製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:S
ウイルス情報
ウイルス名危険度
W32/Sory.worm
企業ユーザ:
個人ユーザ:
種別ウイルス
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4260
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
4260 (現在7548)
対応エンジン4.1.60以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名TROJ_TAMPONAI.A (Trend): W32.HLLW.Kullan (Symantec)
情報掲載日03/04/30
発見日(米国日付)03/04/25
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
08/31PWS-Mmorpg.g...
08/31Generic.tfr!...
08/31PWS-Mmorpg.g...
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7548
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


ウイルスの特徴TOPに戻る

・W32/Sory.wormは共有ジャンプ型ワーム(Windowsのファイル共有機能を使用して、次々に他のシステムに自身をコピーします)で、Windows 2000/XPシステム上で繁殖します。システム情報および個人情報も取得します。電子メールでは繁殖しません。

・W32/Sory.wormが実行されると、WINDOWS SYSTEM(%SysDir%)ディレクトリにServices.exeというファイル名で自身をコピーします。以下のレジストリ実行キーを作成して、システムの起動時に自身を読み込みます。

  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
    Run "Services" = %VirusPath%

・Windows 9xシステム上では、以下のようにWIN.INIファイルとSYSTEM.INIファイルを改変します。

  • win.ini, [windows] "load" = %VirusPath%
  • win.ini, [windows] "run" = %VirusPath%
  • system.ini, [boot] "shell" = Explorer.exe %VirusPath%

・Windows NT/2000/XPシステム上では、以下のレジストリキーを追加します。

  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\
    Windows "run" = %VirusPath%
  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\
    Winlogon "shell" = Explorer.exe %VirusPath%
  • HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\
    Run "Services" = %VirusPath%

・NET VIEWコマンドを使用して、ローカルエリアネットワーク内の他のシステムを検索します。発見したシステムの以下のフォルダに自身をコピーします。

  • Documents and Settings\All Users\Start Menu\Programlar\BASLANGIC\(トルコ語版スタートメニュー)
  • Documents and Settings\All Users\Start Menu\Programs\Startup

・WINDOWS SYSTEMディレクトリにTEMPフォルダを作成します。キーストローク情報を取得して、このディレクトリのファイルに(暗号化して)保存します。このログファイルの名前は17文字をランダムに組み合わせたもので、3文字のランダムな拡張子がつきます。定期的にCJB.NETのユーザサイトにアクセスして、以下のような取得情報をアップロードします。

  • Windowsのバージョン
  • CPUの番号/タイプ/速度
  • RAM容量
  • ページファイルのサイズ
  • ターゲットマシンのデフォルトのSMTPサーバ、POP3サーバ、POP3ユーザ名、および電子メールアドレス(ターゲットマシンのInternet Account Manager設定のレジストリで指定されます)

・このCJB.NETのユーザサイトは、devel.gazi.edu.trのユーザサイトにリダイレクトされます。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る

・SYSTEMディレクトリにservices.exeという名前のファイル(232,960バイト)が存在します。

感染方法TOPへ戻る

・アクセス可能な、ネットワーク内のWindows 2000/XPシステム上のSTARTUPフォルダに自身をコピーして繁殖します。