スティーブ・グロブマン

スティーブ・グロブマン

シニア バイス プレジデント兼最高技術責任者

スティーブ・グロブマンは、McAfee のシニア バイス プレジデント兼最高技術責任者 (CTO) です。 小型のコンピューティング機器や世界中のインフラを保護するテクノロジの開発で技術的な戦略と方向性を決めています。 McAfee Labs、研究開発、脅威調査、McAfee 内部のセキュリティ組織などの数千人の技術専門家を率い、McAfee のイノベーションを推進しています。 これらのチームは相互に連携し、企業と個人の資産を保護する強力で洗練されたサイバーセキュリティ ソリューションを提供しています。

McAfee の前は、Intel Corporation で 20 年以上にわたりサイバーセキュリティ関連の技術部門をリードしてきました。この間、Intel Fellow にも任命されています。McAfee が Intel の傘下だった間は McAfee の CTO を務めていました。

信頼できるサイバーセキュリティのアドバイザーとして、業界やメディアでもよく知られた存在です。 共著の『The Second Economy: The Race for Trust, Treasure and Time in the Cybersecurity War』など、数多くの技術論文や書籍を執筆し、業界の主要なイベントで講演を行っています。 また、米国国内の特許と国際特許を合わせて 24 個取得しています。 グロブマンは、ノースカロライナ州立大学でコンピューター サイエンスの学士号を取得しています。