Chinese

Chinese 日本語 Consumer Languages

“リベンジ ポルノの被害者にならないために”

つらい別れの後、振られてしまった恋人は、アイスクリームを思う存分食べたり、思い切り泣き叫んだり、元恋人の恥をさらしたりなどして気分を晴らそうとする場合があります。 テクノロジーが普及したこの時代では、復讐心を持つ人たちの最新手段は、一般に「リベンジ ポルノ」として知られています。 これは、ソーシャル メディア、ブログなどの Web チャネルで共有された元恋人の露骨な内容のコンテンツ (一般的には画像や映像) を指す総称です。 幸いにも、現在ではほとんどの州で懲役や罰金を科せられる対象となっています。    この現象は、モバイル デバイスの普及と共に増加しています。 デバイスによって、インターネット上で恋人同士の仲睦まじい写真や映像を簡単にやりとりできます。ただし、恋愛が悪い方向に転じると、これが裏目に出ます。     実際に、2017 年の調査によると、ソーシャル メディア ユーザーの 8 人のうち 1 人が、いわゆる「合意を得ていないポルノ」の標的になっており、高い割合で、リベンジ ポルノが女性や 10 代の若者に影響を与えていることがわかりました。    これは、13~18 歳の若者の 約 4 分の 1 および若年層の 3 分の 1 が何らかの形でヌード セクスティング (性的なメッセージの送受信) に関与していることを考えると、驚くべきことではありません。    多くの場合、想定外の受信者がデバイスへのアクセスを取得した場合に起こりうる問題などは考慮せずに、モバイル デバイス上で写真や映像が共有されています。 たとえば、テキストメッセージ経由で送信されたり、ソーシャルメディアアプリで共有された画像や映像は、受信者がそれらを自分のデバイスにダウンロードしている場合、送信者が削除しても、この世に残り続けます。 スクリーン ショットさえあれば、恋愛がこじれた場合には特に、送信者が望むよりもはるかに永久的に画像が残り続けます。    マカフィーの過去の研究によると、10人に1人が、元恋人からインターネット上にわいせつな画像を投稿するとの脅迫を受けたことがあり、そのうち60%近くが実際に投稿されたということがわかっています。     さらに、腹を立てている元恋人がかつての恋人の写真や映像を暴露するために特化された ...

Chinese 日本語 Consumer Languages

10 代の子どもから携帯電話を取り上げても効果がないことの理由

トゥイーンまたはティーンの親であれば、ルールを設定してそのルールを最後まで守り遂げることの大変さをご存じだと思います。 基本ルールを設定するために一生懸命取り組んでも、子どもたちは大人への苦難の道を逸脱したり、飛び越えてしまったりします。  多くの親であれば、最初に思いつくのは、子どもたちが大好きなものを制限することです: それは携帯電話です。 ただし、このアプローチにはいくつかの問題があります。  まず、子どもとの即時コミュニケーションに依存するようになった今、子どもから携帯電話を奪うことは、親にとっても厳しいことです。 また、運転できる年齢の 10 代の子どもが自宅から出掛ける場合、携帯電話があることで家族の動態に安心感を与えます。  2 つめのハードルは、携帯電話の有無にかかわらず、ほとんどの 10 代の若者には代替のコミュニケーション グリッドがあるため、電話を取り上げられても大した問題にならないと言うことです。  (誤解のないようにお伝えすると、この投稿は、「子どもたちに反対する」投稿でもなく、「子どもたちを出し抜く」戦略でもありません。単純に、日々の子育てにおける意思決定に影響を与え、情報を提供する可能性のあるちょっとした現実の厳しさに関することです。)  子どもが携帯電話がなくても、ソーシャル ライフを維持できるいくつかの方法を以下に示します。  ラップトップまたはパソコン. 現在、多くの学校では子どもがオンラインで課題を取得する必要があるため、宿題をするという目的で、子ども自身のラップトップや、家族のパソコンへのログオンを求めることがあるでしょう。 仕方のないことですよね? このときに、ひそかにお気に入りのアプリにログインし、休みなく友達と話します。  ソリューション: 宿題をする時間をモニターしてください。   iPad およびタブレット。また、子どもは iPad やタブレットを使用して課題を読んだり、課題をすることも求めます。 学習から切り離すことはできませんよね? それは間違っています。 子どもたちは、お気に入りのソーシャル アプリや Kik および Viber などのチャット アプリを再びダウンロードすることができます (親がアプリの知識がまったくないことを願いつつ)。 ソリューション: 宿題の時間とテレビを観る時間をモニターしてください。  借りた携帯電話。お子さまがまるで 10 代のテクノロジー マフィアの一員のようなことを言うのは嫌ですが、子どもたちは理由あって古い携帯電話を保持しています。 古いiPhoneやAndroidには電話サービスがない場合もありますが、デバイス上のソーシャルアプリやテキストメッセージアプリは、Wi-Fiで引き続き使用することができます。 次の 10 代の若者がわたしに言ったように、「私たちはみんな、誰かが携帯電話を取り上げられた場合に備えて、携帯電話を保持しています」  ソリューション: 先回りして対処してください。 お子さまに携帯電話を借りたかどうかを尋ねるか、不正なデバイスがないかバックパックを確認してください。   ゲーム システム、スマート テレビ、スマート スピーカー。 ゲーム システムには、子どもがいつも使用するチャット機能とメッセージング機能があります。 また、ソーシャル メディアとテレビは重複しているため、子どもは、ほとんどのテレビを使用して携帯電話で入手しているアプリにアクセスできるようになりました。子どもは知っていても、一部の親はこれに気付いていません。 お使いのテレビが「スマート (Wi-Fi アクセスがある)」ではない場合、子どもたちは Amazon Fire のようなスマート スティックを借りて、HDTV にフックしてスマート テレビに変えることができます。 スマート デバイスと言えば、Amazon の Echo や Google Home などのスマート スピーカーを忘れないようにしてください。 子どもは、それらを使用してテキストに変換することもできるようになりました。  ソリューション: 1) テレビのネットワーク設定でパスワード保護をしてください 2) メディアをモニターしてください 3) 携帯電話に加えすべてのメディアを取り上げてください。  プライベート メッセージング。 投稿面では何も活動がないように見えます。 確認したところ、お子さまは Facebook、Instagram、Twitter に投稿しておらず、親が携帯電話を持っているため、SnapChat や TikTok は使用できないはずですよね? そうでもないのです。 お子さまが前述のデバイスのいずれかを使用してアプリにログオンしている場合は、パブリック ストリームに投稿しない方が良いとわかっている可能性があります。 子どもがすることと言えば、自分のスマートフォンがないことをものともせず、コミュニケーションをとる代替手段としてプライベート メッセージング サービスを使用することです。 ソリューション: 宿題の時間とテレビを観る時間をモニターしてください。   つまり、お子さまのテクノロジーを取り上げる代替手段はありますか? 先に挙げた抜け道を把握しておけば、技術的な制限はあくまでオプションです (お子さまが親による対抗策に明らかに悩まされる場合でも)。 お子さまが 16 歳以上で、運転を好むのであれば、技術的な制限は常に最良のオプションです。  専門家も認める: 強力な基本ルールと同様に強力なコミュニケーションが最善のしつけをもたらします。 家族のルールが曖昧だったり、子どもが失敗したとき (すなわち、成績、責任、ふるまい) にのみ持ち出すようなルールである場合は、子どもは順調に物事を進めるのに苦労するでしょう。  お子さまが失敗を挽回するために、自信を持たせる機会を与えるようにしてください。 つまり、兄弟喧嘩などで 10 代の子どもに罰を与えるのではなく、関係を修復し、信頼を回復する方法を見つけるようにしてください。 子ども自身の行動に責任を持たせ、基本ルールと結果に一貫性があるよう注意を払うことで、子どもは親が気にかけていることを知り、安心します。  Toni Birdsong は、マカフィーのファミリー セーフティ エバンジェリストです。 Twitter (@McAfee_Family) もご覧ください。            

Subscribe to McAfee Securing Tomorrow Blogs