ウイルス情報

ウイルス名 危険度

W32/Sality.gen.e

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
5925
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
6057 (現在7659)
対応エンジン 5.2.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 2010/05/14
発見日(米国日付) 2010/03/19
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

・W32/Sality.gen.eはウイルスです。ウイルスは繰り返し自己複製するプログラムで、感染システムがウイルスを他のシステムに拡散して、ウイルスをさらに繁殖させます。多くのウイルスには破壊的なペイロードが組み込まれていますが、通常はシステムからシステムに拡散する以外には何も行いません。

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

・W32/Sality.gen.eはWin32 PE実行ファイルに感染する寄生型ウイルスです。

・W32/Sality.gen.eはW32/Salityウイルスの亜種です。W32/Salityの詳細はこちらに掲載されています。

----------------------------------------------

更新 - 2010年7月28日:

・最近の亜種の中には、以下のドメインに接続しようとするものがあります。

bilenbiliyor.com
amerihomesrealty.com
mtc.wz.cz
yucelcavdar.com
www.rafozzo.yoyo.pl
radson_master.fm.interia.pl
bhongircollege.com
birsentekstil.com
www.voko.wz.cz

------------------------------------------------

・W32/Sality.gen.eは以下のサイトに接続します。

  • hxxp ://sagocugenc.sa.f[削除]ic.de/images/logos.gif
  • hxxp ://www.ele[削除]orini.com/images/logos.gif
  • hxxp ://www.city[削除]magazine.com/images/logos.gif
  • hxxp ://www.21yybu[削除]lu.com/images/logos.gif
  • hxxp ://yucel[削除]dar.com/logos_s.gif
  • hxxp ://www.lu[削除]-adv.com/gallery/Fusion/images/logos.gif
  • hxxp ://moc[削除]m.de/images/main.gif
  • hxxp ://bio[削除].com.tr/main.gif

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • 予期せずファイルのサイズが増えます。
  • 予期しないレジストリキーが存在します。
  • ランダムなUDPポートでサービスの受信待機が行われます。

TOPへ戻る

感染方法

・W32/Sality.gen.eはローカルドライブ、リムーバブル、ネットワーク共有に感染するWindows PE実行ファイルがないか検索します。感染したファイルのオリジナルのエントリポイントを自身のウイルスコードに置き換え、PEイメージの最後のセクションに自身を付加します。

TOPへ戻る

駆除方法

■現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

システムスタートアップをフックするためのシステムレジストリ、INIファイルの修正は、推奨エンジン/ウイルス定義ファイル以上を使用した場合は正常に駆除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る