Content

Page Navigation

McAfee Data Loss Prevention Endpoint(旧名称:McAfee Host Data Loss Prevention)

McAfee Data Loss Prevention product shot
データ損失が報道されると企業に及ぼすダメージは甚大です

故意にせよ過失にせよ、ユーザーがエンドポイントで不正な操作を行うことによって機密データが危険にさらされると、企業は致命的な打撃を受けます。McAfee Data Loss Prevention Endpointは機密データの侵害につながるような、危険性の高い操作を監視および防止します。DLPの保護機能は、ネットワーク全体、アプリケーションやリムーバブルストレージデバイス経由で動作しますので、オフィス内、自宅、移動中のどの状態であっても、制御を維持することが可能です。

Tab Navigation

利点:

  • 他に類のない優れた保護機能
    内部関係者による機密データの偶発的な開示や、ハッカーなどによる盗難を防ぐことで、経済的な損失、ブランドイメージの失墜、コンプライアンス違反から企業を保護します。
  • あらゆる経路でデータ転送を制限
    たとえデータが変更されている場合でも、リムーバブルストレージデバイス、電子メールやIM(Instant Messenger)、その他の通信経路による機密情報の転送を管理および制御します。
  • インフラストラクチャのすべての階層を保護
    エンドポイント、ファイルサーバ、インターネットゲートウェイ、ネットワーク内など、オペレーティングシステムやデバイスタイプに関係なく、環境全体で機密データを確実に保護します。
  • 最小限の手間で自動的に保護
    ローカルハードディスクドライブ上の機密データを自動的に検出して保護することで、ユーザーのミスや悪意のあるユーザーから環境を保護します。
  • McAfee ePolicy Orchestratorを使用した一元管理
    McAfee Data Loss Prevention Endpointを含むセキュリティリスク管理ポートフォリオ全体を、一元化されたMcAfee ePolicy Orchestratorコンソールで効率よく管理できます。

機能:

  • データの社内転送を制御
    従業員によるネットワーク経由でのデータ転送、アプリケーションでの使用、リムーバブルストレージデバイスへのコピーの方法を制御します。変更、コピー、貼り付け、圧縮、印刷、または暗号化された場合でもデータを保護します。
  • 総合的なデバイス管理
    デバイス管理機能により、USBドライブ、iPod、その他のリムーバブルストレージデバイスへのデータ書き込みを防止することができます。Windowsベースのパラメータに従って、使用を許可、または禁止するデバイスを指定できます。
  • マルチレイヤーの保護
    Host DLPを使用して、機密データに対する危険なユーザー動作の監視と防止を行うことで、エンドポイントからのデータ損失を阻止できます。McAfee Endpoint Encryptionと併用すれば、データ損失に対して総合的で段階的なアプローチが可能になります。
  • 検出および適用のための高度なメカニズム
    ローカルハードドライブを自動的に巡回して機密データを検出し、設定に従って証跡の保存、暗号化、検疫、またはデータの削除を行います。リムーバブルストレージやネットワーク共有フォルダにデータをコピーする際には、オンデマンドで暗号化を行い、暗号化されていなければ電子メールやWebポストをブロックします。
  • 一元管理
    データ保護ポリシーの定義と管理、共通のマカフィー エージェントの導入と更新、リアルタイムイベントの監視、コンプライアンス規制に合致したレポートの生成といったすべての作業を、一元化されたMcAfee ePolicy Orchestrator 管理コンソールから行うことができます。送信者、受信者、タイムスタンプ、データ証跡など、迅速な監査や分析に必要なあらゆる情報を瞬時に収集します。
  • 高度なレポートおよび監査機能
    McAfee ePolicy Orchestratorとの統合により、送信者、受信者、タイムスタンプ、データ証跡など、迅速な監査や分析に必要なあらゆる情報を瞬時に収集します。

企業は顧客や従業員の個人情報を保護する責任があります。偶発的、あるいは不正な意図によるものであれ、個人情報が開示されてしまうと、企業のブランドイメージが損なわれ、顧客の信用を失い、規制違反金の支払いやその他の経済的な損失も発生してしまいます。同様に、競争力維持のために企業の知的財産も保護する必要があります。

Illuminasとマカフィーが行った調査では、回答者の55%が、ポータブルデバイスを使用して機密データを毎週社外に持ち出していると答えています。また、22%の人が、仕事上のドキュメントが保存されたポータブルデバイスを同僚に貸していると回答しています*。これでは機密データが紛失、または盗難にあっても不思議はなく、企業は常に危険にさらされている状態といえます。

マカフィーは、企業を内部の関係者や社外の脅威からのデータ損失リスクから保護するため、McAfee Data Loss Prevention Endpoint(旧名称:McAfee Host Data Loss Prevention)を提供しています。Host DLPは、重要な情報の監視と制御を可能にするセキュリティリスク管理ソリューション、McAfee Complete Data Protection - Advanced の主要なコンポーネントです。この総合的なソリューションによって、たとえデータの形式が当初の形式から変更されていていても、ネットワーク全体、アプリケーションやリムーバブルストレージデバイス経由でのデータ損失を防止することができます。

McAfee Data Loss Prevention Endpointは、すべてのエンドポイントでのユーザー動作を総合的に監視、監査、および制御することで、データ損失を防止します。ホストベースの保護によって、ユーザーや情報の移動場所、あるいはクライアントマシンが社内ネットワークに接続されているかどうかに関係なく、データの安全性を確保します。

McAfee ePolicy Orchestratorとの統合によって、一元化されたコンソールからセキュリティリスク管理作業を効率よく行うことができます。高度なWebベースの管理とレポート、そして監査機能によって、従業員による機密データの使用や転送方法を制御できます。リアルタイムイベントを監視してレポートを生成し、監査担当者、経営陣、その他の関係者に社内規制や法令規制へのコンプライアンス状況を示すこともできます。

*『Threats Within Volume II: Data Loss Disaster(内なる脅威―ボリュームII: データ損失による被害)』Illuminasおよびマカフィー。2007年2月2日。

注意:以下に示すのは、最小システム要件のみです。実際の要件は、環境の性質によって異なります。

McAfee ePolicy Orchestratorサーバー

オペレーティングシステム

  • Microsoft Windows Server 2003 Standard(SE)SP2以降
  • Microsoft Windows Server 2003 Enterprise(EE)SP2以降
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard

ハードウェア要件

  • CPU: インテル Pentium IV プロセッサー 2.8 GHz 以上
  • メモリー: 最低1GB(2GB推奨)
  • HDD(空きディスク容量): 最低80GB
  • データベース: Microsoft SQL Server 2005(互換モード90)以降

エンドポイントのデスクトップ、ノートPC

オペレーティングシステム

  • Microsoft Windows XP Professional(32ビット)SP1以降
  • Microsoft Windows Vista(32ビット)SP1以降
  • Microsoft Windows 7(32ビット/64ビット、XP モード以外)

ハードウェア要件

  • CPU: インテル Pentium III プロセッサー 1GHz以上
  • メモリー: 最低512MB(1GB推奨)
  • HDD(空きディスク容量): 最低200MB
  • ネットワーク接続: TCP/IPによるリモートアクセス

お問合せ

  • ご購入について
  • ご利用中の製品について

a

こちらは、ご購入に関するお問い合わせのみの対応となります。
ご利用中の製品に関しては法人向け製品サポートよりお問合せください。

  • a