製品情報
導入事例
サービス
サポート
ダウンロード
セキュリティ情報
 
- 最新ウイルス一覧
- ウイルス検索
- 駆除ツール
- Daily DATリリースに関するFAQ
- ウイルス絵とき理解
- ウイルス画像事典
- ウイルス解析依頼
- ウイルス用語集
- ウイルスの危険度格付け
- セキュリティ対策のヒント
パートナー
会社案内
個人のお客様
中堅・中小企業のお客様
企業のお客様
製品アップグレード
評価版
セミナー・イベント
キャンペーン
サポートQ&A
お問い合わせ
Global Sites:
Home → セキュリティ情報 → ウイルス情報:D
ウイルス情報
ウイルス名危険度
Downloader-AYY
企業ユーザ: 低[要注意]
個人ユーザ: 低[要注意]
種別トロイの木馬
最小定義ファイル
(最初に検出を確認したバージョン)
4879
対応定義ファイル
(現在必要とされるバージョン)
5043 (現在7558)
対応エンジン5.1.00以降 (現在5600) 
エンジンバージョンの見分け方
情報掲載日2007/06/01
発見日(米国日付)2006/10/23
駆除補足ウイルス駆除のヒント
概要ウイルスの特徴感染症状感染方法駆除方法
セキュリティ情報

最新ウイルス一覧へ >>
最新ウイルス
09/10RDN/Generic ...
09/10RDN/Generic....
09/10RDN/Generic....
定義ファイル・エンジンの
ダウンロード!
  定義ファイル:7558
 エンジン:5600
 
ウイルス検索
 


概要TOPに戻る

・Downloader-AYYはRTF形式の文書の埋め込みオブジェクトとして配信されます。RTF形式の文書を開くと、添付のオブジェクトを開くよう誘導されます。オブジェクトは悪意のないPDFファイルに名前が変更されている場合があります。・このオブジェクトは実際にはダウンローダの実行ファイルです。

ウイルスの特徴TOPに戻る
-- 2007年5月30日更新 --

・以下のWebサイトで注目されたため、危険度を[低(要注意)]に変更しました。

http://www.pcmag.com/article2/0,1895,2138989,00.asp
--

・Downloader-AYYの動作は以下の画像のとおりです。RTFに埋め込まれているファイルはPDFファイルのように見えますが、ファイルのプロパティを確認すると、orig_complaint.exeという名前が付けられています。ファイルをクリックすると、ダウンローダが実行されます。

・この種の脅威が拡大しており、最近、こちらのブログで紹介されました。

・Downloader-AYYは「%sysdir%\complaint_1234.exe」というファイル名で自身をコピーします。4桁の数字はランダムです。

・再起動時に再始動するため、以下のレジストリキーを追加します。

  • HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run\Nvt32: "%sysdir%\complaint_1234.exe"

・また、Internet Explorerにリモートスレッドを作成し、hxxp://correo.seas.es/ic[削除]からBackDoor-CEPの亜種をダウンロードします。

・ダウンロードされたファイルは「C:\complaint_docs.exe」という名前でディスクに保存されます。

以下の症状が見られる場合、このウイルスに感染している可能性があります。TOPへ戻る

・上記のレジストリキーおよびファイルが存在します。

感染方法TOPへ戻る

・ダウンローダはウイルスではなく、複製手段も組み込まれていません。しかし、パスワードスティーラが他のウイルスやトロイの木馬によってダウンロードされ、インストールされる場合はあります。

・さらに、これらの多くは作者によって大量送信され、人々にダブルクリックするように仕向けます。

・また、Webページを訪問することによって(リンクをクリック、またはユーザに通知せずにユーザのシステムにダウンローダをインストールするスクリプトをホストしているWebサイトによって)悪意のあるインストールされる場合もあります。

・Downloader-AYYはRTFファイルの埋め込みオブジェクトとして届きます。

駆除方法TOPへ戻る
■McAfee Labs は、常に最新のウイルス定義ファイルとエンジンの利用を推奨します。このウイルスは、最新のウイルス定義ファイルとエンジンの組み合わせで削除されます。

Windows ME/XPでの駆除についての補足