Exchange サーバにGroupShield、VirusScanをインストールした場合の除外設定
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 8.x
OS - 問題番号 VE07061501

問題の詳細
Microsoft Exchange 2000/2003/2007サーバにGroupShieldとVirusScanをインストールする場合、以下のフォルダをVirsuScan のオンアクセススキャンの対象から除外してください。

除外対象フォルダ;

Exchange 2007
\Program Files\Microsoft\Exchange Server\Mailbox\
\Program Files\Microsoft\Exchange Server\TransportRoles\Logs\
\Program Files\Microsoft\Exchange Server\Logging\
\Program Files\Microsoft\Exchange Server\ExchangeOAB\
\Program Files\Microsoft\Exchange Server\Working\OleConvertor\
%systemroot%\system32\inetsrv\

※Microsoft Exchange 2007とVirusScan Enterpriseの除外については下記のページもご参照ください。
Microsoft Exchange 2007 をインストールした場合の VirusScan Enterpriseでの除外設定

Exchange 2000/2003
\Program Files\exchsrvr\conndata\
\Program Files\exchsrvr\exchweb\
\Program Files\exchsrvr\mailroot\
\Program Files\exchsrvr\mdbdata\
\Program Files\exchsrvr\.log
\Program Files\exchsrvr\mtadata\
\Program Files\exchsrvr\schema\
\Program Files\exchsrvr\res\
\Program Files\exchsrvr\srsdata\
\inetpub\mailroot\
%systemroot%\system32\inetsrv\metabase.bin

Exchange 2000
M:\

Exchange クラスタ環境
%Winnt%\Cluster\

GroupShield
\Program Files\Network Associates\McAfee GroupShield\bin\productlog.bin
\Program Files\Network Associates\McAfee GroupShield\bin\detecteditems.bin
\Program Files\Network Associates\McAfee GroupShield\bin\detecteditems.bin.qtn

除外設定手順;

VirusScan 8.0/8.5

  1. VirusScan コンソールを開きます。
  2. オンアクセススキャンを右クリックし、プロパティを開きます。
  3. 「すべてのプロセス」を選択し、「スキャン(VSE8.5の場合は「検出」)」タブを開きます。
  4. 「スキャン対象外」にある「除外対象(VSE8.5の場合は「除外…」)」をクリックします。
  5. 「除外対象の設定」から「追加」をクリックし、対象フォルダを設定します。
  6. 「OK」をクリックして、ウィンドウを閉じます。

ePolicy Orchestrator 3.x

  1. VirusScan の「オンアクセススキャンのデフォルトプロセスポリシー」を開きます。
  2. 「スキャン」タブを開きます。
  3. 「スキャン対象外」にある「除外対象」をクリックします。
  4. 「除外アイテムの設定」から「追加」をクリックし、対象フォルダを設定します。
  5.   ※フォルダを指定する際には、必ず、最後に「\」を入力します。
  6. 「OK」をクリックして、設定ウィンドウを閉じます。
  7. 「クライアントの除外対象を上書き」を有効にします。
  8. 「設定」を「サーバ」にして、「適用」をクリックします。

掲載日 2007/06/15

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間