ウイルス情報

ウイルス名 危険度

Blackberry/XanitreSpy.D

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 不審なプログラム(PUP)
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
N/A
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
N/A (現在7634)
対応エンジン 5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日 2011/10/17
発見日(米国日付) 2011/08/26
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

・Blackberry/XanitreSpy.Dは機密情報を追跡し、特定のWebサイトにポストするスパイウェアです。

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

・Blackberry/XanitreSpy.Dはcodファイルとして配布されます。

・Blackberry/XanitreSpy.Dはインストールおよび再起動時に動作します。プロセスとしてバックグラウンドで動作します。

・Blackberry/XanitreSpy.Dのアイコンはアプリケーションメニューに表示されません。そのため、感染したデバイスのユーザはスパイウェアの存在に気づきません。設定を変更するには、ハッカーは専用の番号に電話し、UIをアクティブにする必要があります。

・専用番号にダイヤル後、ログイン画面が表示されます。ユーザはまず、以下のサイトでアカウントを登録する必要があります。

  • http://www.[検閲済み].com/member/[検閲済み].php

・次に、作成したアカウントでスパイウェアにログインします。

・ログインが成功すると、設定画面が表示されます。すべての設定項目が画面に表示されます。

・Blackberry/XanitreSpy.DはSMSのログ、通話記録、GPS位置情報を定期的に特定のWebサイトに送信します。

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • SMSメッセージ、通話、位置情報を追跡し、特定のWebサイトにポストします。

TOPへ戻る

感染方法

・ユーザが故意に携帯電話にインストールしない限り、Blackberry/XanitreSpy.Dに感染することはありません。いつも言われていることですが、ユーザは絶対に見知らぬ/信頼できない人とデバイスを共有しないでください。Blackberry/XanitreSpy.Dは正規のソフトウェアですが、ユーザが知らぬ間に、明確な合意を得ないまま、個人情報を第三者に転送できる機能が組み込まれています。

・攻撃者にPUPをインストールされないよう、使用しないときは、PINなどのセキュリティロックを使って、デバイスを保護してください。

TOPへ戻る

駆除方法

TOPへ戻る