Windowsセキュリティセンターで「ウィルス対策 最新の状態ではありません」と表示されます。
製品 VirusScan Enterprise / McAfee AntiSpyware Enterprise Version 8.5i, 8.7i
OS XP, Vista 問題番号 VE09120401
概要

最新のDAT、エンジンにもかかわらずWindowsセキュリティセンターで「ウィルス対策 最新の状態ではありません」と表示されます。
VirusScan Enterpriseを再インストールし、最新のDAT・エンジンに更新後も、このメッセージが表示される場合があります。

回避方法
  1. Windowsのサービス管理画面(services.msc)を開きます。
  2. Windows Management Instrumentationサービスを選択し停止します。
  3. Windowsのサービス画面を最小化にします。
  4. エクスプローラを開き, 以下のフォルダの名前を変更します。
    c:\windows\system32\wbem\repository
    現在のフォルダ名 repository
    変更後のフォルダ名 repository_old
  5. Windowsのサービス画面を元に戻します。
  6. Windows Management Instrumentationサービスを選択し開始します。
    注意:repositoryフォルダが作成されるまで暫く待ちます。(数十分かかる場合もあります。)
  7. 以上が完了したらOSを再起動します。
  8. Windowsのサービス画面を開きます。
  9. 定義ファイル更新後、McAfee Task Managerサービスを再起動します。
補足

VirusScan Enterprise 8.0iはWMI (Windows Management Instrumentation)をサポートしていません。
マイクロソフトセキュリティセンターはこの製品についてレジストリから製品情報を得ています。

関連情報

VE09082501 Windows セキュリティの緊急警告が出力されます

掲載日 2009/12/04

製品・エンジンのサポート期間
プレインストール版製品・エンジンのサポート期間