日本語 Consumer

パンデミックで大きな影響を受けた女性を支援する

パンデミックで大きな影響を受けた女性を支援する 現在、米国内で何らかの職に就いている女性と仕事を探している女性を合計した割合は 57% しかありません。これは、1988年以降で最も低い数値です。 このデータは、今回のパンデミックにおける厳しい状況を示す多くのデータの1つにすぎません。このパンデミックは、数百万人にもおよぶ人々の雇用に影響していますが、最も大きな影響を受けているのは女性たちです。 米国労働統計局 (BLS) の調査によると、今回のパンデミックが始まってから 2021年1 月までの間に、約230万人の女性が仕事を辞めました。その一方で、同じ期間中に仕事を辞めた男性は約180万人でした。どちらも、米国内での統計値です。 世界では、中国、イタリア、日本、韓国、英国において、さまざまな所得層を対象として調査が行われていますが、これを米国のデータと合わせて見てみると今回のパンデミックによって完全に仕事を辞めた人の割合は、男性に比べて女性の方が 24% も高いということがわかりました。 3月8日は国際女性デーですが、この機会に、勤勉で能力のある女性たちの多くが仕事を辞めざるを得ないという事態を食い止めるためにはどうすればいいのか、改めて考えてみる必要があります。 パンデミックによって仕事を辞める人の割合は、男性よりも女性の方がはるかに高い BLSの統計データをさらに詳しく見てみると、今回のパンデミックが始まってから、米国だけでも合計 4,637,000 件におよぶ女性向けの就業機会が失われたことがわかります。分野としては、管理職、小売業、教育機関、公共サービスなど、多岐にわたっています。25 歳から44 歳までの女性のうち、約3分の1が、育児のために仕事を辞めたと回答しています。...

Subscribe to McAfee Securing Tomorrow Blogs