製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:PQ
ウイルス情報
ウイルス名危険度
W32/Petch.worm!irc
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4300
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4309 (現在7577)
対応エンジン4.2.40以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名IRC-Worm.Fagot (AVP):W32.Petch (Symantec):W32/Petch.A (F-Secure):WORM_FAGOT.A (Trend)
情報掲載日03/10/31
発見日(米国日付)03/10/27
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
09/29RDN/Generic ...
09/29RDN/Generic....
09/29RDN/Generic ...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7577
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


ウイルスの特徴TOPに戻る

・W32/Petch.worm!ircは、最近、Bug Traqフォーラムで話題になりました。 このワームはハードコード化されたURLを含んでおり、繁殖に使用します。ただし、このURLのサイトはすぐに削除されたので、このワームは脅威ではありません。新しい亜種は、別のロケーションを指示すると考えられます。

・W32/Petch.worm!ircは、Internet Relay Chatを介して繁殖します。感染コンピュータが、以下のように他のユーザにハイパーリンクを送信します。

  • http://www.angelfire.com/celeb2/picsx/britney.jpg <- uuh, check it out !! :D

・上記のリンクはイメージファイルを指示しているように見えますが、実際はJavaScriptファイルを指示します。Internet Explorerはターゲットファイルの拡張子を区別しないので、このスクリプトファイルを実行します。このスクリプトファイルを実行すると、ADODB.Streamオブジェクトの脆弱性を悪用して、C:\Program Files\Windows Media Player\wmplayer.exeファイルを上書きします。感染ユーザがMedia Playerを実行すると、代わりにW32/Petch.worm!ircが実行されます。

・以下の偽のメッセージボックスをシステムに表示します。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る
・以下のプロセスの終了を試みます。
  • _AVP32.EXE
  • _AVPCC.EXE
  • _AVPM.EXE
  • Ad-watch.exe
  • AVNT.exe
  • AVP.exe
  • BlackICE.exe
  • BLACKICE.exe
  • ccEvtMgr.exe
  • ccSetMgr.exe
  • FPROT.exe
  • FP-WIN.exe
  • FSAV32.exe
  • FSGK32.EXE
  • FSM32.EXE
  • FSMA32.EXE
  • FSMA32.exe
  • FSMB32.EXE
  • FSMB32.exe
  • FSSM32.exe
  • FWENC.EXE
  • KAVLITE40ENG.EXE
  • KAVPERS40ENG.EXE
  • N32SCANW.EXE
  • NAV Auto-Protect
  • NAVAPSVC.EXE
  • NAVAPW32.EXE
  • NAVW32.EXE
  • NMAIN.EXE
  • NORMIST.EXE
  • NORTON_INTERNET_SECU_3.0_407.EXE
  • NPF40_TW_98_NT_ME_2K.EXE
  • NPFMESSENGER.EXE
  • NPROTECT.EXE
  • NPSSVC.EXE
  • NSCHED32.EXE
  • NTVDM.EXE
  • PAVCL.EXE
  • PAVSCHED.EXE
  • regedit.exe
  • taskmgr.exe
  • WFINDV32.EXE
  • ZAPRO.EXE
  • ZAPSETUP3001.EXE
  • ZATUTOR.EXE
  • ZAUINST.EXE
  • ZONALM2601.EXE
  • ZONEALARM.EXE

・以下のファイルを削除するという破壊的な発病ルーチンがあります。

  • C:\windows\system32\ntoskrnl.exe
  • C:\windows\system32\ntkrnlpa.exe
  • C:\windows\system32\alg.exe
  • C:\windows\system32\bootok.exe
  • C:\windows\system32\chcp.exe
  • C:\windows\system32\ctfmon.exe
  • C:\windows\system32\dumprep.exe
  • C:\windows\system32\recover.exe
  • C:\windows\system32\imapi.exe
  • C:\windows\system32\logon.exe
  • C:\windows\system32\MDM.exe
  • C:\windows\system32\services.exe
  • C:\windows\system32\systray.exe
  • C:\windows\system32\win.exe
  • C:\windows\system32\wowexec.exe
  • C:\windows\system32\wuauclt.exe
  • C:\Windows\NOTEPAD.EXE
  • C:\WINDOWS\system32\userinit.exe
  • C:\windows\system32\progman.exe
  • C:\windows\regedit.exe
  • C:\windows\system32\ntoskrnl.exe
  • C:\windows\system32\autochk.exe
  • C:\windows\system32\chkntfs.exe
  • C:\windows\system32\shutdown.exe
  • C:\windows\system32\ntkrnlpa.exe
  • C:\windows\system32\alg.exe
  • C:\windows\system32\bootok.exe
  • C:\windows\system32\chcp.exe
  • C:\windows\system32\ctfmon.exe
  • C:\windows\system32\dumprep.exe
  • C:\windows\system32\imapi.exe
  • C:\windows\system32\logon.exe
  • C:\windows\system32\MDM.exe
  • C:\windows\system32\recover.exe
  • C:\windows\system32\services.exe
  • C:\windows\system32\systray.exe
  • C:\windows\system32\win.exe
  • C:\windows\system32\wowexec.exe
  • C:\windows\system32\wuauclt.exe

・以下のレジストリキーブランチを削除します。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\HARDWARE
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SAM
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SECURITY
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software
  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\Desktop\SafeMode
  • HKEY_CURRENT_USER\Printers
  • HKEY_CURRENT_USER\SessionInformation
  • HKEY_CURRENT_USER\SYSTEM\ControlSet001
  • HKEY_CURRENT_USER\\Control\SafeBoot
  • HKEY_CURRENT_USER\SYSTEM\ControlSet003\Control\SafeBoot
  • HKEY_CURRENT_USER\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SafeBoot
  • HKEY_CURRENT_USER\SYSTEM\MountedDevices
  • HKEY_CURRENT_USER\SYSTEM\LastKnownGoodRecovery
  • HKEY_CURRENT_USER\SYSTEM\ControlSet001\Control\ContentIndex\Catalogs\System
  • HKEY_CURRENT_USER\SYSTEM\ControlSet001\Control\Biosinfo

・Internet Explorerのデフォルトのホームページをwww.(omitted)snake.comへ変更します。

感染方法TOPへ戻る

・W32/Petch.worm!ircは、mIRCを介してIRCユーザにハイパーリンクを送信することで繁殖します。ユーザが特定のサイトをナビゲートすると、悪質なスクリプトがシステムにW32/Petch.worm!ircを配信して、Windows Media Playerを上書きします。ユーザがWindows Media Playerを実行しようとすると、W32/Petch.worm!ircがアクティブになります。

駆除方法TOPへ戻る
■指定のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足