お子さんはソーシャルメディアを長時間利用していませんか?

親同士が集まるといつの間にか子どもとソーシャルメディアの話題で持ちきりになることがありませんか。ポストパンデミックにおいて、ソーシャルメディアの利用時間は特に気になる問題でしょう。どれくらいの利用時間が妥当なのか、いつ子どもに注意すべきか、どうすれば悪い習慣を改善できるか、ロックダウンで進んだデジタル化は長期的にどのような影響を与えるのか、といった疑問を多くの親が抱えています。

デバイス依存症

このような話題が上るのにはそれなりの理由があります。Common Sense Mediaのレポートによると、ティーンエイジャー(13歳から19歳)は、携帯電話を1日平均7時間22分利用しています。また8歳から12歳の子どもたちは、1日4時間44分利用しています。これに学業の時間は含まれていません。

JAMA Pediatricsに掲載された調査報告によると、パンデミック以降、10代の子どもがソーシャルメディアを利用する時間は1日7.7時間と倍増しています。これに加えて、毎日5~7時間のオンライン学習を行っています。また、Journal of Affective Disorders Reportsによると、子どもたち全体がメディアを利用する時間は、推奨される時間の3倍近くに及んでいます。

ソーシャルメディアは、パンデミック中に子どもたちが仲間とつながり、孤独感といった精神面の課題を克服するのに役立ち、子どもたちにとって重要なツールになりました。デバイス依存症といった悪習慣は、このようなメリットとともに進行していったのかもしれません。

利用時間の見直し

ソーシャルメディアが子どもに与える影響については議論が続いており、調査方法も進化しています。しかし、使いすぎると害をもたらす恐れがあるということは確実に言えます。ソーシャルメディアは、利用時間が長すぎると、睡眠不足、体調不良、学業不振を招く恐れがあります。また、調査結果によると、ヘイトスピーチ、性的コンテンツ、ネットいじめ、他者との身体的・経済的な比較などにさらされると、子どもが精神衛生に支障をきたす可能性があることが明らかになっています。

親は家族の健康に支障が出てくると、その兆候に気が付くことでしょう。たとえば子どもが携帯電話を頻繁にチェックするようになるかもしれません。実際、数分おきに「いいね!」やコメントをチェックしないとパニックになる子どもがいます。深夜までTik Tockをやっているせいで、翌朝に目が赤くなったり、不機嫌になったりするかもしれません。テクノロジーが楽しみではなく苦痛を与えるようになると、情緒も不安定になります。

しかし、子どもたちのソーシャルメディアの利用習慣を見直すことは今からでも遅くはありません。

新しい習慣の確立

1. 小さな習慣から楽しく始めましょう。

ベストセラー『Atomic Habits』の中で、著者のJames Clear氏は次のように述べています。「悪い習慣を断ち切るということは、自身の中で育った巨木を根こそぎ抜くようなものです。良い習慣を身に付けるということは、繊細な花を一日一日育むようなものです」長期的な習慣を確立するには、子どもと率直に話し合い、子どもが楽しめるようにする必要があります。苦痛を感じさせてはいけません。ソーシャルメディアの利用時間を数時間減らすことが目標であれば、その数時間を楽しい時間に変えてあげます。一緒に食事を作ったり、家の中にアート空間を作って作品を創造したりしてもよいでしょう。

2. デバイスの利用時間の制限を検討しましょう。

スマホやデバイスの明るい画面(およびデバイスが発するブルーライト)は、睡眠サイクルや脳/メラトニンに長期的に作用し、心身の健康に連鎖的な悪影響を与える可能性があります。就寝の少なくとも15~30分前に電源を切る(または使用を制限する)ことで、テクノロジーが及ぼす悪影響や就寝時のデバイスの利用を防止できます。アクセス制限ソフトの購入を検討してもよいかもしれません。家族で話し合い、全員が納得したうえで制限時間を決めましょう。ビジネス、教育、娯楽など、家族がどのような用途でデバイスを利用しているのか調べておきましょう。

3. 気持ちを尊重したメディアの利用を奨励しましょう。

利用時間を大幅に減らそうとする前に、子どもがどのようにソーシャルメディアと時間を過ごしているのか知りましょう。ただ何となく過ごしているのでしょうか、それとも意識的に取り組んでいるものがあるでしょうか。何かを創ったり、学習しているのでしょうか。誰かとコミュニケーションを図っているのでしょうか。他人と比較して自分にがっかりしているのでしょうか。家や学校での役割に悩んでいるのでしょうか。投稿やリプライに怯えているのでしょうか。子どもは一人ずつ異なっており、ネットでの体験もさまざまです。子どもたちがソーシャルメディアの利用中にどのように感じ、何を考えているのか、しっかり話し合ってみてください。

4. 子どもたちに事実を理解してもらいましょう。

利用時間を減らすように子どもに提案する際、使いすぎが原因でもたらされる弊害を説明しましょう。ソーシャルメディアのメリットを活用しながら、バランス良く運動、対面での人間関係、目標設定、創造的活動、マインドフルネス、自己省察なども促す必要があります。

子どもがソーシャルメディアの習慣を自ら管理して修正できるようにするためには、子どもが起きてから就寝するまで家族がサポートする必要があります。最も重要なことは、オープンで率直なコミュニケーションを頻繁かつ継続的に行うという点です。これにより、周りの友達とソーシャルメディアの両方と健全な関係を築けるようになるでしょう。

FacebookLinkedInTwitterEmailCopy Link

Stay Updated

Follow us to stay updated on all things McAfee and on top of the latest consumer and mobile security threats.

FacebookTwitterInstagramLinkedINYouTubeRSS

More from Consumer

Back to top