Intel Security
open

概要

ESG: Redefining Next-Generation Endpoint Security

Read Solution Brief

高度脅威の検出と排除

McAfee Endpoint Threat Defense and Response は、静的/動的な動作分析、継続的な可視化により、ランサムウェアなどの高度な脅威を迅速に検出し、隔離、調査、駆除を行います。事前または事後の分析で機械学習を利用し、ゼロデイのマルウェアをブロックし、最初の攻撃対象を保護します。セキュリティ ポリシーを更新し、将来の脅威にも対応します。

1 つのエンドポイントだけでなく、組織全体でも高度な脅威を迅速に検出・阻止し、問題を修復します。ローカル、グローバル、サードパーティの情報を統合し、マルウェアを的確に識別し、セキュリティを自動的に実行します。セキュリティ アナリストは、少ないコンポーネントと統合されたワークフローにより、情報を共有し、最も重要な問題に集中することができます。

データシートのダウンロード

より少ないリソースで、より多くの脅威を迅速に解決

ゼロデイ マルウェアを検出し、最初の攻撃対象を保護

エンドポイントで不正なファイルの動作を封じ込め、静的と動的の両方の動作分析でマルウェアを検出し、より多くの脅威を阻止します。

高度な脅威を迅速に検出し、問題を修復

迅速な調査とリアルタイム データを使用した自動対応により、攻撃の全体を迅速に識別できます。一回のクリックですべてのエンドポイントの保護対策を簡単に更新できます。

保護能力の向上

情報、コンポーネント、管理機能の統合により、拡張性と柔軟性を維持しながら、より多くの脅威を迅速に解決できます。

Defend Against the Unknown with McAfee Endpoint Threat Defense Solutions

Read Solution Brief

リソース ライブラリ

システム要件

McAfee Endpoint Threat Defense and Response consists of the following components:

  • McAfee Threat Intelligence Exchange Server 2.0.0
  • McAfee Data Exchange Layer Client 3.0.0
  • McAfee Endpoint Threat Prevention Module for Endpoint Security
  • McAfee Active Response 2.0

Additional requirements for McAfee Endpoint Threat Defense and Response include:

  • McAfee Endpoint Protection
    • McAfee Endpoint Security 10.2 or later
  • McAfee Security Management
    • McAfee ePolicy Orchestrator 5.3.1
  • Virtualization Infrastructure
    • VMWare vSphere 5.1.0 with ESXi 5.1 or later

McAfee Endpoint Threat Defense and Response includes hosted data centers, located in the United States, used to validate customer authentication, check file reputations, and store data relevant to suspicious file detection and hunting.