ライブ ストリーミングの危険性からお子さまを守る方法

ライブストリーミングアプリは市場を急速に広げ、ソーシャルネットワーキングユーザーは世界中でいつでも、どこでも、誰とでも、つながることができるようになりました。  

ライブストリーミングとは、 スマートフォンなどを使用して、リアルタイムで数多くの人々に映像を送信することです。 今日最も人気のあるアプリには、Facebook Live、Periscope、LiveStream などがあります。他にも Instagram Live、YouTube、Meerkat など、さらに多くのアプリがあります。 アプリのほとんどが組み込みのユーザー コミュニティを提供しており、10代の若者たちの間で流行しています。そのため、ライブストリーミングの安全性に関する懸念が高まっています。 

このテクノロジーは確かに素晴らしいのですが、10 代とその少し前の年齢の子どもたち (ティーンとトゥイーン) に危険をもたらすことが明らかであることに気が付かれるでしょう。 親として、無視することができない危険性が潜んでいます。 

現在、プライバシーと不適切なコンテンツがこれらのアプリに関する主な懸念点とされています。 子供が Twitch のプラットフォームでビデオゲームをしながらライブストリーミングをすることは問題がなさそうに思えますが、チャット機能を使用して見知らぬ人とやり取りすることは問題を引き起こす可能性があります。

また当然のことながら、ライブストリームされた自殺の映像など、子供が不安になるような映像を目にする恐れを考えると、これらのテクノロジーがもたらす影響について厳しく見直す要素があることは十分に明らかでしょう。  

子どものオンラインでの楽しみは、結果的に、個人のプライバシー、安全性、精神衛生面を脅かす危険なことになる場合が多いことを思い知りました。 

私は、数時間かけてこれらの各種アプリについて調べました。 これらのテクノロジーに圧倒されました。 けれども数分後には、それぞれのアプリのテクノロジーに対する「驚嘆」はなくなりました。危険性が明らかになったからです。 

10 代やトゥイーンたちが自身をストリーミングして、短時間に大量配信していたり、ときには数時間にわたり配信していたりします。 子どもたちはそこで何をしているのでしょう。 特に何をしているというわけではなく、ただ当てもなく時間を過ごしています。 自身のライブ プロファイルをクリックする通りすがりのユーザーからの質問に回答しているということです (ここでは、お気に入りやファンを獲得することで、配信者ランキングの順位を上げたりトレンドに乗ることを目標としています)。 中には、歌を披露している子供、踊りを披露している子供、自分の体形を自慢する子供などもいます。 見知らぬ人と秘密を共有して、制限なくチャットしている子どももいます。 私が目にしたユーザーのほとんどは、12 歳から 18 歳のようでした。 

複数のトゥイーンや 10 代の少女たちが、携帯電話を前に、ベッドにゆったりと横になって誘いかけるような態度で話をしている映像を目にしても、驚くことではありませんでした。 

多くの子どもたちは 1 人で自宅におり、監視されていませんでした。 なぜわかったかというと、 チャット上のユーザーが、子どもたちが家に 1 人でいるのかと尋ね、子供たちがそうだと答えていたからです。 また子供たちは、年齢、通っていた学校、居住場所 (本人を特定したり、ストーカーしたりすることに使用される可能性のある個人情報すべて) について質問されると、それらに答えていました。 

これらのアプリが、ネットいじめ、不適切なコンテンツ、性犯罪者などを引き起こす原因につながっているのが現状です。 公平のために言うと、これらのアプリはトゥイーンや10代の子供たちが使用する目的で設計されておらず、アプリの使用条件にその内容が明確に述べられています。 けれども、多くの子どもたちがこのアプリにアクセスし、見たり、見せたりして、デジタル上で「いいね」を獲得して、格好よく最新の方法で仲間とつながることを望んでいます。 衝撃的なコンテンツを見つけることが子供たちの目的ではないと考えられるため (最終的には見つけてしまう可能性がある)、時間をかけてホーム画面を確認し、必要な話し合いをするようにしてください。 

家族で話し合うべき論点: 

アプリの良い点について話します。 常に良い点から始めるようにしてください。 お子さまとライブ ストリーミングの魅力について話し、友達がアプリを使っているのを見てどのようなポジティブな気持ちが生まれるのかを尋ね、コメント機能に対する意見を聴いてください。 これらのアプリを最新のテクノロジーとともに使用すると、どのようなよいことがあるのかについてお話しください。 潜在的な危険性について話し合います。お子さまやその友達がアプリを使用した場合に起こり得る良くないことについて、お子さまの考えを聞いてください。 いずれかのアプリをお子さまと一緒に使用して、10 代の配信を覗いてみます (クリーンな場合)。 配信者が共有しているコンテンツの種類、環境、服装に潜在的な危険性があるかどうかをお子さまに尋ねてください。 コメント欄も確認して、口調、意図、思いやりについて話し合ってください。 悪い言動、意地悪な言動はもちろん、良い言動についても話し合うようにしてください。 

  1. 例外について話します。学校のサッカーの試合、誕生日、プロムなど特別なイベントを配信する友達がいる場合は、個々の場合に応じて、いずれかのアプリを使用するというのも選択肢のひとつです。 
  2. プライバシーについて話します。10代の子供にライブストリーミングアプリの使用を許可する場合は、プライバシーと著作権について必ず話し合うようにしてください。 映画、コンサート、スポーツ イベント、有料イベントは、いずれも権利所有者がいるため、共有すべきものではありません。 また、配信を行う前に同じ室内にいる他の人の許可を必ず得ること、著作権がある芸術作品や音楽が配信に含まれる可能性があることを認識するよう伝えてください。

    その上で、お子さま自身のプライバシーの保護について話してください。 オンラインでは機密情報 (正確な位置情報や個人情報など) を非公開に保持することの重要性について言及する必要があります。 

  3. 保護者機能を使用します。 Twitch などの一部のライブストリーミングサービスでは、保護者機能を提供しており、子供たちが目にする可能性のあるコンテンツの種類を調整することができます。可能な場合は、これらの設定を有効にするようにしてください。 

 

さらなる安全を確保するにはマカフィー トータルプロテクション – 家族向け セーフファミリーを使用すると、お子さまが安全な環境で Web サイトやアプリを楽しめるようになります。  

 

モバイルセキュリティのヒントと傾向についてもっと知りたい方は、 Twitter で @McAfee_Home をフォローして、Facebookで「いいね」を押してください。 

 

FacebookLinkedInTwitterEmailCopy Link

Stay Updated

Follow us to stay updated on all things McAfee and on top of the latest consumer and mobile security threats.

FacebookTwitterInstagramLinkedINYouTubeRSS

More from マカフィー Blog

Back to top