Loading...

ファイアウォールとは?

ファイアウォールとは、インターネット経由で送られてくる情報をフィルタリングし、検査するソフトウェアプログラムまたはハードウェアデバイスを指します。ファイアウォールは、被害を及ぼす恐れがある不正なプログラムや攻撃がネットワークや情報にアクセスすることを未然に阻止するため、第一段階の防御と言えます。

ファイアウォールの種類は 1 つではありません。自宅でも外出先でも最適な保護を手に入れるためには、ハードウェアファイアウォールとソフトウェアファイアウォールの違いを理解することが大切です。

ハードウェアファイアウォールとは何ですか?

 

ハードウェアファイアウォールは、一部のルーターに搭載されているファイアウォールです。ハードウェアに組み込まれているため、設定はほとんど必要ありません。このタイプのファイアウォールは、そのルーターのネットワークに接続されるコンピューターなどあらゆるデバイスのトラフィックを監視するため、たった 1 つの機器で、すべてのデバイスへのアクセスを選別できます。

ハードウェアファイアウォールは、スマート空調やスマート照明など、モノのインターネット(IoT)には欠かせないセキュリティです。これらの新型デバイスのセキュリティ機能は脆弱なことがあり、ネットワークが脆弱のままになりかねませんが、ハードウェアファイアウォールは、このようなセキュリティレベルの低下を防ぐことができます。

ハードウェアファイアウォールを設定するには、ホームルーターやゲートウェイに搭載されているものを使用します。詳しいセットアップ方法については、ルーターに同梱のマニュアルを調べてみてください。インターネットで検索してもすぐに見つかるはずです。

ただし、ハードウェアファイアウォールは、家の中にいる場合にしか保護してくれません。カフェや外出先でパソコンを使用する場合は、ソフトウェアファイアウォールでのデバイスの保護対策を検討しなければなりません。

ソフトウェアファイアウォールとは何ですか?

ソフトウェアファイアウォールは、外出先でデバイスを保護するのに役立ちます。コンピューターなどのデバイス上でプログラムを実行し、不正なプログラムがコンピュータに影響を及ぼす前に侵入を阻止できるようにネットワークのトラフィックを厳しく監視します。

推奨されるファイアウォール

 

マカフィー® リブセーフ のファイアウォールをお奨めします。このプログラムによって、お客様は、デバイスに対する保護対策を行って、ハッカーによるホームネットワークシステムへのアクセスをブロックできるようになります。送受信両方のトラフィックをフィルタリングする双方向のファイアウォールと、あらゆるデバイスや、ID、データに向けた保護対策によって、自宅だけでなく、外出先でもお客様を守ります。

とはいえ、ファイアウォールによる保護対策はあくまで第一段階の防御です。データとデバイスを守るためには、以下のような対策も行うのが良いでしょう。

  • 知らない人から届いたリンクをクリックしたり、添付ファイルを開かないようにしましょう。知らずに、デバイスへのアクセスを許してしまう可能性があります。
  • 家庭に新たに持ち込まれたインターネット接続機器は、どれも攻撃経路となりうることを認識しましょう。デフォルトのパスワードは必ずリセットし、メーカーからのアップデートを適用して常にデバイスを最新状態に保ってください。

ご自身やご家族のための最適なファイアウォールを見つけてインストールすることに加え、これらの対策を行えば、データやデバイスのセキュリティを一歩先へ進めることができます。