McAfee Application Control

McAfee Application Control

不正なアプリケーションのリスクを低減し、エンドポイントの制御を強化

McAfee Application Controlを使用すると、サーバーとデスクトップ上で実行できるアプリケーションを信頼できるアプリケーションのみに制限することができます。McAfee Application Controlは、不正なソフトウェアのリスクを低減し、エンドポイントの制御を強化するとともに、パフォーマンスに影響を与えずに専用システムにセキュリティ機能を拡張し、運用コストも削減します。

利点:

不正なアプリケーションのリスクを低減

望ましくないアプリケーショ ンをブロックし、そのリスクを排除します。ユーザーが何気なく使用するソフトウェアによって、マルウェアがインストールされ、サポートの問題とソフトウェアライセンス違反が発生し、システムやビジネス全体のセキュリティが低下してしまうことがあります。McAfee Application Controlを使用すると、サーバーとデスクトップ上で実行できるアプリケーションを信頼できるアプリケーションのみに制限することができます。

包括的なコード保護

バイナリ、カーネルコンポーネント、DLL、ActiveXコントロール、スクリプト、Javaコンポーネントなどの不正なアプリケーションとマルウェアの実行を阻止します。Application Controlは、セキュリティをさらに高めるために、正当なアプリケーションのみを許可し、承認済みアプリケーションの改ざんを防止します。

重要システム、現場システム、専用デバイスも簡単に保護

マカフィーの透過的なモデルを活用 - 小型の専用デバイスにも対応できるコンパクトな設計で、10MB未満のRAMと最小限のCPUのみで稼動します。

レガシーシステムの寿命を延長

Application Controlを使用すると、システム構成をロックダウンできます。ベンダーサポートが停止した旧来システムへのパッチ適用を低減するなど、有効な機能です。

機能:

信頼できるtrusted sourceを通じてダイナミックにホワイトリスティングを生成

IT管理者は、承認済みアプリケーションのリストを手作業で管理する必要がなくなります。IT部門は、柔軟なアプローチで信頼できるアプリケーションのみをエンドポイントで実行させることができます。これにより、すべての不正なソフトウェア、スクリプトとダイナミックリンクライブラリ(DLLs)の実行を防止するとともに、メモリーの不正使用を防御できます。

小さなフットプリントと低いオーバーヘッド

コストとリソースを低減します。Application Controlはエンドポイント上で透過的に動作し、迅速なセットアップにより起動時と動作時のオーバーヘッドも最小限に抑えることができます。

セキュリティ管理の一元化

McAfee ePolicy Orchestrator(ePO)を使用して、管理を最適化し、簡略化できます。ePOでは、単一の集中管理コンソールからすべてのセキュリティ機能の監視と管理を実行できます。Application Controlは、ePOと簡単に完全に統合して運用を大幅に効率化し、お客様の時間とコストを低減します。

McAfee Application Controlは、サーバーとデスクトップ上の不正なアプリケーションを効率的にブロックする手法を提供します。単純なホワイトリスティングとは違い、Application Controlはダイナミックな信頼モデルを使用するため、承認済みアプリケーションのリストを更新する煩わしい作業が不要になります。膨大な数の未知のソフトウェアがWebから企業に流入している今、一元管理できるこのソリューションは、企業のシステムセキュリティ戦略にタイムリーな制御機能を追加し、運用のニーズに対応します。

望ましくないアプリケーションから完全に保護 - Application Controlは、Java、ActiveXコントロール、スクリプト、バッチファイル、専用コードへ対応範囲を拡張し、アプリケーションコンポーネントの制御性を強化します。

専用システムとレガシーシステムを確実に保護 - Application Controlは、キオスクやPOS端末などの専用デバイス、Microsoft Windows NTや Windows 2000システムなどのレガシーシステムにも独自に保護レイヤを拡張します。

手頃な価格で柔軟なセキュリティを提供 - Application Controlによってホワイトリストが動的に管理されるので、POS端末、バックオフィスサーバ、さまざまなユーザープロファイルをサポートする多数のデスクトップイメージなど、多様なビジネスニーズに対応する多数の構成を容易にサポートすることができます。

拡張性の高い一元管理機能 - Application Controlは、お客様の既設のMcAfee ePolicy Orchestrator(ePO)プラットフォームを活用します。ePOはリモートにも導入できることから、大企業の環境でもセンター拠点から管理、レポート作成を簡単に行うことができます。

オペレーティングシステム(OS)

以下に示すのは、最小システム要件です。実際の要件は、環境の性質によって異なります。

Microsoft Windows(32/64ビット)

  • Microsoft Windows XP Embedded
  • Microsoft Windows Embedded Standard 7
  • Microsoft Windows NT
  • Microsoft Windows 2000/2003/2003 R2/2008/2008 R2
  • Microsoft Windows XP/Vista/7

Linux

  • Red Hat Enterprise Linux 3/4/5/6
  • SUSE Enterprise Linux 9/10/11
  • CentOS 4/5
  • SUSE Linux Enterprise Desktop 11

お問合せ

  • ご購入について
  • ご利用中の製品について