Securing Tomorrow. Today.

McAfee Labs Threats Report: April 2021

In this edition, we present new findings in our traditional threat statistical categories – as well as our usual malware, sectors, and vectors – imparted in a new, enhanced digital presentation that’s more easily consumed and interpreted.

Read Blog

Featured Blogs

Consumer Cyber Awareness Privacy & Identity Protection

Can Apple Computers get Viruses?

It’s a long-standing question. Can Apple Macs get viruses? While Apple does go to great lengths to keep all its...

Internet Security Family Safety

Cyberbullying: Words do Hurt When it Comes to Social Media

Most parents may find it difficult to relate to today’s form of cyberbullying. That’s because, for many of us, bullying...

Consumer Cyber Awareness

How to Protect Your Social Media Accounts

Social media is part of our social fabric. So much so that nearly 50% of the global population are social...

McAfee News

McAfee Wins Product of the Year for Best Online Protection

You can feel even more confident that you’ll enjoy life online with us at your side. AV-Comparatives has awarded McAfee...

McAfee News

Today’s Trends: Consumers Prioritize Protection Over Convenience

People have made it clear. They’re feeling more exposed to online threats and want stronger protection. Our 2022 Trends Study...

マカフィー Blog

オンラインで安全に共有するための完全ガイド

私たちはデジタル通信が盛んな世界に生きています。によると、2021年8月末時点でスマートフォンを保持している世帯の割合が86.8%と伸びており、個人の保有率も増加しています。特に20~39歳の年齢層では実に9割以上がスマートフォンを利用していることがわかりました。また、日本ではコロナウイルスの影響もあり、企業におけるテレワークの導入が急速に進み、在宅勤務を中心に前年と比べて倍以上の47.5%に達しました。  このように年々、オンライン上で何時間も過ごしている人が増えていると同時に、決して安全ではないと知っていながらも(時には無意識に)、オンライン上で個人情報を公開してしまい、あらゆるサイバー犯罪の被害に遭いやすくなっています。その影響を受ける範囲は、マルウェアの感染から個人情報の偽装まで多岐にわたります。オンライン上での共有に関する最良の事例を理解することで、ユーザーはオンライン上の危険を回避し、他の人と安全に連絡を取ることができるようになります。  ここでは、オンラインユーザーたちが多くの情報を共有し過ぎることによって、彼ら自身にどのようなリスクが起こるのかを3つほど紹介します。  1. 個人情報の自動保存と共有   普段、どのくらいの数のウェブサイトを見ているか考えてみましょう。その中で、自分のEメール、クレジットカード番号、配送先住所のような個人情報にアクセスできるサイトはいくつあるでしょうか?自分の情報を提出、保存することで得られる「アーリーチェックアウト」などのオプションサービスを受ける前に、まずは以下のことを考えてみましょう。近年、日本では企業の顧客データの漏洩などの事件が多発しています。  日本企業のデータは国内外のハッカーはじめとする犯罪者から狙われており、特にSNSなどの私用で企業の端末を使用する際は注意が必要です。オンラインユーザーたちの中でも、特に多くのサイトで購読している方は、オンライン各社に委ねる情報が勝手に書き換えられていても、そんなことは知るはずもありません。  同じような話をすると、自分自身の情報を委ねること自体もあまり得策ではありません。一見、無害なようなオンラインクイズでも、実はあなたが思っているほど安全ではない可能性があります。クイズには、「あなたが最初に所有していた車は?」や「あなたはどこで育ちましたか?」などと、セキュリティに関する質問に似たものも出てきます。スパイウェアを使ったハッカーたちは、これらクイズの答えやクイズサイト内で入力した情報に基づいて、パスワードを推測しようと企ててきます。  2. ソーシャルメディアでの個人情報の過剰で不適切な公開   ソーシャルメディアは様々な情報を共有しあうことが主な役目ですが、これらのプラットホームで情報を共有しないというのは一見、時代にそぐわないように感じるかもしれません。しかしながら、ソーシャルメディアの問題点は、あまりにも多くの人が自身を特定するための具体的な情報を共有しているために、ハッカーの攻撃にさらされていることです。総務省の令和2年通信利用動向調査の結果によると、日本人の3分の2以上がソーシャルメディアを利用していて、何百万ものユーザーのプロフィールやニュースフィードは個人情報であふれています。  転職者採用告知に記載されている会社の詳細や、誕生日などお祝いの投稿に記載されている生年月日などの具体的な情報は、ハッカーたちが個人になりすましたり、アカウントに侵入したりするのに利用することができます。さらに、サイバー犯罪者たちはあなたの知り合いになりすましたり、一般のユーザーを装ってあなたを友達として追加しようとしてきます。ハッカーたちは、フィッシング詐欺や個人情報を盗むために、誰かしらに近づいて情報を集め、しばしばこのような手口を使うことがあります。  自分の個人情報を守るために適切な対策を行なうことはできますが、他の人が同じように注意して行動するという保証はありません。多くの人は、他の人に意図的に情報(通常はログイン情報)を共有する時に、個人情報を失うこと以上に問題になってしまうことに気づいていません。もし、パスワードを共有した友人がハッキングされたら、サイバー犯罪者はあなたの情報に加えて、友人の情報にもアクセスできるようになってしまいます。サイバー犯罪者たちはこの情報を利用して、あなたのアカウントに侵入したり、データ盗んで身代金を要求したり、それどころか、あなたの身分証明までを盗んでしまうことができるのです。  オンラインで安全に共有する方法   オンライン上では共有してもよい情報と、してはいけない情報があります。自分以外の人に知られてはいけないような情報を守る方法を知ることは、オンライン上で自分の存在を守るための第一歩でもあります。ここでは、ウェブサイトやソーシャルメディアなどで個人の詳細な情報を共有する前に検討するべき4つのポイントを紹介します。  1. ウェブサイトやオンライン上でのセキュリティを確認する...

マカフィー Blog

スマートフォンをハッキングから守るための7つのポイント

世の中の人々の多くは休む暇もなく四六時中、スマートフォンをいじっています。そして、スマートフォンを持っている社会人の大半は、仕事とプライベート両方を分け隔てなく使用しているでしょう。仮にもし、その大事なスマートフォンが紛失や盗難に遭ってしまったらあなたはどうしますか?さらに悪いことに、ハッキングでもされてしまったとした大変ですよね。そんなことにならないように普段から気をつけるようにしましょう。 世界中の多くの人が自分のスマートフォンに対して2つの役割を持たせています。スペインのある調査によると、55%の人が同じスマートフォンをプライベートと仕事の両方で使用していることがわかりました。また、同じ調査で日本、オーストラリア、アメリカでは半数以上の人がスマートフォンを利用していますが、イギリスとドイツのような国では、それぞれ31%と23%ほどに落ち着いています。  たとえ、これらの統計が高かったり、低かったとしてもセキュリティへの影響は、実はそんなに変わりはありません。しかし、企業や個人の情報を含んでいるスマートフォンは格好の標的となります。ハッカーたちは、多くのスマートフォンが何の保護対策もしておらず無防備な状態なので、そこから個人情報や企業のネットワークに簡単に「侵入」できることを知っているので、よく標的にしています。   一言でいうと、スマートフォンを持っている社会人は、最も狙いやすい格好のターゲットなのです。  スマートフォンをハッキングから守る  保護者および専門家として、プライベートとワークライフを安全に保ちながら、スマートフォンをハッキングから守るためにできることをいくつか紹介します。  1. 顔認証や指紋認証、パターン、暗証番号などの特別な防御対策を追加する  スマートフォンを顔認証、指紋認証、パターン、暗証番号でロックするという方法は、紛失や盗難に遭った際の最も一般的な保護手段です(ロック方法のオプションは各デバイス、OS、製造メーカーによってさまざまな種類があります)。次にもう一歩進んだ、より強力な保護を行ないます。それは携帯電話内の各アカウントを強力なパスワードで保護し、さらに二段階認証を提供しているアプリを使用することで、防御対策を2倍にすることができます。  2. VPN(仮想プライベートネットワーク)を利用する  これはつまり、保護されているか定かではない公共のWi-Fiネットワークに接続しないということです。空港やカフェ、ホテルなどの安全かどうかわからない公共ネットワークからWi-Fiに接続すると、情報が盗まれる可能性があるので不安になります。しかし、VPNに接続することでハッカーたちからの不正なアクセスを防ぎ、プライベートなネットワークを通して安全に接続できるようになります。VPN接続があれば、あなたの機密データや文書、行動が盗み取られることはありません。普段、私たちがスマートフォンで管理しているプライベートや専門的な仕事は、それはもうかなりの量なので、それらの安全性を守り続けるためにも、このVPN接続は必要不可欠です。  3. アプリは公式アプリストアを利用する  Google PlayとAppleのApp Storeの両方には、危険なアプリがストアに入るのを防ぐための対策が施されています。悪質なアプリは、しばしばアプリストア以外の外部で見つかっており、知らないうちにバックグラウンドで実行され、パスワードやクレジットカード番号などの個人情報が盗まれる可能性があります。これはもうスマートフォンに保存されているすべてのデータが危険にさらされてしまうも同然です。また、アプリストアではアプリをダウンロードする前に、アプリの説明やレビューをよく確認しましょう。たまに悪質なアプリや模倣品をストア内で目にすることがあります。こちらではそういった悪質なアプリを見極め、スマートフォンに入れないための方法を紹介しています。  4. 携帯電話内にあるデータのバックアップを取る  もしものことを考えて、常に携帯電話のバックアップを取っておくということは実は非常に大事なことで、それには2つの理由があります。 ...

Consumer Cyber Awareness

The Dark Web: A Definitive Guide

The internet has opened up wonderful new possibilities in our world, making life easier on many levels. You can pay...

Consumer Cyber Awareness

What to Do If Your Identity Has Been Stolen

We live online these days, sharing everything from vacation pictures to what we eat for breakfast on the internet. The...

Consumer Cyber Awareness

Protecting Your Privacy This Year

If there’s a particularly clear picture that’s developed over the past couple of years, it’s that our privacy and our...

Subscribe to McAfee Securing Tomorrow Blogs