製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:S
ウイルス情報
ウイルス名危険度
W32/Sluter.worm.b
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別インターネットワーム
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4292
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4292 (現在7506)
対応エンジン4.1.60以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名W32/Sdbot.worm.gen.b
情報掲載日03/09/16
発見日(米国日付)03/09/10
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
07/20RDN/Generic ...
07/20RDN/Generic ...
07/20Generic.bfr!...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7506
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


ウイルスの特徴TOPに戻る

ネットワーク共有繁殖

・W32/Sluter.worm.bはネットワーク共有繁殖型ワームで、リモートマシンのADMIN$とc$に自身をコピーして繁殖します。ランダムなIPアドレスをスキャンして、簡単な管理者パスワードで共有へアクセスします。

インストール

・W32/Sluter.worm.bが実行されると、%Sysdir%ディレクトリにNETD32.EXEというファイル名で自身をコピーします。

(%Windir%は、Windowsディレクトリです。例えば、C:\WINDOWSです。)
(%Sysdir%は、Windows Systemディレクトリです。例えば、C:\WINDOWS\SYSTEMです。)

例:

  • C:\Winnt\System32\Netd32.exe

・以下のレジストリキーを追加して、システムの起動をフックします。

  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\_
    Run "Microsoft Network Daemon for Win32" = "netd32.exe "
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\_
    RunServices "Microsoft Network Daemon for Win32 " = "netd32.exe "

・ランダムなIPアドレスをスキャンして、マシンにアクセスします。また、ネットワークからユーザ名を取得します。NetUserEnum API機能を利用して、ユーザ名を作成します。

・発見したそれぞれのユーザ名について、以下のパスワードでアクセスします。

  • password

・アクセスに成功すると、以下のように自身をコピーします。

  • \\(マシンのIP)\Admin$\system32\Netd32.exe
  • \\(マシンのIP)\c$\winnt\system32\Netd32.exe

リモートアクセス機能

・W32/Sluter.worm.bがターゲットマシンで実行されると、IRCチャネルに接続して以下のようなリモートコマンドを受信します。

  • 簡単な管理者パスワードを使って、コンピュータをスキャン
  • SYNフラッド攻撃の実行
  • 感染マシンのシステム情報の送信

・以下のゲームのCDキーも詐取します。

  • Command & Conquer Generals
  • Battlefield 1942 Road To Rome
  • Battlefield 1942
  • Half-Life

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る
・上記のファイルとレジストリキーが存在します。

感染方法TOPへ戻る

・W32/Sluter.worm.bは、デフォルトの管理共有フォルダを介して繁殖します。

駆除方法TOPへ戻る
■現行のエンジンとウイルス定義ファイルを使用して、検出・駆除して下さい。

Windows ME/XPでの駆除についての補足