、その27%は復元不可能でバックアップもされておらず、平均評価額は10,014米ドルであることも明らかになりました。
これは2011年にNational Cyber Security Alliance(NCSA)が発表した米国の全国調査でも裏付けられています。調査によると、米国人の約4分の3である72%が、スマートフォンにセキュリティソフトやアプリケーションをインストールした経験を持たないこということです。

ユーザーが対策をとらない理由

こうした背景にもかかわらずユーザーがセキュリティ対策をとらない理由としては、可能性として以下挙げられます。

  • コンピューターメーカーによってセキュリティソフトがプレインストールされているケースが多いため、個人ユーザーは自らウイルス対策ソフトウェアをインストールするという発想がない可能性があります。また、無料体験版は有効期間が終了するとデバイスを保護しなくなることを理解していないことも考えられます。
  • ユーザーの中には、オンラインゲームを楽しむなどの理由で、故意にセキュリティソフトを無効化することがあります。
  • 安全にネットサーフィンを楽しむ方法を守っていれば、対策は必要ないと考えているケースがあります。

セキュリティ対策をしていないPCがさらされる危険

PCにセキュリティ対策を施していない場合、以下のような危険性が高まります。

  • 駆除が困難なマルウェアへの感染。
  • 情報漏えい − サイバー犯罪者は、キーロガーなどの隠しマルウェアにより、ユーザー名、パスワードといった資格情報を盗み、その情報を利用して、金儲けをすることができます。
  • サイバー犯罪者がユーザーのPCにアクセスし、ユーザーの個人情報を利用するといった、ハッキングによるなりすまし犯罪。

サイバー犯罪率の上昇は、個人にとどまらずインターネットやその利用の仕方にも影響を及ぼしています。銀行、技術系企業、オンラインショップ、政府機関に対するサイバー攻撃のニュースが増えており、なかには被害額が数百万ドルになるケースもあります。こういった攻撃は、セキュリティ対策が不十分なデバイスを支配することから始まることが多いのです。

サイバー犯罪の対策は複雑を極め、当局の頭を悩ませています。

  • インターネット犯罪は国境を越えて展開することが多く、対応する法律が制定されていても、内容は国ごとに異なります。
  • 匿名性 − ハッカーは、複数のサーバーを経由するなどでIPアドレスを隠すことができ、追跡は困難です。
  • 証拠収集 − デジタルの証拠は弱く、部外者がアクセスすると破壊されるよう、特定のデータに細工することも可能です。

インターネットには、通常の世界で存在しているような住宅、会社、オフィスビルの施錠されたドア、警報システムから、包括的な捜査網といった犯罪者とって阻むものが存在しません。セキュリティソフトは初歩的なものですが、個人ユーザーにとってはサイバー犯罪を防ぐための唯一の手段といっても良いでしょう。

米連邦捜査局(FBI)長官のロバート・モラーは2月2日、連邦議会に対して次のように警告しました。「将来、サイバー犯罪の脅威は、我が国にとって最大の脅威になると考えられます。ジェームズ・クラッパー国家情報長官は、『米国のコンピューターとネットワークをターゲットにした悪質なサイバー活動の激増』が見られると警告しています」

クラッパー長官は、米国企業の約3分の2がサイバー犯罪または情報漏えいの被害を受けたと報告しており、米国のネットワークのマルウェアの量は2009年の3倍以上になっていると述べています。また業界の予測によると、マルウェア数は過去最高を記録しており、1日平均60,000個の新種が特定されているとも指摘しています。

マカフィー調査による世界各国のセキュリティ対策実施率 詳細

基本的なセキュリティ対策を施している個人ユーザーの割合による国のランキング

順位

基本的なセキュリティ対策を施している個人ユーザーの割合による国のランキング

割合(%)

 

1

フィンランド

90.30

 

2

イタリア

86.20

 

3

ドイツ

85.55

 

4

ニュージーランド

85.22

 

5

デンマーク

85.00

 

6

フランス

84.80

 

7

ブラジル

84.50

 

8

オーストラリア

84.30

 

9

オランダ

84.20

同順位

 

ノルウェー

84.20

10

イギリス

83.52

 

11

マレーシア

83.20

 

12

スウェーデン

83.05

 

13

フィリピン

82.87

 

14

インド

82.67

 

15

韓国

82.42

同順位

 

アイルランド

82.42

16

カナダ

82.10

 

17

中国

82.00

 

19

日本

80.65

同順位

 

アメリカ

80.65

20

メキシコ

79.40

 

21

スペイン

78.67

 

22

シンガポール

78.25

 

対策を施していない(ウイルス対策ソフトウェアをインストールしていない、またはインストールしていても無効化している)個人ユーザーの割合による国のランキング

順位

対策を施していない個人ユーザーの割合による国のランキング

割合(%)

 

1.

シンガポール

21.75

 

2.

メキシコ

21.57

 

3.

スペイン

21.37

 

4.

日本

19.35

 

5.

アメリカ

19.32

 

6.

中国

18.02

 

7.

カナダ

17.92

 

8.

アイルランド

17.57

 

9.

韓国

17.55

 

10

インド

17.32

 

11

フィリピン

17.12

 

12

スウェーデン

16.92

 

13

マレーシア

16.77

 

14

イギリス

16.5

 

15

ノルウェー

15.72

同順位

 

オーストラリア

15.72

16.

オランダ

15.7

同順位

 

ブラジル

15.7

17.

フランス

15.17

 

18.

デンマーク

14.9

 

19.

ニュージーランド

14.77

 

20.

ドイツ

14.47

 

21.

イタリア

13.8

 

22.

フィンランド

9.67

 

ウイルス対策ソフトウェアをインストールしていない個人ユーザーの割合による国のランキング

順位

ウイルス対策ソフトウェアをインストールしていない個人ユーザーの割合による国のランキング

割合(%)

 

1.

スペイン

16.325

 

2.

日本

13.2

 

3.

中国

12.975

 

4.

メキシコ

12.9

 

5.

アメリカ

12.25

 

6.

韓国

12.225

 

7.

スウェーデン

11.15

 

8.

オランダ

10.9

同順位

 

インド

10.9

9.

フィリピン

10.625

 

10.

アイルランド

10.55

 

11.

ブラジル

10.45

 

12.

シンガポール

10

 

13.

ノルウェー

9.75

 

14.

ドイツ

9.7

 

15.

イギリス

9.65

 

16.

デンマーク

9.6

 

17.

フランス

9.5

 

18.

カナダ

9.475

 

19.

イタリア

9.15

 

20.

オーストラリア

9.075

 

21.

ニュージーランド

8.525

 

22.

マレーシア

8.5

 

23.

フィンランド

6.175

 

セキュリティソフトウェアをインストールしてはいるが無効化している個人ユーザーの割合による国のランキング

順位

セキュリティソフトウェアが無効化している個人ユーザーの割合による国のランキング

割合(%)

 

1.

シンガポール

11.75

 

2.

カナダ

8.45

 

3.

マレーシア

8.27

 

4.

メキシコ

7.67

 

5.

アメリカ

7.07

 

6.

アイルランド

7.02

 

7.

イギリス

6.85

 

8.

オーストラリア

6.65

 

9.

フィリピン

6.50

 

10.

インド

6.42

 

11.

ニュージーランド

6.25

 

12.

日本

6.15

 

13.

ノルウェー

5.97

 

14.

スウェーデン

5.77

 

15.

フランス

5.67

 

16.

韓国

5.32

 

17.

デンマーク

5.3

 

18.

ブラジル

5.25

 

19.

スペイン

5.05

同順位

 

中国

5.05

20.

オランダ

4.8

 

21.

ドイツ

4.77

 

22.

イタリア

4.65

 

23.

フィンランド

3.5

 

McAfee Worldwide Free Security Dayについて
本調査結果を受け、マカフィーではWorldwide Free McAfee Security Dayを設け、セキュリティ対策を施していない17%の個人ユーザーを対象に、2012年5月31日の終日「マカフィー アンチウイルス プラス」6カ月版を無料で提供します。詳細は以下のURLをご参照ください。http://www.mcafee.com/freeday

マカフィーの共同社長、トッド・ゲブハート(Todd Gebhart)は次のように述べています。
「基本的なセキュリティソフトウェアをインストールする必要性について、個人ユーザーの大半が理解されていることは喜ばしいことです。このたびWorldwide Free McAfee Security Dayを発表し、セキュリティ対策を使用していない17%の個人ユーザーの皆様を対象に「マカフィー アンチウイルス プラス」を一日のみ無料でご提供することになりました。マルウェアによるサイバー犯罪からデジタルデバイスを守ることは、私たち一人ひとりにメリットがあるだけでなく、不法行為を阻み、インターネットを保全するという、より大きな善に貢献することでもあります。この点をご考慮いただき、セキュリティソフトウェアを使用していない皆さまに、この機会をご活用いただければと考えております」

■マカフィーについて
マカフィーは、インテル・コーポレーション(NASDAQ:INTC)の完全子会社であり、セキュリティ・テクノロジ専業のリーディングカンパニーです。世界中で使用されているシステム、ネットワーク、モバイルデバイスの安全を実現する革新的なソリューションとサービスを提供し、ユーザーのインターネットへの安全な接続、web の閲覧およびオンライン取引の安全を確実に支えています。マカフィーは、他の追随を許さないクラウドベースのセキュリティ技術基盤Global Threat Intelligence™(グローバル スレット インテリジェンス)を活用して、革新的な製品を送り出しています。個人ユーザーをはじめ、企業、官公庁・自治体、ISP など様々なユーザーは、コンプライアンスの確保、データの保全、破壊活動の阻止、脆弱性の把握を実現し、またセキュリティレベルを絶えず管理し、改善することができます。詳しくは、http://www.mcafee.com/jp/ をご覧ください。

マカフィーでは、セキュリティに関するさまざまな研究成果や調査結果をweb 上で公開しています。詳しくは下記ページをご覧ください。
http://www.mcafee.com/japan/security/publication.asp

McAfee、マカフィーは、米国法人McAfee, Inc.またはその関係会社の米国またはその他の国における登録商標または商標です。本書中のその他の登録商標及び商標はそれぞれその所有者に帰属します。
(C) 2012 McAfee, Inc. All Rights Reserved.