製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報


システムレストアの無効化
Windows MEとXPは、選択したファイルをC自動的にCドライブのレストアフォルダにバックアップするレストアユーティリィティを利用できます。これはバックアップファイルにウイルス感染ファイルが保存される可能性があることを意味し、ウイルススキャンはこれらのファイルを削除することはできません。この状態を復旧するには、ユーザはレストアフォルダから感染ファイルを除去するために、システムレストアシステムを無効にしなければなりません。

Windows ME

1.デスクトップ上のマイコンピュータアイコンを右クリックし、プロパティを選択します。
2.パフォーマンスタブをクリックします。
3.ファイルシステムボタンをクリックします。
4.トラブルシューティングタブをクリックします。
5.「システムを復元しない」をチェックします。


6.「OK」ボタンをクリックします。
7.再起動を促されますので、「はい」を選択して下さい。

注意:レストアユーティリティを再度、有効にするには、上記の5で「システムを復元しない」のチェックを外します。

Windows XP

システムレストアユーティリティの無効化(XPユーザのみ)

1.デスクトップ上のマイコンピュータアイコンを右クリックし、プロパティを選択します。
2.システムの復元タブをクリックします。
3.「システムの復元を無効にする」をチェックします。


4.「OK」ボタンをクリックします。
5.再起動を促されますので、「はい」を選択して下さい。

注意:レストアユーティリティを再度、有効にするには、上記の3で「システムの復元を無効にする」のチェックを外します。