ウイルス情報

ウイルス名 危険度

Downloader-CJX

企業ユーザ: 低
個人ユーザ: 低
種別 トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
6040
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
6043 (現在7659)
対応エンジン 5.4.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
別名 TR/Dldr.Gaat.B [Avira]W32.Changeup [Symantec]W32/Autorun-BFG [Sophos]Win32/AutoRun.VB.RD [Nod32]Worm.Win32.VBNA [Ikarus]Worm.Win32.VBNA.aitt [Kaspersky]Worm:Win32/Vobfus.R [Microsoft]
情報掲載日 2010/07/15
発見日(米国日付) 2010/07/10
駆除補足 ウイルス駆除のヒント
概要 ウイルスの特徴 感染症状 感染方法 駆除方法

概要

・Downloader-CJXは、実行されると、さらに悪質なコンポーネントをWebからダウンロードしてターゲットマシンにインストールするダウンローダ型トロイの木馬です。

・ファイル名、アクセスされるURL、ダウンロードされるファイルなどの特徴は攻撃者の設定によって異なります。よって、ここでは一般的な特徴を説明します。

TOPへ戻る

ウイルスの特徴

・実行時、以下のファイルを作成します。

  • %UserProfile%\mbvoj.exe [Downloader-CJXという名前で検出]
注:
  • 上記の場所にドロップ(作成)されるDownloader-CJXのMD5は、Downloader-CJXが実行されるたびに変わります。
  • %UserProfile%は可変の場所で、ユーザプロファイルのフォルダを指しています(例:C:\Documents and Settings\[カレントユーザ](Windows NT/2000/XP))。

・また、挿入されたUSBメモリに自身のコピーとこの実行ファイルを指す複数の.lnkファイルをドロップします。既存のフォルダがランダムに選択され、隠しフォルダにされます。また、既存のフォルダを模倣するため、フォルダアイコンを使って.lnkファイルが作成されます。

・以下のレジストリ項目を作成します。

  • Hkey_Current_User\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run
    データ: "mbvoj.exe" = "%userprofile%\mbvoj.exe"

・上記のレジストリ項目により、Windowsの起動時にDownloader-CJXが実行されるようにします。

  • Hkey_Current_User\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced
    データ: "ShowSuperHidden" = 00, 00, 00, 00

・上記のレジストリ項目により、隠しファイルとフォルダがWindowsエクスプローラに表示されないようにします。

・以下のURLに接続し、さらなるマルウェアをダウンロードしようとします。

  • ns1.thepicture[削除].net
  • bert[削除].com

TOPへ戻る

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。

  • 上記のファイルおよびレジストリ項目が存在します。
  • 上記のドメインへの予期しない接続が存在します。
  • リムーバブル、固定ドライブのルートに以下のautorun.infファイルが存在します。

TOPへ戻る

感染方法

・Downloader-CJXはネットワーク共有、リムーバブルデバイスに自身と「Autorun.inf」をコピーして拡散します。

・感染ファイルを手動で実行、あるいは感染ファイルが格納されたフォルダを開くと、「Autorun.inf」ファイルで自動実行が開始され、感染します。

・また、Downloader-CJXに利益がある、あるいは欲しいと思わせて受け取らせる可能性があります。最も一般的なインストール方法は、システムやセキュリティを悪用し、疑いを持たないユーザに手動で未知のプログラムを実行させることです。電子メール、悪質な、またはハッキングされているWebサイト、IRC(インターネットリレーチャット)、ピアツーピアネットワークなどを通じて配布されます。

TOPへ戻る

駆除方法

■最新のエンジンとウイルス定義ファイルの組み合わせで、検出・駆除してください。McAfee Labs は、見慣れたもしくは安全に見えるファイルアイコン(特に、ユーザーがファイルを共有できるP2Pクライアント、IRC、E-mailまたはその他のメディアから受け取ったファイルを)を信用しないことを推奨します。

Windows ME/XPでの駆除についての補足

TOPへ戻る