家族のプライバシーを脅威にさらす7 つのデジタルライフの行動

現在、私たちの日常生活とテクノロジーは密接に結び付いています。今では当たり前となった安定的な通信環境を利用し、私たちは気軽にインターネットを用いた生活を送っています。けれども、あまりにこのようなデジタル社会に慣れてしまったために、サイバー犯罪者がデータを盗み出せるような状況を作り出してはいないでしょうか。

「デジタルファーストの考え方」に、固有のリスクが伴うのは当然のことです。在宅勤務や遠隔学習への移行が進んだことで、私たちの生活はより長期にわたるサイバー犯罪の増加に直面しています。そのため、新たな心構えで新しいスキルを獲得することが必要となります。では、変化に対応する際に、あなたが取るべき最初の手順は何でしょうか。もしあなたの家族によくない習慣があれば、改善することをお勧めします。あなたがご家庭で確認すべき7つの危険な行動についてご紹介します。

7 つの危険なデジタルライフの行動

1.オンラインで必要以上に情報を公開している: オンラインで個人情報を必要以上に共有することは、悪意のある人がオンラインで簡単に情報を入手できることを意味します。犯罪者たちは、断片的な個人情報をつなぎ合せることでターゲットとしている人物を特定したり、場合によってはさらに深刻な事態を引き起こします。ご家族を安全に守るためのヒント: ご家族には、個人情報 (氏名、家族の名前、市区町村、住所、学校名、課外活動、ペットの名前など) をオンライン上に投稿しないようにアドバイスしましょう。また、次のような習慣を身に付けるようにしてください。a)ソーシャル メディアのプロフィールを非公開に設定する、b) ソーシャルメディアの個人情報 (プロフィール、コメント、必要以上の情報を含む説明文) を定期的に精査する、c) 友達リストを定期的に編集し、よく知っている信頼できる人物のみにする。

2.パスワードの管理が面倒だと感じている: 毎日いそがしくてパスワード管理まで手が回らない。その気持ち、よくわかります。しかし、パスワードは重要です。玄関の鍵が日々の生活を安全に守っているように、パスワードはあなたのデジタル ライフを安全に保護します。ご家族を安全に守るためのヒント: オンラインセキュリティを強化しましょう。多要素認証を使用してユーザー認証を保護し、個人データやすべての家族用デバイスを保護してください。パスワード マネージャー、ウイルス対策とマルウェア対策を含む総合的なソフトウェアの追加も検討してください。このレベルの保護により、ご家族のオンライン セキュリティが強化され、安心してインターネットを利用することができます。

3.気軽に公共 Wi-Fi を利用している: 公共Wi-Fiは簡単に利用できます。家族旅行の際にオンラインで買い物をしたり、納期に間に合うように外出先で仕事をしている時には、機密文書を送信したりすることもあるかもしれません。公共 Wi-Fi は簡単かつ高速ですが、サイバー犯罪者が狙いやすいセキュリティの欠陥も多く存在することを忘れてはいけません。ご家族を安全に守るためのヒント: 公共 Wi-Fi 接続を使用してやり取りをする必要がある場合は、マカフィー トータル プロテクションの利用を検討してください。ウイルス対策や安全な閲覧機能、セキュア VPN も含まれています。

4. 未検証のアプリを多く所有している: 私たちはさまざまなアプリを愛用していますが、すべて信頼できるアプリでしょうか。残念ながら、セキュリティとプライバシーに関して言うと、アプリは非常にリスクが高いことで知られています。アプリのテクノロジーの進化に伴い、信頼できるものを見分けるのが難しくなってきています。では、どうしたらいいのでしょうか。ご家族を安全に守るためのヒント: いくつかの方法をご紹介します。a) アプリの権限を再確認しましょう。アプリにアクセスを許可する前に、共有を求められている情報が本当にこのアプリに必要な情報かどうか、ご自身に問いかけてください。一般的にアプリがデータへのアクセスを要求することはありません。b) アプリを検索してセキュリティ レベルを確認し、今までにデータ侵害があったかどうかを確認してください。c) ユーザー レビューを読むようにしてください。d) 休止中のアプリや使用されていないアプリをスマートフォンから定期的に削除するようにしましょう。スマートフォンとノート PC の両方で実行することが重要です。e) 不正なアプリや複数のオンライン詐欺につながる不審な活動がないかどうか、ご自分の口座情報などを確認してください。

5. オンラインが快適で気が緩んでいる: データ漏洩、金銭的な詐欺、なりすまし詐欺などは、あなた自身やご家族には起こらないと考えていませんか。もしそう考えているなら、少し気が緩んでいるかもしれません。デジタル習慣の強化には、継続的に取り組む必要があります。以前より注意深かった意識が緩んでしまったのであれば、再び気を引き締めることが必要です。ご家族を安全に守るためのヒント: プライバシーに対して最も脆弱な領域のひとつは、お子様のソーシャル メディアかもしれません。お子様が必要以上に情報を共有していたり、不正なアプリをダウンロードしたり、不審な人物とオンラインでやり取りしたりしている場合があります。定期的にお子様のオンライン活動をモニタリングすることを検討してみてください (ただし、お子様に付きまとったり、のぞき見したりせずに)。デバイスを実際に手に取って新しいアプリを検証し、すべてのプライバシー設定が維持されていることを確認しましょう。

6. 家族で統一されたセキュリティ方針がない: ご家族の方がそれぞれ 3 つのデバイスを持っている場合、そこには数え切れないほど多くのセキュリティ上の欠陥が存在します。このような欠陥を補うには、家族で統一された方針が必要です。ご家族を安全に守るためのヒント: a) ご家族で時間をとって、それぞれが従うべきセキュリティ要件の基本について話し合いましょう。b) IoT デバイス、スマートフォン、ゲーム システム、タブレット、おもちゃなどテクノロジー製品のリストを作成します。c) 「犯罪や攻撃を未然に防ぐ」ようにします。お子様にとっては難しい課題です。時間をとって一緒にパスワードを変更してプライバシー設定を確認し、友達リストを見直します。積極的なセキュリティ対策を講じた場合には、それに対して相応の「ごほうび」が出るような楽しめる仕組みを作りましょう。

7. 更新プログラムを無視している: 後回しにしている更新プログラムはありませんか。面倒に思えるかもしれませんが、更新プログラムの多くはセキュリティ関連です。そのため、表示されたら、すぐにインストールするのが賢明です。ご家族を安全に守るためのヒント: 新しい更新プログラムをインストールするたびにパスワードを変更するようにしましょう。

テクノロジーは進化し続け、日々、ご家族に特別な機会をもたらしています。しかしユーザーの無頓着なセキュリティ習慣を悪用する攻撃者にも特別な機会をもたらします。今すぐその攻撃を阻止しましょう。より良いデジタル習慣を身に付けるために、新たな一歩を踏み出しましょう。

 

FacebookLinkedInTwitterEmailCopy Link

Stay Updated

Follow us to stay updated on all things McAfee and on top of the latest consumer and mobile security threats.

FacebookTwitterInstagramLinkedINYouTubeRSS

More from

Back to top