マカフィー・個人向け製品サポートページ

ウイルス駆除サービス
  • Eメールアドレス/パスワードを忘れた場合
  • マカフィー製品をインストール・再インストールする方法
  • インストール/アップデート中にエラーが発生した場合
  • メール送受信トラブルの解決方法
  • ウイルスに感染した場合の対処方法
  • マカフィー・チャットサポート

サポート2006以前のサポートカテゴリ一覧Q&A詳細

<< 戻る

タイトルInternet Explorerの機能修復方法
製品その他一般的な質問バージョン- 問題タイプ一般的な技術情報 / 設定/操作方法
問題番号GE-00042作成日2006/02/13更新日2006/02/13


本文書では、Internet Explorerの機能を修復する方法を説明します。


【背景】

Internet Explorerの動作中に、以下のような原因でエラーが発生する場合があります。

  • 必要な機能(各種DLL)を呼び出すことができない場合
  • コンポーネントの一部に破損が発生している場合

一方、マカフィー製品は、Internet Explorerの機能を利用して動作するために、このような場合には製品も正しく動作せず、スクリプトエラー等の障害が発生する可能性があります。このような場合、Internet Explorerの修復操作を行うことで、問題が解決される可能性があります。


【操作内容】

下記操作を順に行い、それぞれの操作後にエラーが発生しなくなるか確認してください。

STEP1  :  Internet Explorerが利用するDLLファイルの再登録を行う

STEP2  :  Windowsのツールを利用してInternet Explorerの修復を行う


【操作手順】

STEP1  :  DLLファイルの再登録

何らかの原因で、Internet Explorerが呼び出すDLLファイルの登録が一部解除されてしまうことがあります。この場合、Internet Explorerは必要な機能を呼び出すことができなくなり、エラーが発生する可能性があります。以下の手順で、必要なDLLファイルの再登録を行って下さい。

  1. ファイルの拡張子を表示する設定にします。(設定方法については、こちらをクリック して下さい)
  2. こちらを右クリックし、[対象をファイルに保存] を選択します。
  3. [名前をつけて保存] 画面上部の、[保存する場所] で保存場所を指定します。 (例. デスクトップ)
  4. [保存] を選択し、ファイルをダウンロードします。
  5. 保存したファイル(IERegFix.txt)、あるいは IERegFix.htm)を右クリックし、[名前の変更] をクリックします。
  6. ファイル名の拡張子を [txt] (あるいは [htm]) から [bat] に変更し、[Enter] キーを押します。
  7.  変更例 (終わりの3文字を [bat] に変更します)

    • IERegFix.txt → IERegFix.bat
    • IERegFix.htm → IERegFix.bat
  8. 変更確認画面で、[はい] を選択します。
  9. 名前を変更したファイル [IERegFix.bat] をダブルクリックします。
  10. Internet Explorer Repair Tool の画面が起動します。
  11. キーボードのいずれかのキーを押します。
  12. ツールを実行中です。しばらくお待ちください。」 の表示が出ている間、操作を行わずに待機します。
  13. ツールの実行が完了しました。何かキーを押してください。」 の表示が出たらキーボードのいずれかのキーを押します。
  14. Internet Explorer Repair Tool の画面が閉じられます。


STEP2  :  修復ツールの実行

注1: 修復ツールは、Internet Explorer バージョン5.5以上に装備されています。

注2: Windows XPの場合、修復ツールはインストールされていません。


  • Windows 98 / 98SE / Me / 2000 の場合:
    1. タスクバーから [スタート] - [設定] - [コントロール パネル] と順にクリックします。
    2. [アプリケーションの追加と削除] をクリックします。
    3. [Microsoft Internet Explorer 6 とインターネットツール] を選択し青く反転表示させます。

       *1) Internet Explorerのバージョンと適用しているサービスパックによって表記は異なります。
       *2) Internet Explorerの表記がない場合は 修復ツールを直接起動させる方法 を参照して下さい。
    4. [変更と削除] (または [追加と削除] )をクリックします。
    5. [Internet Explorerを修復する] にチェックを入れて、[OK] をクリックします。
    6. 確認画面で [はい] を選択します。
    7. [はい] をクリックしてPCを再起動します。

  • Windows XP の場合:

    Windows XPには修復ツールがインストールされていません。修復を行う場合には、下記Microsoft社のページを参考に操作を行ってください。

    Windows XP で Internet Explorer および Outlook Express を再インストールまたは修復する方法


    修復ツールを直接起動させる方法

    [アプリケーションの追加と削除] 内に [Internet Explorer とインターネットツール] の表記がない場合には、下記の手順でInternet Explorerの修復ツールを直接起動できるかご確認ください。(Windows XPは該当しません)

    1. タスクバーから [スタート] - [ファイル名を指定して実行] と順にクリックします。

    2. 以下の文字列を [名前] 欄に入力、あるいはコピーし、[OK] をクリックします。
      • Internet Explorer6.0の場合:rundll32 setupwbv.dll,IE6Maintenance
      • Internet Explorer5.5の場合:rundll32 setupwbv.dll,IE5Maintenance
      • *文字列内の最初の点は ピリオド、二つ目の点は コンマ となります。

<< 戻る