日本語

パンデミックで大きな影響を受けた女性を支援する

パンデミックで大きな影響を受けた女性を支援する 現在、米国内で何らかの職に就いている女性と仕事を探している女性を合計した割合は 57% しかありません。これは、1988年以降で最も低い数値です。 このデータは、今回のパンデミックにおける厳しい状況を示す多くのデータの1つにすぎません。このパンデミックは、数百万人にもおよぶ人々の雇用に影響していますが、最も大きな影響を受けているのは女性たちです。 米国労働統計局 (BLS) の調査によると、今回のパンデミックが始まってから 2021年1 月までの間に、約230万人の女性が仕事を辞めました。その一方で、同じ期間中に仕事を辞めた男性は約180万人でした。どちらも、米国内での統計値です。 世界では、中国、イタリア、日本、韓国、英国において、さまざまな所得層を対象として調査が行われていますが、これを米国のデータと合わせて見てみると今回のパンデミックによって完全に仕事を辞めた人の割合は、男性に比べて女性の方が 24% も高いということがわかりました。 3月8日は国際女性デーですが、この機会に、勤勉で能力のある女性たちの多くが仕事を辞めざるを得ないという事態を食い止めるためにはどうすればいいのか、改めて考えてみる必要があります。 パンデミックによって仕事を辞める人の割合は、男性よりも女性の方がはるかに高い BLSの統計データをさらに詳しく見てみると、今回のパンデミックが始まってから、米国だけでも合計 4,637,000 件におよぶ女性向けの就業機会が失われたことがわかります。分野としては、管理職、小売業、教育機関、公共サービスなど、多岐にわたっています。25 歳から44 歳までの女性のうち、約3分の1が、育児のために仕事を辞めたと回答しています。 このほかにも、世界的に見た場合、無給で家事や介護をしている人の割合は、男性よりも女性の方が2.5倍以上も多い、世界的な男女の賃金格差は23%、欧州では、女性の賃金が 8.1%低下しているのに比べて、男性は 5.4%しか低下していないなどの調査結果もあります。これらを考え合わせてみると、就職が可能な場合であっても、家事や育児のために何百万人もの女性が就職をあきらめた理由がわかります。 しかし、これは驚くようなことではありません。たとえば、今回のパンデミックが発生する数年前に実施された調査では、「女性は家庭を守り、男性は外で仕事をする」という古い考え方を支持するアメリカ人はほとんどいませんでした。しかし、米国のピュー研究所が実施した調査によると、家事と仕事の両立が難しい場合、妥協して仕事をあきらめるのは女性の方がはるかに多いという結果になっています。今回のパンデミックで、「女性は家庭を守り、男性は外で仕事をする」という古い考え方に戻りつつあります。しかも、多くの人がそうした考え方になっているのです。 わかりやすく言えば、今回のパンデミックの犠牲者は、仕事をしている女性だということです。 パンデミックでリモートワークをする女性を支援する これらの調査結果を踏まえて、家族の世話をしながらリモート環境で仕事をする女性について考えてみます。家族の世話といっても、幼い子供の世話や年老いた親の介護、さらには、子供と親を同時に世話をするなど、家庭の事情はさまざまです。こうした女性を支援するために、企業の経営者、リーダー、職場の同僚として何ができるでしょうか。 昨年の6月に、女性の労働時間は男性と比べて 4 ~ 5 倍の割合で短くなっているという記事がフォーブス誌に掲載されました。幼い子供の育児、学校への送り迎え、親の介護など、さまざまな家事の負担が女性にかかっているということが、表面上の理由になっています。しかしこの記事では、こうした理由で労働時間を短くした女性たちは、高い能力を必要としない仕事、解雇の危険性が高い仕事、昇進のチャンスが低い仕事に就く傾向があり、それによる波及的な影響が懸念されると指摘しています。実際に、昨年の夏に米国で実施された調査によると、自宅で子供の世話をしながらリモートワークで勤務している男性の 34% が昇進したのに比べて、同じ条件で昇進した女性はわずか 9%しかいませんでした。 ビル & メリンダ・ゲイツ財団の共同議長を務めるメリンダ・ゲイツ氏は、BBCのインタビューに応じ、現在の状況に関する簡潔な見解として次のように話しました。「Covid-19 の感染拡大により、現在の社会はサステナブルな社会とはほど遠い状態であるということを改めて感じています。家庭に縛られているために能力を発揮できない女性が大勢いるという事実を、すべての人が考える必要があると思います。この状況を変えるためには、政府や企業だけでなく、私たち一人ひとりが『公平さ』ということについて真剣に考える必要があるのではないでしょうか」。まさにそのとおりだと思います。これは、私たちが協力して解決すべき問題です。 経営者やリーダーとしてできること この問題を解決するために経営者やリーダーができることは何かと考えていたところ、ハーバード・ビジネス・レビュー誌に掲載されていた記事に目が留まりました。「家庭を持ちながら働く女性の雇用を維持するための 3 つの方法」というテーマで書かれたこの記事では、経営者として適切に女性をサポートする方法が紹介されています。この記事の筆者は、以下の3つの方法を提案しています。 可能な限り、確実で明確な情報を伝える 仕事について過度な成果を期待しない 常に共感を持って接する 私たちはだれもがストレスを抱えながら仕事をしていますが、こうしたストレスについて考える場合、この3 つの簡単な方法には重要な示唆が隠されているように思います。それは、これらの方法を実践するためには、社員一人ひとりに対して真摯に向き合い、その人について深く理解する必要があるということです。この記事を読んで特に心に響いたのは、結論として書かれていた次の文章です。 「現在は、家庭と職場の境界線があいまいになっています。この傾向が今後すぐになくなることはないため、企業は、各社員の家庭の事情についても考えなければいけない時期にきています」 実際にチームメンバーと接するときには、常にこの文章が頭に浮かびます。この文章を読んで、「なるほど」と感じた方も多いのではないでしょうか。リモート ...

Subscribe to McAfee Securing Tomorrow Blogs