ソーシャル ネットワークから自分を守る 10 のヒント

By on Dec 13, 2019

依然として、ソーシャル ネットワークは多くの人々の生活において大きな役割を果たしていますが、オンラインでの個人情報の共有に関連するリスクがあることは否めません。 数百万人ものユーザーの機密情報を漏らす大規模データ漏洩から、ユーザーのデータを盗む目的で設計されたアンケートページや偽のページなど、2 つの一般的なソーシャル詐欺に至るまで、多くのことに注意する必要があります。 

ソーシャル ネットワークにおいて私たちが直面する脅威の多くは、詐欺師やサイバー犯罪者によるものでもありません。 多くの場合、ユーザーが自発的に個人情報を引き渡しているためでもあります。 数回クリックして、投稿したり、メッセージを送信したりするだけで、プライバシーを侵害するのに十分な個人データを引き渡し、アイデンティティ盗難の危険性にさらしている可能性があります。 そのため、これらのサイトを使用するときに自分を守る方法を知ることが重要です。 

以下に、そのための 上位 10 のヒントを示します。 

  1. 投稿は永続的に残ることを心にとどめておく: サイト上に情報を入力すると、その情報は永遠に残ると前提してください。 アカウントを削除しても、誰かがあなたのテキストや写真のスクリーンショットを既に撮影していたり、第三者と共有していたりするかどうかはわかりません。
     
  2. 個人情報は明かさない: オンラインで個人情報を求められた場合は、疑うようにしてください。自宅の住所、電話番号、社会保障番号、その他の個人識別情報を絶対に共有しないでください。 ペットの名前など、自分自身の情報を共有することは、ハッカーがセキュリティの質問を推測するのを可能にします。
     
  3. 見知らぬ人からの友達申請を承認する場合は選択的になる: プロフィールが偽物ではないと見分けられますか? 現実世界で知っている「友達」のみ承認するようにしてください。 詐欺師が情報や金銭を要求するにあたり、被害者との信頼を得るために他人になりすます、いわゆる「なりすまし詐欺」が、今ではソーシャル メディア詐欺の全体の約 3 分の 1 を占めるようになりました。
     
  4. リンクをクリックするときやクイズに答えるときは注意を払う: 友達から送信されたリンクのように見えても、アカウントが侵害されている可能性があるため、細心の注意を払うようにしてください。 危険なリンクは多くの場合、マルウェアを引き起こします。 

    また、「無料」のオファーにも注意してください。特に、個人情報を求める調査やクイズに回答する必要がある場合は注意してください。
     

  5. プライバシー設定を管理する: 友達と家族とのみ情報を共有するようにしてください。定期的にプライバシー設定を確認して、変更がないかを確認してください。
     
  6. アカウントが別のアカウントにリンクされている場合があることに注意する: たとえば、Instagram に投稿した写真は、Facebook プロフィールに自動的に投稿されます (リンク設定がされている場合)。 これは、アカウントの 1 つを個人用に、もう 1 つを仕事用にする場合に問題となる可能性があります。
     
  7. スマートフォンのカメラの GPS 機能をオフにする: オンラインで画像を共有する予定がある場合は、お使いのデバイスの GPS をオフにして、正確な位置を非公開にするようにしてください。 これにより、潜在的なストーカーや泥棒に居場所を知られることを防ぐことができます。

    また、旅先から自宅に戻るまで、休暇の写真は共有しないように注意する必要があります。これは、留守にしていることを泥棒に知らせる手がかりになる場合があるからです。
     

  8. 偽の広告や電子商取引ページに注意する: ソーシャル ネットワークがオンラインのマーケットプレイスの統合に移行するにつれて、電子商取引詐欺が急増しています。 オンラインで第三者から何かを購入する場合は、慎重に対応してください。 これらのベンダーは十分に精査されていないため、製品の代金を支払っても製品が届かない場合、返金を求める方法はありません。

    ナイジェリアのような一部の地域では、ソーシャル メディア ユーザーが、直接メッセージで WhatsApp 上で起こる金融詐欺や暗号通貨詐欺の増加に直面しています。 誰かが「友達の友達」となりすまして「絶好の機会」を紹介してきたとしても、不明な機関との金銭取引は避けるようにしてください。
     

  9. セキュリティ ソフトウェアと複雑なパスワードを使用する: 包括的なセキュリティ ソフトウェアをすべてのデバイスにインストールして、ソーシャル メディアに広がるマルウェアやその他の脅威から保護してください。 お使いのデバイスを常に PIN コードでロックし、誰にもログインできないようにしてください。 また、ソーシャル メディア アカウントに対して複雑なパスワードを使用して、定期的に変更してください。
     
  10. 使用しなくなった古いアカウントをクローズする: 何年も使用していない MySpace ページ、不要になった出会い系サイトなど、古いアカウントに個人データを残すことは危険です。 代わりに、使用しないアカウントをクローズして、できるだけ多くの個人情報を削除してください。 

ソーシャル ネットワーキングの目的は楽しむことであり、オンラインで安全に保ちながら楽しみましょう。 

About the Author

McAfee

McAfee is the device-to-cloud cybersecurity company. Inspired by the power of working together, McAfee creates business and consumer solutions that make our world a safer place. Take a look at our latest blogs.

Read more posts from McAfee

Categories: 中国, Consumer

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Subscribe to McAfee Securing Tomorrow Blogs