Loading...

セーフブラウザーとは?

セーフブラウザーとは、セキュリティ対策が強化されたウェブブラウザーのことです。インターネット閲覧中の、第三者による不正な活動を防ぐのに役立ちます。セーフブラウザーには、認証済みのプログラムや動作の一覧としてホワイトリスト機能が搭載されています。この許可リストに記載されていない機能は実行を阻止されます。

セーフブラウザーを使うべき理由


ご存じのとおりスパイウェア対策やウイルス対策のソフトウェアは脅威が現れてから対応する事後対応型ですが、セーフブラウザーは、特定の動作の実行そのものを阻止する事前対応型の手法で、インターネットの安全性を高めます。

セーフブラウザーは、クッキーなどのサードパーティー製ツールを阻止するように働きます。クッキーは、訪問したウェブサイト、ユーザー名、パスワード、その他のトラッキングデータなど、ユーザーの個人情報を収集します。また、セーフブラウザーは、一部の安全性の低いブラウザーと違って、ユーザーの ID を共有することはありません。VPN を使用していても、IP アドレス、位置情報、転送中のデータしか隠せません。また、データ流出やブラウザーフィンガープリントによって、ブラウザーから ID が漏えいする可能性もあります。

怖がらせてしまいましたが、VPN に加え、安全なブラウザーを使用することで、オンライン ID の保護対策を強化することができます。

ブラウザーの選び方

すべての人にとって完璧に安全なブラウザーはありません。それぞれのブラウザーに特長があります。マカフィーがお奨めするブラウザーの一部をご紹介します。

安全なブラウザー

Firefox

Firefox は、プライバシーとセキュリティの両方に強いブラウザーです。カスタマイズ性に優れ、多くのプライバシー機能が備わっています。また、Firefox は定期的に更新されるため、脅威の管理に優れています。

Google Chrome 

Google Chrome は、非常に直観的なインターネットブラウザーです。比較的使いやすく、安全です。さらに、Google Chrome には透明性保護があらかじめ搭載されています。セーフブラウジング機能が、フィッシングサイトやマルウェアサイトに遭遇した時ユーザーに警告します。このブラウザーは、さまざまなデバイス向けに最適化されています。ところが、Google Chrome にはデータ収集ツールが組み込まれていて、それが原因で時にパフォーマンスが低下します。

Chromium

Chromium は、ブラウザーをもっと自分でコントロールしたい人のための Google Chrome のオープンソース版です。Chromium では Google Chrome にあるような専有コードが使用されていないため、ある意味、サードパーティー製のソフトウェアを入れ易くなっています。手動のアップデートが必要なため、メンテナンスが面倒かもしれません。

Brave

ユーザーは少ないものの、Brave はセキュリティを真剣に考えているブラウザーです。Brave を閉じるたびに、データを消去するか聞かれます。HTTPS Everywhere やスクリプトブロッカーなどの有益な機能も搭載されています。カスタマイズ性に優れているため、ユーザーの希望に合わせて、セキュリティやプライバシーのレベルを設定できます。

Tor

Tor は、非常に安全なブラウザーです。終了時にすべてのクッキーを消去するなどの機能に加え、匿名化にも優れています。また、NoScript など、プライバシーを守るためのアプリケーションが統合されています。Tor は、ネット閲覧時に他のブラウザーよりも強力な匿名化を行うため、プライバシーが強化されます。各機能をカスタマイズすることもできるため、ユーザーエクスペリエンスにも優れます。

安全なブラウザーを使えば安心なのか?

 

安全なブラウザーを使用しても、セキュリティは保証されません。ご自身で予防に努めるのも大切ですが、その上で マカフィー® ウェブアドバイザー などの対策を追加することも大切です。Google Chrome や Firefox などのお好みのブラウザーを使い続けながら、不正なリンクや、アドレス入力ミスなどのリスクを抑えるのに役立つので、安心してインターネット閲覧、検索、オンラインショッピング、そしてデジタルライフを楽しむことができます。