Loading...

マカフィーを装う偽のポップアップ通知と問題の解消方法について


残念ながらネット詐欺はコロナ禍の中上昇傾向にあり、最近は、一部のユーザーを惑わせて行動を起こさせる偽物の「通知ポップアップ」を使用し、セキュリティソフトを買わせるフリをした詐欺やハッキングにまで及んでます。

但し、多くの被害は適切なセキュリティ対策と自己防衛に対する認識の向上により防ぐことができます。この偽ポップアップ問題の大部分は、ブラウザーのプッシュ通知に起因しています。

 

マカフィーを装う偽のポップアップ通知と問題の解消方法について


残念ながらネット詐欺はコロナ禍の中上昇傾向にあり、最近は、一部のユーザーを惑わせて行動を起こさせる偽物の「通知ポップアップ」を使用し、セキュリティソフトを買わせるフリをした詐欺やハッキングにまで及んでます。

但し、多くの被害は適切なセキュリティ対策と自己防衛に対する認識の向上により防ぐことができます。この偽ポップアップ問題の大部分は、ブラウザーのプッシュ通知に起因しています。

偽ポップアップ通知に騙されないための簡単な対策

 

 

マカフィーのセキュリティソフトをすでにご利用の方は、セキュリティ機能を有効利用してリスクを最小化しましょう。多くのパソコンに搭載されているリブセーフとトータルプロテクションの体験版は、有料版と同じ機能が全て搭載されています。

  • 体験版はアンインストールしないでください。

  • 体験版期間後も(マカフィー製品以外でも)必ずセキュリティソフトをご利用してください。

マカフィーはこれらの偽通知への対応も強化し、より安全なオンラインライフを実現する為に尽力しています。

偽ポップアップ通知に騙されないための簡単な対策

 

マカフィーのセキュリティソフトをすでにご利用の方は、セキュリティ機能を有効利用してリスクを最小化しましょう。多くのパソコンに搭載されているリブセーフとトータルプロテクションの体験版は、有料版と同じ機能が全て搭載されています。

  • 体験版はアンインストールしないでください。

  • 体験版期間後も(マカフィー製品以外でも)必ずセキュリティソフトをご利用してください。

マカフィーはこれらの偽通知への対応も強化し、より安全なオンラインライフを実現する為に尽力しています。

 

偽ポップアップ通知とは

偽のポップアップ通知とは、ネットサーフィン中にWebページに突然表示されるポップアップ通知(警告)のことです。多くの場合、ハッカーはユーザーを騙し て、システムへの通知の配信を許可させます。
偽のポップアップ通知の中には音が鳴るものもあり、音によってユーザーは困惑し、冷静な判断能力を奪われてしまいます。身に覚えのないポップアップ通知や警告文に惑わされて、偽のポップアップ通知の指示通りにボタンをクリックしてしまい、悪意のあるウェブサイトに飛ばされたり、怪しいアプリをインストールさせられたりする可能性があります。
以下は典型的な手口の流れです。

ウェブページ閲覧中に「通知」の許可を求める案内が表示され、「許可」を選択

ブラウザーを起動すると、デスクトップ通知に偽の警告等が表示

通知をクリックすると、不審なサイトに誘導

 

偽ポップアップ通知とは

偽のポップアップ通知とは、ネットサーフィン中にWebページに突然表示されるポップアップ通知(警告)のことです。多くの場合、ハッカーはユーザーを騙し て、システムへの通知の配信を許可させます。
偽のポップアップ通知の中には音が鳴るものもあり、音によってユーザーは困惑し、冷静な判断能力を奪われてしまいます。身に覚えのないポップアップ通知や警告文に惑わされて、偽のポップアップ通知の指示通りにボタンをクリックしてしまい、悪意のあるウェブサイトに飛ばされたり、怪しいアプリをインストールさせられたりする可能性があります。
以下は典型的な手口の流れです。

ウェブページ閲覧中に「通知」の許可を求める案内が表示され、「許可」を選択

ブラウザーを起動すると、デスクトップ通知に偽の警告等が表示

通知をクリックすると、不審なサイトに誘導

 

偽のポップアップ通知・警告の特徴と事例

 
  1. コンピューターがウイルスに感染した等の不安を煽る内容が表示される。
  2. 通知を許可したブラウザー名が表示される。
  3. 警告とは無関係のドメインが表示される。

通知を許可すると、すぐにメッセージが届くようになります。中には、1分おきに通知が来るサイトもあります。
不安感を煽ったり、何らかのアクションを強制したりするようなメッセージが画面上に表示された場合、偽の通知である可能性があります。

 

ポップアップ通知を無効化する

まず、ここに掲載されている代表的な画像は、ウイルス感染を示すものではありません。この問題を解決するために、ソフトウェアをアップデートしたり、購入したりする必要はありません。以下の簡単な解決方法をご覧ください。

  1. ポップアップ通知に表示されている通知元のサイト名を確認してください。それは、ブラウザー名の隣にあります。
  2. ブラウザーの設定の通知項目にアクセスします。
  3. 通知画面に表示されているURLを確認します。
  4. ブラウザーの通知で許可されている一覧で探し、通知メニューから「ブロック」を選択します。
 

Google Chromeの場合

 
  1. 画面右上のメニューボタン(縦に三つ・が並んでいるボタン)をクリックし、「設定」を選択します。
  2. 「設定」画面が表示されます。画面上部の「設定項目を検索」に、「通知」と入力します。
  3. 表示された画面から「サイトの設定」をクリックします。
  4. ベルのマークが表示されている「通知」項目をクリックします。
  5. 「許可」欄に覚えのない通知や怪しい通知が表示されている場合、詳細ボタン(縦に三つ・が並んでいるボタン)をクリックし、「ブロック」をクリックします。

Microsoft Edgeの場合

 
  1. 画面右上のメニューボタン(縦に三つ・が並んでいるボタン)をクリックし、「設定」を選択します。
  2. 「設定」画面が表示されます。画面左上部の「設定の検索」に、「通知」と入力します。
  3. 表示された画面から「通知」をクリックします。
  4. 「許可」欄に覚えのない通知や怪しい通知が表示されている場合、詳細ボタン(縦に三つ・が並んでいるボタン)をクリックし、「ブロック」をクリックします。

Fire foxの場合

 
  1. 画面右上のメニューボタン(三のようなボタン)をクリックし、「オプション」を選択します。
  2. 「オプション」画面が表示されます。画面上部の「オプションを検索」に、「通知」と入力します。
  3. 「許可設定」内の「通知」を探し、「設定」をクリックします。
  4. 覚えのない通知や怪しい通知が表示されている場合、「現在の設定」「不許可」に変更し、「変更を保存」をクリックします。
 
 

下の図はGoogle Chromeの場合

 

偽のポップアップ通知・警告の特徴と事例

 
  1. コンピューターがウイルスに感染した等の不安を煽る内容が表示される。
  2. 通知を許可したブラウザー名が表示される。
  3. 警告とは無関係のドメインが表示される。

通知を許可すると、すぐにメッセージが届くようになります。中には、1分おきに通知が来るサイトもあります。
不安感を煽ったり、何らかのアクションを強制したりするようなメッセージが画面上に表示された場合、偽の通知である可能性があります。

 

ポップアップ通知を無効化する

まず、ここに掲載されている代表的な画像は、ウイルス感染を示すものではありません。この問題を解決するために、ソフトウェアをアップデートしたり、購入したりする必要はありません。以下の簡単な解決方法をご覧ください。

  1. ポップアップ通知に表示されている通知元のサイト名を確認してください。それは、ブラウザー名の隣にあります。
  2. ブラウザーの設定の通知項目にアクセスします。
  3. 通知画面に表示されているURLを確認します。
  4. ブラウザーの通知で許可されている一覧で探し、通知メニューから「ブロック」を選択します。
  1. 画面右上のメニューボタン(縦に三つ・が並んでいるボタン)をクリックし、「設定」を選択します。
  2. 「設定」画面が表示されます。画面上部の「設定項目を検索」に、「通知」と入力します。
  3. 表示された画面から「サイトの設定」をクリックします。
  4. ベルのマークが表示されている「通知」項目をクリックします。
  5. 「許可」欄に覚えのない通知や怪しい通知が表示されている場合、詳細ボタン(縦に三つ・が並んでいるボタン)をクリックし、「ブロック」をクリックします。

 

  1. 画面右上のメニューボタン(縦に三つ・が並んでいるボタン)をクリックし、「設定」を選択します。
  2. 「設定」画面が表示されます。画面左上部の「設定の検索」に、「通知」と入力します。
  3. 表示された画面から「通知」をクリックします。
  4. 「許可」欄に覚えのない通知や怪しい通知が表示されている場合、詳細ボタン(縦に三つ・が並んでいるボタン)をクリックし、「ブロック」をクリックします。
  1. 画面右上のメニューボタン(三のようなボタン)をクリックし、「オプション」を選択します。
  2. 「オプション」画面が表示されます。画面上部の「オプションを検索」に、「通知」と入力します。
  3. 「許可設定」内の「通知」を探し、「設定」をクリックします。
  4. 覚えのない通知や怪しい通知が表示されている場合、「現在の設定」「不許可」に変更し、「変更を保存」をクリックします。
 

下の図はGoogle Chromeの場合

 

マカフィーによる正規の通知の例をご覧ください

  1. ご利用中の体験版や有償版の有効期限についてのご案内
  2. 契約の更新をお勧めしたり対策のご確認をご案内しますが、更新や購入の強制はしません。
  3. セキュリティの重要性や、脅威の動向についてご案内
  4. URLやドメインの記載はありません。
 

マカフィーによる正規の通知の例をご覧ください

  1. ご利用中の体験版や有償版の有効期限についてのご案内
  2. 契約の更新をお勧めしたり対策のご確認をご案内しますが、更新や購入の強制はしません。
  3. セキュリティの重要性や、脅威の動向についてご案内
 

マカフィーによる正規の通知の例をご覧ください

  1. ご利用中の体験版や有償版の有効期限についてのご案内
  2. 契約の更新をお勧めしたり対策のご確認をご案内しますが、更新や購入の強制はしません。
  3. セキュリティの重要性や、脅威の動向についてご案内
  4. URLやドメインの記載はありません。

 

被害を未然に防ぐための重要なヒント

最も簡単な方法は、通知許可を求める案内を注意深く見て、信頼できるサイトでのみ「許可」することです。 あるいは、通知の案内を完全に無効にすることです。

詐欺の手口は非常に巧妙です。危険を察知して素早くブロックしたり、じっくりと検討してから許可したりと、まずはすぐにできることから始めましょう。

何かが疑わしいと感じた場合は、送られてきたリンクをクリックするのではなく、ウェブのURLを手動で入力するなどして、確認しましょう。

 

被害を未然に防ぐための重要なヒント

最も簡単な方法は、通知許可を求める案内を注意深く見て、信頼できるサイトでのみ「許可」することです。 あるいは、通知の案内を完全に無効にすることです。

詐欺の手口は非常に巧妙です。危険を察知して素早くブロックしたり、じっくりと検討してから許可したりと、まずはすぐにできることから始めましょう。

何かが疑わしいと感じた場合は、送られてきたリンクをクリックするのではなく、ウェブのURLを手動で入力するなどして、確認しましょう。

 

マイアカウントから契約状況の確認

既に製品をご購入しご利用中のお客様は、マカフィーのマイアカウントからご契約内容をご確認ください。
ご契約内容をご確認いただく事で重複購入を防ぐ事ができます

ご契約内容の確認方法の詳細はこちらをご覧ください。

マイアカウントはこちら。

 

PCのスキャンを実行する

デバイスにインストールされた、トータルプロテクションやリブセーフ等のマカフィー製品を起動しスキャン機能を実行する事でデバイスがウイルス等に感染しているか、感染通知の真意をチェックすることができます。

ご使用の製品のバージョンによって手順が異なります。

 
  1. マカフィー製品を起動します。
  2. スキャンの実行を選択します。
  3. スキャン方法を選択してスキャンを実行します。
 

新バージョン

 
  1. マカフィー製品を起動します。
  2. 「パソコンをスキャンして脅威を検出」を選択、もしくは、「設定」→「スキャンの実行」を選択します。
  3. 「スキャンの実行」を選択します。
 

※定期的にスキャンを実施する為に、スケジュールスキャンを有効にする事を推奨します。

 

ウェブアドバイザーの機能を有効化する

ウェブアドバイザーとは、マカフィーのセキュリティ製品がインストールされている場合に提供される機能で、インターネットの閲覧や検索時にリンク先の安全性を事前にお知らせします。 下の手順を参考に、ウェブアドバイザーを有効にしてください。

ウェブアドバイザーの詳細はこちら。

  1. [Chrome] を開きます。
  2. 右側に表示されている、横棒が 3 本重なったメニュー アイコンをクリックします。
  3. [設定][拡張機能] の順に選択します。
  4. マカフィーウェブアドバイザーまたはサイトアドバイザー[有効] チェックボックスを選択します。
  1. [Firefox] を開きます。
  2. 右側に表示されている、横棒が 3 本重なったメニュー アイコンをクリックします。
  3. [アドオン] を選択します。
  4. マカフィーウェブアドバイザーまたはサイトアドバイザーの横にある [有効化] をクリックします。
  1. [Internet Explorer] を開きます。
  2. [ツール] メニューをクリックし、[アドオンの管理] を選択します。
  3. マカフィーウェブアドバイザー アドオンまたはサイトアドバイザー アドオンを選択して [有効にする] をクリックします。
  1. [Microsoft Edge] を開きます。
  2. 右側に表示されている、横棒が 3 本重なったメニュー アイコンをクリックします。
  3. [拡張機能]を選択します。
  4. マカフィーウェブアドバイザーまたはサイトアドバイザー[有効] チェックボックスを選択します。

 

マイアカウントから契約状況の確認

既に製品をご購入しご利用中のお客様は、マカフィーのマイアカウントからご契約内容をご確認ください。
ご契約内容をご確認いただく事で重複購入を防ぐ事ができます

ご契約内容の確認方法の詳細はこちらをご覧ください。

マイアカウントはこちら。

 

PCのスキャンを実行する

デバイスにインストールされた、トータルプロテクションやリブセーフ等のマカフィー製品を起動しスキャン機能を実行する事でデバイスがウイルス等に感染しているか、感染通知の真意をチェックすることができます。

ご使用の製品のバージョンによって手順が異なります。

 
  1. マカフィー製品を起動します。
  2. スキャンの実行を選択します。
  3. スキャン方法を選択してスキャンを実行します。
 

新バージョン

 
  1. マカフィー製品を起動します。
  2. 「パソコンをスキャンして脅威を検出」を選択、もしくは、「設定」→「スキャンの実行」を選択します。
  3. 「スキャンの実行」を選択します。

※定期的にスキャンを実施する為に、スケジュールスキャンを有効にする事を推奨します。

 

ウェブアドバイザーの機能を有効化する

ウェブアドバイザーとは、マカフィーのセキュリティ製品がインストールされている場合に提供される機能で、インターネットの閲覧や検索時にリンク先の安全性を事前にお知らせします。 下の手順を参考に、ウェブアドバイザーを有効にしてください。

ウェブアドバイザーの詳細はこちら。

 

Google Chromeの場合

 
  1. [Chrome] を開きます。
  2. 右側に表示されている、横棒が 3 本重なったメニュー アイコンをクリックします。
  3. [設定][拡張機能] の順に選択します。
  4. マカフィーウェブアドバイザーまたはサイトアドバイザー[有効] チェックボックスを選択します。

Fire fox の場合

 
  1. [Firefox] を開きます。
  2. 右側に表示されている、横棒が 3 本重なったメニュー アイコンをクリックします。
  3. [アドオン] を選択します。
  4. マカフィーウェブアドバイザーまたはサイトアドバイザーの横にある [有効化] をクリックします。

Internet Explorer の場合

 
  1. [Internet Explorer] を開きます。
  2. [ツール] メニューをクリックし、[アドオンの管理] を選択します。
  3. マカフィーウェブアドバイザー アドオンまたはサイトアドバイザー アドオンを選択して [有効にする] をクリックします。

Microsoft Edgeの場合

 
  1. [Microsoft Edge] を開きます。
  2. 右側に表示されている、横棒が 3 本重なったメニュー アイコンをクリックします。
  3. [拡張機能]を選択します。
  4. マカフィーウェブアドバイザーまたはサイトアドバイザー[有効] チェックボックスを選択します。

 

その他お役立ちコンテンツも是非ご覧ください。

マカフィーブログ
セキュリティエキスパートによる、セキュリティに関する有意義なコンテンツを配信しております。

マカフィーサポート
日本人スタッフによる、チャットと電話での丁寧なサポートを365日ご提供しております。

マカフィーは、これからも皆様により安全なオンライン環境をご提供すべく、日々尽力いたします。

 

その他お役立ちコンテンツも是非ご覧ください。

マカフィーブログ
セキュリティエキスパートによる、セキュリティに関する有意義なコンテンツを配信しております。

マカフィーサポート
日本人スタッフによる、チャットと電話での丁寧なサポートを365日ご提供しております。

マカフィーは、これからも皆様により安全なオンライン環境をご提供すべく、日々尽力いたします。